小山ダムRan

ダム湖の周りでは、四季折々さまざまな野鳥に出会えます。
野鳥を中心にした「小山ダム」情報をメインにお届けいたします。

イカル・ぐぜり!& カワガラス・囀り!!

2017年02月11日 | 定例

                           更新日:2017.02.11  by Ran

観 察 日:2017/02/10(金) 08:40~15:00  観察:32種+外来種1種                                                         観    察:[G][A][H][B][C][ユナカウス橋]                                                                  次回観察 :2月18日(土)  2月23日(木)  ・・・詳細は末尾                                                               

山の林に残った雪が・・・強風で“雪煙”に!! (02/10撮影

 前日の雪が歩道に残っています。雪解けしていないところは15cm有りました。山の林も雪を被ったままでしたが、9時頃からの強風で“雪煙”となって飛ばされています。                                  降雪後で、風が吹く予報だったので期待したワシタカで飛んだのは「ハイタカ」「ノスリ」「トビ」で、期待の「クマタカ」は姿を見ることが出来ませんでした・・・見落としたとは思いたくなく、風が強すぎたのかもしれないと、諦めました。

                          写真:クリックで拡大(歩道・積雪15cm)(ミヤマホオジロ♂♀・雪の中で大変)(ツグミ・おなかすいた)                                                                                                    

フィールドは残雪に覆われ、雪融け箇所は[ダム下流側][C][持山ダム周り] 辺りでした。そこでは「アトリ」「アオジ」が道端で餌を採り、「ミヤマホオジロ」や「ツグミ」は残雪の隙間で餌を探し廻っています。「ベニマシコ」は雪に倒されなかったセイタカアワダチソウに群れていました。多分戻ってきたばかりの「ウグイス」が、雪にびっくりしたのか藪から出てきて鳴きながら飛び廻っていましたが、「ルリビタキ」は林縁の薮で鳴き声はするものの、姿は見せてくれませんでした。それでも、樹上で「イカル」がぐぜり、川辺で「カワガラス」が囀っていて、少しずつ季節が進んでいるのが感じられました。

                             写真:クリックで拡大(アトリ・道端で)(ベニマシコ・雪の中で)(ウグイス・雪にビックリ)(イカル・ぐぜり

<観察した野鳥> 02/10(金)観察種32種+外来種1種                                                  カルガモ・キンクロハジロスズガモ・キジバト・カワウ・オオバン・トビ・                                ハイタカ・ノスリ・コゲラ・アカゲラ・カケス・ハシボソカラス・ハシブトカラス・                                シジュウカラ・ヒヨドリ・ウグイス・エナガ・カワガラス・シロハラツグミ・                                          ルリビタキジョウビタキアトリ・カワラヒワ・マヒワベニマシコ・イカル・                                        ホオジロ・カシラダカミヤマホオジロアオジ・ガビチョウ 

 <Ran 個人観察> ・・・雨天のとき中止デス                                                        (*)観察コース:県道、その他・・・フィールドの状況できめます
   同行時  スタート08:30~帰着12:30頃 (一周の時は14:30頃)                                                                                                                                                   同行ご希望の方は、事前にコメントへ連絡先を投稿し日程を相談して下さい。                                                                               (投稿内容は公表されません:コメントのアイコン⇒投稿フォーム)
 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一瞬の喜び! ⇒ “藪の中??” | トップ | 探すの大変!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久慈河畔便り (アンクルトム)
2017-02-12 20:20:16
あの雪の翌日に行かれたのですか、驚きです。最初にダム方向の右折標識が有るところから先は、殆ど雪でしょうね。1月20日の時は、2~3日過ぎたら、雪も氷も途切れ途切れで、何とか行けたのですが、今はノーマルタイヤではダメでしょうね。非常脱出用にプラスチックチェーンを準備しましたが、RAN様の場合、冬タイヤに四駆とかでしたか?
今回の融雪は早いです (Ran)
2017-02-13 17:53:06
アンクルトムさん
私は県北の山がフィールドなので、4W+スタッドレスです。今回の雪は柔らかかったのか融雪が速く、12日にはアクセス路はノーマルでもOKでした・・ところどころ残った凍結部分も徐行で通過できていました。どうぞ気をつけてお出かけください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

定例」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。