白髪は輝く冠  白髪は美の冠   

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

日々のニュース関連や聖書の音信等を気ままに書いています。

結婚 苦労(患難)・・・聖書

2017年07月15日 19時29分50秒 | 日記

 

 

使徒パウロは,結婚するクリスチャンに,「自分の肉身に患難」を招くであろうと述べました。


「しかし,あなたが,結婚しても,罪を犯すわけではなく,未婚の女が結婚しても,罪を犯したわけではありません。 

ただ,結婚する人たちはその身に苦労(患難)を負うことになるでしょう。わたしは,あなたがたにそのような苦労をさせたくないのです」。
(コリント第一 7:28)

 


その患難には,夫婦自身や子どもの,あるいは年老いた親の抱える健康上の問題が伴うかもしれません。 また,子育てに関連した難しさや心痛も含まれるでしょう。

 


聖書は,「終わりの日」「対処しにくい危機の時代」になることを予告していました。


対処しにくい事柄の中には,「親に不従順な」子どもたちも含まれるでしょう。


「しかし,このことを知っておきなさい。すなわち,終わりの日には,対処しにくい危機の時代が来ます。
というのは,人々は自分を愛する者,金を愛する者,うぬぼれる者,ごう慢な者,冒とくする者,親に不従順な者,感謝しない者,忠節でない者,

自然の情愛を持たない者,容易に合意しない者,中傷する者,自制心のない者,粗暴な者,善良さを愛さない者」。
(テモテ第二 3:1~3:3)




実際わたしは,あなた方に思い煩いがないようにと願っているのです。
結婚していない男子は,どうしたら主の是認を得られるかと,主の事柄に気を遣います。
 一方,結婚している男子は,どうしたら妻の是認を得られるかと,世の事柄に気を遣い,
 彼は分かたれるのです。さらに,結婚していない女,および処女は,主の事柄に気を遣い,
自分の体と霊の両面で聖なる者であろうとします。しかしながら,結婚している女は,
どうしたら夫の是認を得られるかと,世の事柄に気を遣います。

(コリント第一 7:32~7:34)



わたしが願うのは,あなたがたに思い煩いがないことです。未婚の者は,主をどのようにして喜ば

せようかと、主の事に心を配りますが,結婚している者は、自分の妻をどのようにして喜ばせようかと,この世の事に心を配ります,

そして心が分かれます。未婚の女と処女は主の事に心を配り,体においても霊においても聖くあろうとしますが,

結婚している者は,自分の夫をどのようにして喜ばせようかと,この世の事に心を配ります。
(コリント第一 7:32~7:34)




思い煩わないでほしい。独身の男は,どうすれば主に喜ばれるかと,主のことに心を遣いますが,
結婚している男は,どうすれば妻に喜ばれるかと,世の事に心を遣い,心が二つに分かれてしまいます。独身の女や未婚の女は,

体も霊も聖なる者になろうとして,主のことに心を遣いますが,結婚している女は,どうすれば夫に喜ばれるかと、世の事に心を遣います。
(コリント第一 7:32~7:34)

 

 

 

                              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和10年頃の日本カラー映像 | トップ | いたずらで支払いを全て1円... »

日記」カテゴリの最新記事