へそ曲がりの真っ直ぐ日記Ⅱ

反日の中韓と国内の反日マスコミを斬る

国連委、男系の皇位継承権は「女性差別」?…「日本叩きの国際機関に大金出すのは不条理」

2016年03月09日 | 報道・ニュース

あきれたことに、こんな勧告まで盛り込まれるところだった。
<【国連女子差別撤廃委】
男系継承を「女性差別」と批判、最終見解案に皇室典範改正の勧告 日本の抗議で削除

http://www.sankei.com/politics/news/160309/plt1603090006-n1.html

■国連女子差別撤廃委員会が日本に関してまとめた最終見解案に皇位継承権が男系男子の皇族だけにあるのは女性への差別だとして、皇室典範の改正を求める勧告を盛り込んでいたことが8日、分かった。日本側は駐ジュネーブ代表部を通じて強く抗議し、削除を要請。7日に発表された最終見解からは皇室典範に関する記述は消えていた。

 日本側に提示された最終見解案は「委員会は既存の差別的な規定に関するこれまでの勧告に対応がされていないことを遺憾に思う」と前置きし、「特に懸念を有している」として「皇室典範に男系男子の皇族のみに皇位継承権が継承されるとの規定を有している」と挙げた。その上で、母方の系統に天皇を持つ女系の女子にも「皇位継承が可能となるよう皇室典範を改正すべきだ」と勧告していた。

 日本側は4日にジュネーブ代表部公使が女子差別撤廃委副委員長と会い、皇位継承制度の歴史的背景などを説明して「女子差別を目的とするものではない」と反論し削除を求めた。副委員長は内容に関する変更はできないが、日本側の申し入れを担当する委員と共有するなどと応じたという。7日の最終見解で皇室典範に関する記述が削除されたことについて、委員会側から日本政府への事前連絡はなかった。

皇室典範に関しては、2月16日の対日審査だけでなく、日本政府が昨年9月に提出した報告でも触れていない。過去の最終見解でも言及されたことはない。外務省によると、2003年7月の対日審査で、皇太子ご夫妻の長女、愛子さまが女性天皇になる道を開くために「皇室典範の改正を検討したことがあったか」との質問が出たことがあっただけだという。

 ジュネーブ代表部は4日、慰安婦問題についても「日本政府の説明を全く踏まえていない内容で極めて遺憾で受け入れられない」との申し入れを行った。■

山田宏氏の批判する通りだ。
https://twitter.com/yamazogaikuzo

■山田宏 自民党参議院全国区支部長 ‏@yamazogaikuzo ·
バチカンの教皇も男性に限られてきたのだから、女子差別撤廃委員会は、バチカンにも勧告したらいかが?この国連機関の常軌を逸した反日姿勢は明らかだ。■

石平氏も<この論理なら、彼らがローマ法王の「男系継承」をも問題視しなければならない><キリスト教も神様のことを「ファザ」と呼ぶのを止めて、「マザー」と呼ばなければならない>と同様の批判をしている。コメントには<イスラム教の最高指導者を女性にも開放しろと言うのだろうか?>との声もあった。https://twitter.com/liyonyon

昨日取り上げた慰安婦問題の「最終見解」に藤岡信勝氏らのグループが抗議の声を上げた。
【慰安婦問題】
「日本たたきの国際機関に大金出すのは不条理」民間団体訴え

http://www.sankei.com/politics/news/160308/plt1603080052-n1.html

 ■有識者らでつくる保守系民間団体「慰安婦の真実国民運動」(加瀬英明代表)は8日、安倍晋三首相と岸田文雄外相宛てに、国連女子差別撤廃委員会の日本に関する最終見解に強く反論すべきだとする要望書を提出した。記者会見した同委員会幹事の藤岡信勝拓殖大客員教授は「怒り心頭だ。日本がいかに足蹴にされているか」と語り、同委員会を厳しく批判した。

 要望書では政府に対し、最終見解への反論手続きを進めるほか、慰安婦を「性奴隷」と認定した国連人権委員会の「クマラスワミ報告書」(1996年)の内容の再調査・撤回を国連に要求することを求めた。

 さらに、慰安婦問題に関する国際社会の誤解を解くべく、首相が記者会見を開いて説明するよう要望した。

 藤岡氏は8日の記者会見で、日本政府が2月の対日審査で説明した事実関係が最終見解にあまり反映されていないことを批判し、「(国連は)まともな国際機関としての意味をなさない。日本たたきの道具にしかならない国際機関に日本が大金を出すのは不条理だ」と訴えた


 また、ジャーナリストの西村幸祐氏は「非常にいい加減な最終見解だが、日本が反証していくための材料にもなる。今後、政府や民間の情報発信が重要になる」と述べた。■

藤岡氏のFBにはこう書かれている。
https://www.facebook.com/nobukatsu.fujioka

■「新しい歴史教科書をつくる会」も参加し、慰安婦問題解決のために活動する連絡組織「慰安婦の真実国民運動」(約30団体が加盟)は、3月8日、内閣府と外務省を訪れて申し入れを行い、次いで日本記者クラブで記者会見を行いました。

 今回の申し入れと会見は、7日に国連女子差別撤廃委員会が日本政府に出した慰安婦問題に関する「最終見解」を受けて行われ、岡野俊昭幹事長(つくる会副会長)と西村幸祐(ジャーナリスト)・藤岡信勝(つくる会副会長)・藤木俊一(テキサス親父日本事務局事務局長)・藤井実彦(論破プロジェクト代表)の各幹事が出席しました。

 会見では国連委員会の実態や、慰安婦問題が取り上げられるようになった歴史的な経緯、さらに現在の国際的な状況などが話題となりました。・・・・・・・・・・・・■

FBには安倍首相や岸田外相に宛てた「要望書」の全文も掲載されている。

なぜ、国連委員会でこんな「反日活動」が行われるのか。
産経が背景を書いている。
【国連女子差別撤廃委】
中国人委員の思惑は…「男系継承は女性差別」との勧告案 日本の国柄・伝統無視

http://www.sankei.com/politics/news/160309/plt1603090007-n1.html

 ■国連女子差別撤廃委員会が、母方の系統に天皇を持つ女系の女子にも皇位継承が可能となるよう皇室典範を改正すべきだとの勧告をしようとしていたことは、同委がいかに対象国の国柄や歴史・伝統に無理解な存在であるかを改めて示したものだ。勧告の理由は、女性だから皇位継承権を与えられないのは差別であるという単純かつ皮相的なもので、125代の現天皇陛下まで一度の例外もなく男系継承が続いてきた事実、日本国の根幹をなす皇室制度への尊重はみられない。

 「男系継承が古来例外なく維持されてきたことの重みを踏まえつつ、安定的な皇位継承の維持について引き続き検討していきたい」

 安倍晋三首相も2月4日の衆院予算委員会でこう述べている。にもかかわらず、一方的に勧告に皇室典範改正要求が盛り込まれていたら、日本国の象徴であり、事実上の国家元首である天皇のあり方について、国連の重大な内政干渉を許すことになりかねない危うい場面だった。

そもそも、女子差別撤廃委の各委員が締約国に関して深い知識を持っているわけではない。委員がもっぱら情報源としているのが非政府組織(NGO)だがその情報は偏っており、例えば慰安婦問題をめぐっても委員の中には、元慰安婦が家族から業者に売られた事例も知らず、全員が「日本軍によって強制的に連行された」と信じ込んでいる者もいる。

 「日本に関する見解をとりまとめた委員は中国の人だ。いろいろな思惑があってやっているのだろう」

 政府高官はこう指摘する。皇室典範の件だけではなく、女子差別撤廃委の委員それぞれが出身国の思惑や国益を背景に政治的に動いている部分もある。今回、同委は慰安婦問題に関する「最終的かつ不可逆的な解決」を決めた日韓合意を批判したが、政府内にはこれも日韓の分断が狙いだとの分析もある


 いずれにしろ今回、最終見解案に突如、皇室典範改正の文言が入ってきたことは日本政府に衝撃を与えた。委員会内での議論は非公開のため経緯は不明だが、政府には国連の場で仕掛けられる「歴史戦」に一層、強力に対応していくことが求められる。(田北真樹子、阿比留瑠比)■

委員の情報は、反日左翼が多いNGOの偏った情報に大きく影響されている。
今日の読売3面の特集記事(ネットには不掲載)には、こんな見出しが並んでいる。
・慰安婦勧告に日本不満、国連委員会報告書
・「偏った話に依存しすぎ」
・作成過程を疑問視

その中にこんな記述があった。
まとめ役は中国人
報告書のとりまとめ役(主査)は、中国の民間団体「全国婦女連合会」国際部長を務める中国人女性(64)で、中国政府との結びつきが強いとされる。日本政府は、女性個人の意見が報告書に強く反映されたとみている。歴史認識を巡り、日本批判を国際的に展開してきた中国政府の意向が影響したとの見方見おある。■

そもそも一党独裁で表現の自由がない中国に「民間団体」なるものがあるのかが大疑問である。これも中国政府が仕掛ける「歴史戦」なのだ。

国連委員会が開かれたジュネーブに出かけてきた杉田水脈氏が、次の課題をFBに書いている。
https://www.facebook.com/mio.sugita.5?ref=ts&fref=ts

■杉田 水脈
Hyogo 兵庫県 宝塚市(日本) ·

今月、ニューヨークの国連で「女性の地位向上委員会」が開催されます。それに併せて先月ジュネーブに大勢で押し掛けた〈日本女性差別撤廃NGOネットワーク〉と日本政府が共催でイベントをすることは既にお伝えしています。

韓国からも挺対協が日韓合意の無効化を訴えるためニューヨークを訪れ、国連などで活動をするというニュースがありました。

一昨日の国連最終見解を見ても彼らの要望が反映されているのは明らかです。
主戦場はヨーロッパからアメリカへ。私も14日からニューヨーク入りの予定です。■

中韓の日本を貶める活動はひっきりなしに続いているのである。日本の左翼はそれをのんびりと見ているだけなのだが。

朝日の今日の社説が笑わせる。
慰安婦問題 日韓合意を育てるには
http://www.asahi.com/paper/editorial.html?iref=comtop_gnavi

その最後にこう書かれているのだ。
■・・・・・・・・
日韓が手を携えて合意の内容を着実に履行する。互いに信頼関係を深めながら大きく育てていく。慰安婦問題をみつめる国際社会の視線を変えることも、こうした取り組みの積み重ねにかかっているはずだ。■

慰安婦問題の誤報を20年以上世界にばらまき、日韓の対立や世界の誤解を生みだした朝日は、「国際社会の視線を変える」ために今何をやっているのか?記事取り消し、謝罪以来何をやってきたというのか?無責任極まりないアカ新聞である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国連委は左翼の巣窟、「慰安... | トップ | 岸井成格はまた逃げるのか?…... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中韓と国連機関に往復ビンタだ! (日本男児は 心に帯刀を (A.H.)月光)
2016-03-11 21:26:35
皇位継承は大和民族たる日本独特の皇統であって、永き和の国を支えてきた。 これは日本人だけが関与することなのだ。

世界中の国々が(創っては 滅び)を繰り返してきたが、現存する最も長い歴史を持つ日本の優れた国家形態を手本に見習おうとするのなら ともかく、女性差別だと批判する国連は自らの欠点に気づくべきだ。 日本への批判の裏に中韓の思惑が働きかけているのは 分かりきったことだ。 日本の骨格を崩そうという意図がはっきりと伝わる。 主権侵害も甚だしい。 国連は、そもそも戦勝国連合(UN)として設立した組織であり、対立する常任理事国は拒否権の出し合いばかりで、正義がいったいどこにあるのかと思わざるを得ない。 許せざる特権を振るうパーマネント・ファイブが牛耳っているという、問題の多い自己矛盾した 歴史の浅い組織なのだ。

国連は(多種多様な文化を持つ国々の集まりであるという基本認識に立ってこそ集える場)であることを認知すべきだ。 世界の(紛争・迫害・貧困・食料・災害・医療・教育・文化)の諸問題と組織改革に取り組めば良いのであって、一国の皇位継承には、国連機関が一切関わる話しではなく、その権利もない。 そこへの干渉は文化破壊行為と云っても過言ではない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。