白髪は輝く冠  白髪は美の冠   

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

日々のニュース関連や聖書の音信等を気ままに書いています。

ひじきの損失余命とは……タバコより危険って本当?~All About~

2017年07月17日 05時52分11秒 | 日記

 

【管理栄養士が解説】

日本の伝統的な食材・ひじき。鉄分、カルシウム、食物繊維 などが豊富で健康によいイメージがあると思いますが、

海外では毒性のある無機ヒ素が含まれ、損失余命の高い食品なので食べない方がよいとの報告がありまし た。

厚生労働省の見解は? 実際の健康効果、危険性は? わかりやすく解説します。

【クリック】
https://allabout.co.jp/gm/gc/470023/
一部引用
厚生労働省の見解に見るひじきのヒ素の安全性・危険性
それでは実際に、私たちが日常的に食べているひじきは、安全なのでしょうか? 危険なのでしょうか?

厚生労働省が、実際に日本人が食べているひじきの量から危険性の有無を、東京都福祉保健局が「ひじきに含まれるヒ素」でまとめています。

これによると……

・日本人の平均的な海藻摂取量は1日あたり14.6g。そのうち、ひじきは約0.6gです。
・WHOが定めた無機ヒ素の耐用週間摂取量は15マイクロg/kg体重/週なので、体重50kgの人の場合、1日に107マイクロg(1週間に750マイクロg)までは大丈夫。
・ひじきに含まれる無機ヒ素は最大22.7mg/kg(22.7マイクロg/g)ですので、1日あたり4.7g以上を食べ続けない限り、健康に悪影響を与えることはありません。


平均的な日本人の食生活では、ひじきの摂取量は1日0.6g程度。ですので、今まで通りの食事であれば、ひじきで問題は起こらないと考えて差し支えありません。

もちろん量の問題ですので、もし毎日必ず、丼に1杯ずつひじきを食べているという場合は無機ヒ素が問題になる可能性もあります

(しかしその場合、ひじきの無機ヒ素の問題以前に食事のバランスがよくないので、食事内容を考え直すべきでしょう)。

実際、厚生労働省の発表にも「海藻中に含まれるヒ素によるヒ素中毒の健康被害が起きたとの報告はありません」と明記されています。



                        







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先祖崇拝・・・聖書の教えで... | トップ | 自宅で簡単に!たった5分で... »

日記」カテゴリの最新記事