鐡子の日々鍛錬

鐡子の日記

山から

2017年07月17日 | 庭しごと
昨年、スイカヅラの蔓を山から持って帰り、
挿し木をしたのが、ようやく今年根を張って大きくなりはじめました。



スイカヅラの花をお酒に漬けた『忍冬酒』が有名。



~徳川家康公が愛した薬味酒、忍冬酒~
戦国時代、浜松の酒蔵元、神谷権兵衛が忍冬(スイカズラ)を
漬け込んだ忍冬酒を造り上げ、当時、浜松城に住む家康公に献上。
健康に気遣う家康公は、ことのほか喜び愛飲されたことで有名に
なりました。
スイカズラ(忍冬)にはデトックス効果があり、家康公が健康長寿を
全うした要因の一つに、この酒が挙げられます。


・・ということで、うちでも昨年作りました。
家でもたくさん花が咲けばな~と思って挿し木をしたのですが・・・・



このお酒がとんでもなくまずい!!!

薬そのものの味。超まずい。
確かに効きそうだけど(笑)

スイカヅラ自体は大きく育って玄関を演出したりするようですが。



でも、不味い(笑)

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 龍の髭 | トップ | 王子様 »
最近の画像もっと見る