松波駅発行 恋路ゆき片道乗車券

昭和59年3月にかつて存在した国鉄能登線の松波駅で発行された、恋路ゆきの片道乗車券です。


   


桃色こくてつ地紋のA型大人・小児用一般式券で、名古屋印刷場で調製されたものです。

同駅は能登線の急行「能登路」号が停車する有人駅で、島式ホーム1面2線と珠洲方に側線1本のある構造の駅でした。隣の恋路駅がその駅名が縁起がいいとされ、「縁起きっぷブーム」に乗って観光客が乗車券を記念に購入する需要がありましたが、恋路駅は営業当時から無人駅であったために恋路駅で入場券や乗車券の発売ができないことから、同駅では恋路ゆきの乗車券を記念用も兼ねて設備していました。そのため、通常ではB型券となるところ、A型券での設備となっていました。


当時、能登線は金沢鉄道管理局管内に属していたため、乗車券は名古屋印刷場様式で設備されていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 土佐くろしお... JR西日本 珠洲... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。