働くエイジグルーパー トライアスリートまさるの日記

会社のスキー部に所属しながら、トライアスロンにもチャレンジする働くエイジグルーパーまさるの最近の出来事を発信します。

2016ツールド直江津・糸魚川(その1)

2016年10月17日 23時57分02秒 | ツールド直江津
Bon soir!!

直江津ファンの皆さん。こんばんは。自転車海苔のロマンである「ツール・ド・直江津・糸魚川」の模様をお伝えします。

「ツール・ド・直江津」とは?東京から新潟県上越市の直江津まで、片道約300kmを一日で走ってしまおう企画のこと。

9月には佐渡大会、10月にはツールド村上・新潟の予定があって、チームイベントとして大々的に実施するのは難しく、10月の晴れそうな週末にゲリラ的にやろうとちゃまさんと相談したのは、佐渡大会でのことだったか?

10月の第一週は雨、第二週の三連休も雨&ホテルがおさえられず(越後くびきの100kmウルトラ)、ホテルの空き状況と週末の天気予報から、10月の第三週に実施することに。

通算10年(10回目)の今年は、第5回2011にチャレンジした直江津・糸魚川往復の積み残した課題をリベンジすることに!!

〇 これまでの軌跡

2007 軽井沢(旧碓氷峠)-草津白根渋峠-直江津(2名)
2008 十石峠-長野市-直江津(4名)
2009 八ヶ岳-菅平-直江津(4名)
2010 軽井沢(和美峠)-草津白根渋峠-直江津(8名)
2011 軽井沢(和美峠)-浅間越え-鳥居峠-菅平-直江津-糸魚川(5名)-白馬-松本-諏訪湖-甲府
2012 軽井沢(旧碓氷峠)-長野市-直江津(6名)
2013 軽井沢(旧碓氷峠)-浅間越え-鳥居峠-菅平-直江津(2名)&佐渡島
2014 軽井沢(旧碓氷峠)-長野市-直江津(5名)
2015 塩之沢峠-軽井沢(和美峠)-菅平-直江津(2名)
2016 往路:相模湖-笹子トンネル-甲府-富士見峠-諏訪湖-塩尻峠-松本-白馬-糸魚川-直江津(2名) 
2016 復路:直江津-飯山-菅平-鳥居峠-浅間越え-軽井沢(旧碓氷峠)-高崎-三鷹(2名)

〇 スタートは2:00AM 矢野口ローソン

今年は往復完走にこだわった。事前の打ち合わせでは、2011年、豪雨により甲府で断念した同コース(往路:山岳、復路:白馬・松本経由)をリベンジしたかった。でも、予約したホテルは安定の「ホテルα1上越(直江津駅近く)」で、糸魚川経由では約360kmもある。直江津と糸魚川間は平坦基調とはいえ、約40kmもあった。

糸魚川のホテルを取り直すことは考えず、時間を有効に活用できる第一日目の出発時刻を早くすることで、糸魚川を経由して直江津まで走ることにする。さらに平均速度をあげるためTTバイクでいくことにした。

ということで、1:00AMに起きて(前日は22:00消灯)、1:15に自走で家を出発。



夜行バスと競争しながら街灯が明るい甲州街道で集合地点を目指した。



先週に比べ背中に荷物を背負っていないので走りやすい。

記念写真を撮って、2:00ちょうどに出発した。



〇 ライトはフル充電だったのか?

尾根幹線から橋本を抜ける。細かな坂では思いギアを踏むことは一切せず、第二日目に備えて脚に負荷をかけないような走り(暗いうちは26-27km/h)で進んでいく。

最初は、煌煌(こうこう)と照らしていたKnog550ルーメンの前照灯。MAXで照らしていたんだけど、まだ、津久井湖の城山ダムを越えたところ、ブチって突然真っ暗。まさかのバッテリー切れか。自宅から1時間40分で、小さい別のライトを頼らざるを得なくなってしまった。

そういえば、フル充電にしたのはいつだったけ?(充電器は事前にホテルに送っている)

まさるのライトが切れたことで、まさる先頭固定のライトシフトが組まれた。ちゃまさんが後ろからライトを照らす作戦。ちゃまさん、スミマセン。



〇 お月さんが綺麗(1回目)だけど気温は低い

写真には上手に撮れなかったけど、十二夜のお月さんはとても幻想的だった。その時は、まさかその後に合計4回もお月さんを見ながら自転車を漕いでいるとは思いもよらなかった。

ライト無いからよく見えるんだよね〜

上野原、大月と標高が徐々に上がるにつれ、また、夜明け前が近づくにつれ気温がどんどん下がっていく。自転車を漕いでいても体温が少しづつ下がっていく感じだ。

休憩はまだかな〜

○ 笹子トンネル手前で夜明け

まさるライト問題を除き、順調なペースで甲州街道を進んでいく。5:00amを過ぎると、空が白みがかってくる。

笹子トンネル8km手前のローソン(初狩)で初休憩(橋本周辺での緊急トイレ除く)(5:15着 5:30発)



残念ながら、この時間帯、温かい肉まんとかは一切売り切れ。生ぬるいホットココアで震えながら暖をとるとともに、ウインドとちゃまさんから銀シートをお借りして、お腹の中に入れておく。

夜明け前の気温は途中5℃の表示があった。

夜明けとともに、笹子トンネルに向けて再出発!



○ トンネル内は暖かい

笹子トンネル手前で、ちょうど朝陽が昇ってきた。トラックの車列が途切れたところでトンネルへ



笹子トンネルは全長3km。夏は涼しいトンネルだが、今日は暖かく快適。明るいし、、、

トンネルを抜けた豪快な下りは、凍るような寒さに耐えながらのダウンヒル



しばらくは、楽ちんではあるが、激寒の下り。



甲府市には6:40に突入~



南甲府で吉野家の看板が見えたので、しっかり朝食を食べることにした。

○ 朝食は蕎麦吉野家(南甲府 約120km 6:50着 7:03発)



全国30店舗ほどという珍しい蕎麦メインの吉野家。二日目に備えて、コンビニ食ではなくガッツリ食事をしておく。



牛丼屋さんは出てくるのが早い。暖かい店内でコンビニ休憩並の早さで出発〜

4つのオーバーパスは軽車両進入禁止のため、イライラしながら側道を通過。

甲府駅近くでメータを確認すると約130kmもあった。2011年は復路で甲府駅から無念の輪行となったため、感慨深い。





○ 道の駅はくしゅう

諏訪湖手前の富士見峠(標高955m)の手前約14km地点にある「道の駅はくしゅう」。



ココでトイレ休憩。鳳凰三山がくっきり。





富士見峠に備えて自販機でドリンクを購入して、空のボトルに入れ換えた。

陽射しは強いが湿度が低く汗はほとんどかかない。夏と違ってドリンク補給(休憩)は少ないが、冷えるためか?トイレ休憩が多くなる。

さらに、その先、富士見峠手前の直前のセブンでも休憩をとった。(距離167km 自宅からちょうど7時間 9:35到着 9:50発)

ここでは、今日初めてのレッドブルを注入~



○ 諏訪湖が中間地点かな



富士見峠を越えて、諏訪湖まで下る。気温も上がり、ココでようやく長指グローブを外すことができた。



諏訪湖で懐かしい「うなぎ屋(2007年10月ブログ)」はどこだろうとキョロキョロして、再びトイレ休憩。湖畔で写真も撮っておく。(諏訪湖畔 上諏訪 10:40着)



ここまで約190km弱なので、今日の行程の半分ってところ。

直江津まで、残り約180kmくらいかな?



気合を入れて、次の塩尻峠目指して出発した。(10:50発)

その2に続く、、、

☆ 往路の実際走ったコース(ルートラボ)



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ←皆さんの頑張りを確認できます。ぽちっとお願いでござる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【遅報】復路 | トップ | 2016ツールド直江津・糸魚川... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む