働くエイジグルーパー トライアスリートまさるの日記

会社のスキー部に所属しながら、トライアスロンにもチャレンジする働くエイジグルーパーまさるの最近の出来事を発信します。

2017乗鞍スカイラインヒルクライムライド2(平湯峠から)

2017年06月14日 21時33分37秒 | 自転車
その1からの続き、、、

平湯温泉。その昔、ここに車を置いて、MTBで安房峠を越え上高地まで走った。朴葉味噌を知ったのもその時だったか?安房トンネルが開通し、昔の面影はなかった。

長袖を脱いで、いよいよ乗鞍畳平(標高2702m)に向けて出発(8:50)。とりあえずマイカー規制となる6km先の平湯峠(標高1686m)を目指す。



気温は12℃。上りだとちょうど良い気温である。



振り返ると穂高連峰



左折して、県道435号で平湯峠を目指す。乗鞍スカイラインへは、この道のほか、√158の10km先、朴の木(ほうのき)駐車場からシャトルバス(往復1800yen)で平湯峠を経由するルートがある。





この道は「ふわふわ」と綿毛がたくさん飛んでいたな~セミも鳴いていたかな?



己と会話しながら、蛇行して上っていく。



乗鞍スカイライン入口の平湯峠には、9:30に到着~



入口でおじさんにご挨拶。乗鞍畳平までの距離(約14km)と標高差を確認しておく。標高差はだいたい1100mかな?



どこから来たのか?何回目なのかなど、いくつかのアンケートに答えて、写真を撮って出発~(9:40)



写真を撮っている間にも、これから練習で上る自転車海苔や下ってくるサイクリストも、、、下りはめっちゃ寒いらしい。



ちなみに、富士スバルラインと異なり、軽車両(自転車)の通行料は「無料」です。



標高が上がるにつれ、素晴らしい景色が広がる。



マイカー規制のため、ときたま大型バスが通るのと、物凄い勢いでサイクリストが下ってくるのに注意すればよい。



森林限界を越えると、残雪が多くなってくる。





一人だったので、好きなだけ写真撮りホーダイなのが嬉しい。



残り4kmくらいだろうか、雪の壁が見えてきた。





場所によっては、6月だというのにかなりの雪が残っている。



練習で走っているサイクリストも多く見かけた。



雪の壁の大きさがわかりにくいので、ちょうど走ってきた観光バスを入れてみる。





残り2kmくらいから斜度は緩くなる。





こんなに雪が残っているとは思わなかった。また、ナイスな写真が撮れたことが嬉しい!!

地鶏棒万歳!!



乗鞍畳平には11:20に到着。平湯峠から14kmを撮影タイム含め1時間40分くらいか?

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍のゴール地点





久しぶりの乗鞍岳畳平



レストハウスではカレーと大型ストーブで身体を温める。



しっかりと補給をして、防寒着を着込んで、12:00過ぎに下界に向けて、ダウンヒルを開始した!!



その3に続く、、、

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ←皆さんの頑張りを確認できます。ぽちっとお願いでござる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017乗鞍スカイラインヒルク... | トップ | 2017乗鞍スカイラインヒルク... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む