へそ曲がりの真っ直ぐ日記Ⅱ

反日の中韓と国内の反日マスコミを斬る

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二転三転、蓮舫の発言の嘘と悪質性…「二重国籍」への認識が甘い民進党と左派メディア

2016年09月14日 | 報道・ニュース

蓮舫がついに二重国籍を認めた。この問題は軽い問題ではない。
追及の一番手である八幡氏が言う。
https://www.facebook.com/kazuo.yawata?fref=nf&pnref=story.unseen-section

■・・・・・・・・・
尖閣取られるよりどころか国を乗っ取られようとしていた自覚が必要。骨の髄から中国人であることは1990年の言動から明らか。父親から日本国籍を兄弟の就職のために選ぶようにいわれて,日本の旅券を見て悲しく寂しかっ(朝日新聞記事)たという人が総理になろうとしていたのです。■

蓮舫と民進党を理解するための4本の記事(14日正午時点)を選んでみた。

蓮舫の本日の発言の嘘と悪質性のイロハ
http://agora-web.jp/archives/2021418.html

蓮舫氏の台湾籍 「二重国籍」への認識が甘い>読売社説
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20160914-OYT1T50003.html

蓮舫氏はまだ嘘をついている>
<民進党の「無国籍」な政治家たち

http://ikedanobuo.livedoor.biz/

左派マスコミがこの問題を軽く流しているが、こんな声もある。
八幡氏が紹介していた。
https://www.facebook.com/moritasouken/?fref=nf&pnref=story

■森田実
「森田実 世界研究室通信 46」

民進党の皆さん。代表選をやり直しましょう。
このままでは民進党は自滅します。蓮舫氏を民進党代表にして次の衆院選を戦えると考えているのでしょうか。大敗するおそれが大です。大敗すると分かっているのに、それでも蓮舫氏を代表に選ぶのでしょうか?!

「木に縁って魚を求む」(孟子)

 民進党国会議員の皆さん。代表選のやり直しを断行しましょう!
 蓮舫氏の二重国籍について、蓮舫氏と蓮舫支持者は「違法性はないから、代表になることに問題はない」と考えているようですが、野党第一党の党首を選出するのに、こんな甘い判断ですむのでしょうか。
 蓮舫氏支持の民主党員は、蓮舫代表のもとでの衆院選で、民進党が勝つことができると考えているのでしょうか。それとも衆院選で勝つことができなくてもよいのでしょうか。
 しかも蓮舫氏の、国籍問題に関する発言は二転三転しています。国政選挙になれば、蓮舫氏の発言の乱れはマスコミで問題にされるでしょう。選挙の結果に大きな影響をもたらすでしょう。このことが分かっていて、それでも蓮舫氏を代表に選出しようとしている民進党員は、どうかしていると思います。・・・・・・・・・・■

愚かな民進党へ怒りの声が必要だ。国民の政治的民度が問われている。多くのマスコミは当てにならない。
蓮舫が二重国籍を認めたのは、民進党の党員・サポーターの投票が終わった後だった。

二重国籍の問題は、フランケン岡田らの言う「差別」とか「多様性」の問題ではない。

<<15日の追記>>
蓮舫問題の超簡単な論点整理
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51984114.html#more
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法9条と専守防衛のくびき…... | トップ | 残虐非道な北朝鮮の拉致…日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

報道・ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。