本屋親父のつぶやき

珠洲の本屋親父が読んだ良書の紹介や近況報告

本屋親父のつぶやき 12月 7日 只今お薦めの本 2冊ご紹介致します。

2016年12月07日 18時30分35秒 | Weblog
 「成功している人は、なぜ神社に行くのか? 」八木龍平著 サンマーク出版 1500円+税

 戦後の教育の中で宗教教育は全くと良いほどなされておりません。従ってお父さんお母さんからの家庭教育でお爺ちゃんお婆ちゃんから受けない限り全く学ぶ機会がありません。個人的に興味のある人以外は神社について学ぶことはありません。私も60歳を過ぎてようやく興味を持ちました。この本は解りやすく学べる本だと思います。神社に興味のある方、神道について学びたい方に最適の教科書だと思います。全国の書店店頭で売れています。ぜひ手に取ってご覧ください。

 「格差社会を生き延びる『読書』最強の武器」 大岩俊之著 発売 星雲社 1500円+税

 本を読まざる者は時代に取り残される運命にある。格差社会の中で自分の道を切り開くのは「知識」と「教養」に他ならない。それを可能にするのが『読書』である。読書で得た「知識」と「教養」は自身にとって最強の武器となり、その武器が格差社会を生き抜く切り札となることは間違いない。今からでも遅くない、気付いた時から始めよう。毎日の生活の中に読書をする時間を設定することから。5分~10分でも良い。読書の習慣を持っている人と持っていない人では、数年で大きな格差が生まれてくる。


 今朝の春日神社境内の景色です。冬型です。時々雷も鳴っています。寒くなって来ました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本屋親父のつぶやき 12月 6日... | トップ | 本屋親父のつぶやき 12月 8日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む