〇社 厚木駅発行 寒川ゆき 往復乗車券

昭和61年10月に〇社 厚木駅で発行された、寒川ゆきの往復乗車券です。


   


青色こくてつ地紋のA型大人・小児用の往復券で、東京印刷場で調製されたものです。


〇社 厚木駅は相模線の厚木駅で、同駅の業務は貨物駅にあった営業センター以外では出札業務は小田急電鉄に業務委託されていました。この券は通常でも発売していましたが、寒川神社の繁忙期用に設備されていたものと思われ、神社最寄り駅である宮山駅が同額であったことから寒川までとなっていたようです。繁忙期は需要があったようですが、通常期の需要はあまり多くなかった感じです。


   


裏面です。
「厚木駅発行」の上に「〇社」の表記があります。循環番号の「④(〇4)」から察するに、正月等の繁忙期にはそれなりの需要がありそうです。


小田急電鉄の出札窓口は予め入鋏をいれてホルダーに収納してある駅が多く、同駅もそのような販売方法が採られていました、そのため、入鋏されていない券を購入できたためしがありません。往復券の場合、ダッチングの羽が入鋏されたところに当たって、往路用片の印字が、この券のように少し内側に寄ってしまうこともあります。
恐らく、同駅には出札口とホームの間の改札口は列車到着時しか係員が居ませんでしたから、入鋏をしながらの発売する時間を削減するため、予め行われていたものと思われます。とりわけ、小田急の改札パンチは柄がぶつかり合わない関西タイプのものが使用されており、複数枚の硬券に入鋏し易かったこともその一因であったかもしれません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 湘南モノレー... 茅ヶ崎駅発行 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。