JR西日本 珠洲駅発行 恋路ゆき片道乗車券

前回エントリーで国鉄能登線松波駅で発行された恋路ゆき片道乗車券を御紹介いたしましたが、この券は国鉄が民営化されてJR西日本に移管された後も、継続して発売されていました。

さらには、国鉄時代にも設備されていたかどうか不明ですが、能登線の駅である珠洲駅にも恋路ゆき片道乗車券が設備されていましたので御紹介いたしましょう。


   


JR能登線珠洲駅で発行された、恋路ゆきの片道乗車券です。桃色JRW地紋のA型一般式大人・小児用券で、大阪印刷場で調製されたものとなっています。


JRとなって能登線はJR西日本に移管されていますが、JR西日本では乗車券類を大阪印刷場と広島印刷場(数年で閉鎖)で行っており、旧金沢鉄道管理局エリアの券は大阪印刷場が担当していましたので、このような様式になっています。

記念用として発売することを意図したものと思われますが、大阪印刷場では近距離乗車券がA型一般式券で設備されることが日常的にありましたので、名古屋印刷場のものと違って違和感はありません。


JR能登線は平成17年にのと鉄道に移管される形となり、同年3月に廃止されています。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 松波駅発行 恋... のと鉄道 松波... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ス~)
2017-04-23 01:13:26
毎回みてます~
珠洲駅は能登線の終着駅ではないですヨ~ (^^;
今後の記事も楽しみにしていますネ

 
 
 
> スーさま (Isaburou_shinpei)
2017-04-23 05:26:35
違ってますね。勢い、何かのはずみで「終着駅」と入れてしまったようでした。
サクッと修正しました。ありがとうございました。
 
 
 
他に (水浜軌道)
2017-04-23 20:40:58
暫らくです。
恋路駅行きは宇出津駅にも設備されておりましたね。営業最終日に立ち寄った際には国鉄地紋で□西マークが入っておりましたかと。
 
 
 
> 水浜軌道さま (isaburou_shinpei)
2017-04-23 22:35:20
コメントありがとうございます。
「恋路ゆき」は宇出津にもありましたか。情報ありがとうございます。
憶測ですが、観光客が他に立ち寄る理由がない松波駅だけで発売しているのでは購入がしづらいので売り上げに貢献しませんから、主要駅に設備して積極的に発売したのかもしれませんね。
しかし、比較的観光客の少ない宇出津駅では、発売枚数が芳しくなかったのかもしれませんね。
 
 
 
訂正します (水浜軌道)
2017-04-24 19:06:20
誠に申し訳ございません。
宇出津駅は62.8.25に購入しまして券番は250番でした。訂正してお詫び申し上げます。
そして63.3.34に購入しましたのは能登小木で、□西の国鉄地紋で券番は1041でした。
 
 
 
> 水浜軌道さま (Isaburou_shinpei)
2017-04-24 19:17:01
コメントと御訂正をありがとうございます。

情報から推測するに、線内殆どの有人駅に当該駅から「恋路ゆき」の硬券乗車券の設備があったようですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。