小田急電鉄 新宿営業センター発行 新宿から小田原接続東山北ゆき連絡乗車券

平成29年6月に、小田急電鉄新宿駅構内にある特急券窓口である新宿営業センターで発行された、新宿駅からJR御殿場線東山北駅までの片道連絡乗車券です。


   


桃色PJRてつどう地紋の85mm定期券サイズの券となっています。この券は小田急の乗車券および特急券を発券する端末であるMSR端末で発券されています。
乗車経路は新宿~(小田急小田原線)~小田原~(JR東日本東海道本線)~国府津~(JR東海御殿場線)~東山北というもので、新宿~小田原間が880円、小田原~東山北間が320円の合計1,200円で、営業キロは101.8kmで2日間有効となります。
本来であればJR松田駅まででよかったのですが、運賃が同じ1,200円でも営業キロが98.9kmとなってしまって途中下車が出来なくなってしまうため、敢えて1駅長くしました。

小田急電鉄は近年までJR西日本の主要駅への連絡運輸を行っていましたが、現在では東海道本線の最遠区間でも浜松までが連絡運輸区間となっており、御紹介のような有効期間が2日以上の券を購入する機会はめっきり減ってしまっています。


小田急のMSR端末で発券される乗車券には、特急券同様、右上に発券コードが表示されます。ただし、特急券のコードとは意味する番号が全然異なっており、関連性はありません。


   


この券のコードはちょうどコードを印字する部分のドットが不調で見づらくなっていますが、拡大すると何とか判読することが可能です。

これを分解して解読すると、下記のようになります。
「0001」新宿、「1693」東山北、「41」小田原・国府津経由、「0」片道、「0610」発行日 コード、「0」割引区分、「0」大人・・・
最後の「3005」だけが分かりません。以前新宿駅で購入した券も末尾も3005でしたので、駅ごとのサーバーか何かのコードかもしれません。

ちなみに国鉄時代からの駅管コードですと、小田急線新宿駅が「6411101」、御殿場線東山北駅が「▲521405」となりますので、小田急が振っている駅名コードは同社独自のもののようです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 茅ヶ崎駅発行 ... JR西日本 備後... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。