肺ガン(腺癌)ステージ4…そして残された家族は。

肺がん(腺癌)→小腸転移と言うように非常に珍しいケースの転移となりました。闘病生活6ヶ月間。ガンに負けてしまった夫です。

飲酒のコントロール

2017-07-18 09:00:30 | アルコール依存症の夫

飲酒のコントロール、

夫も当てはまります!!!

飲酒のコントロールが、

見事に出来なかった…


飲酒前…口先は立派。

お酒を口にすると、もうダメ!!



飲む量


飲む状況


飲むタイミングの調整が出来なくなる。



全て該当!!!!!



正直な話、

私の周り(家族など)はお酒が弱い方。

晩酌する人はいないです。



なので、私にとって

夫のようなケースは初めてなので

どれがアルコール依存症で

どれがアルコール中毒なのか、

さっぱり分からず。


今になって、勉強をし

なるほど!

納得だ!!!


と言う結論に…。




一生の間に、

アルコールが飲める量も決まっている事も

今になって知りました。



男性の場合は500kg

女性の場合は250kg




毎日、飲み続けると

男性だと14年、

女性だと7年間で

極量が来てしまう計算になるそうです。


初めて知りました。



休肝日を設ける = 肝臓を休ませる

ではなく、

休肝日を設ける = この極量に達成する日を1日でも遅らせる意味で休肝日を設ける

のだ、そうです。


そう考えると夫の場合は、

40代前半で亡くなっても

おかしくない状況でした。


約10年、生き延びたのが奇跡だったのかも!

と、思いました。



友達のベテラン看護師のTちゃんからは、

夫のレベルから言うと

入院生活を送らなければならない!


と言われました。


つまり、かなり深刻なアルコール依存症だったようです。



言われた時は、

”うっそぉ~!!!”

と言う思いが強かったのですが、

こうやって自分で調べて行く事で

Tちゃんには逆らえない!

さすが!看護師さん!!!


と、思いました。



Tちゃん、ごめんね。

そして、色々とありがとうね。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夫が亡くなった時に役立つ本 | トップ | 誕生日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アルコール依存症の夫」カテゴリの最新記事