韓流パラダイス

好きな俳優の記事。
韓国のドラマ、映画が大好きです。

芸能人のCMのお値段。

2010年08月09日 | 韓国芸能、ドラマ
ジュン君のジュンサスキンが更新されています。
ジュン君、今度のスキンも超かっこいい



除隊したチョ・ヒョンジェさんが大阪と東京で
ファンミを開くそうですね。

彼の作品は「ソドンヨ」しか知りませんが
彼も素敵な俳優さんだと思います。

日本にもたくさんのファンがいるのでしょうね。

昨日会った友人夫妻が今、放送してる「朱蒙」を見始め
ご主人が面白い話をしました。

ストーリーそのものよりも刀の使い方とか武具、甲冑に
興味があるとのこと。

「朱蒙」の時代には刀はあまり品質が良くないので
きっと日本刀のような切り方が出来なくて
ああいう太刀さばきなのかとか、日本に比べて甲冑が凄いとか
見てる視点が違うんですね~。

部屋の作りも必ずベッドが置いてある部屋にイスと机があって
そこへ客を通すのかとか・・・

聴いてて面白かったです。
こういう見方をする人もいるんだなあと。

でも、私は「多分甲冑とかはあの時代、あれほど立派な物は作れなかったと思うので
きっと史実に基づいたものではないと思いますよ」というと
そうですよね~~、と妙に感心したり。

かなり韓国の歴史ドラマが気に入ってるようで
「朱蒙」のあとも別なのを見てみたいと話していました。

はいはい!教えますよ~~!!
面白いのがたくさんありますからね~~~

韓国のスターのCMのお値段の話。トン、トンですよ

08年まではチャン・ドンゴンさんがCMキングだったそうですね。
現在のCM界はモデルの入れ替わりが激しく、ヒットドラマに出演した
俳優へのオファーが殺到するのがお決まりのパターンだそうです。

それを証明するのは09年「花より男子」でブレイクしたSS501の
キム・ヒョンジュン君。
続いて2位が同ドラマで主演したイ・ミンホ君。
3位が「華麗なる遺産」に主演したイ・スンギ君。

ポストチャン・ドンゴンさんをめぐる争いはヒートアップ気味らしい。

1本当たりのCM出演料は新人とビッグスターでは雲泥の差。
これは日本でも同じでしょうけど。
CM出演料のランキングを見るだけで、スターのブランド価値が
一目瞭然だと言われている。

現在、1本当たりのCM出演料の1位に君臨してるのは
ワールドスターRAIN。
彼の1本当たりの出演料は10億ウォン(約7200万円)!!
SKテレコム、ニコン、ロッテ免税店、X-NOTEの契約金だけで
100億ウォン以上になり、そのブランド価値は桁違いだそうだ。

さすがのジフニ~~
財産管理はお父さんがしてるんだったわね。

CM1本当たり8~9億ウォン(約5600万~6500万)を受け取ってるのが
2位のコ・ヒョンジョンさん、イ・ヨンエさん、チョン・ジヒョンさん、キム・テヒ
ソン・ヘギョちゃん達。

そしてBIGBANG。
ユン・ウネチャンたちなどを抑えて堂々の2位の位置だそうです。

ドラマがヒットすればCMの値段が倍増するのは当たり前。
その例が「花より男子」のイ・ミンホ君。
この作品に出た後、9社とのCMに漕ぎつけ、1本当たりの出演料は
ドラマ出演前の20倍にもなったんだって

ユン・サンヒョンさんも「僕の妻はスーパーウーマン」の出演後
CM出演料は以前の3倍に当たる3億ウォンになったということです。

すごぉぉ~~~~い、話ですね。
石川遼君がデビューした時、世のお父さん、お母さんたちは
自分の息子だったらと誰もが思ったでしょう。

我が息子たちはただの平凡な一般ピープルですが
誰にとって替えることの出来ない、かけがえのない子供たちです。
稼いでくれるに越したことはないけど・・・(笑)

でも、でも、ビニが息子だったらなあ。
息子でいいんです、彼女なんて言いません。
ひぇ~~~~(*'▽'*)
また始まったアジュンマの妄想・・・・

とにかくビニをこの世に誕生させてくれたご両親、
夢を見させてくださってありがとうございます。
あなたたちの息子さんはそういう素晴らしい職業を
選んだ事で、たくさんの人たちに希望や楽しさを
与えてくれているのです。

ジフニのご両親、ジュン君のご両親、その他、全部の俳優さんの
ご両親に感謝しなくっちゃいけませんね

BS11で「CNBLUE (CNブルー)」のデビューの軌跡のドキュメンタリーのような
物が始まりました。
日本で路上ライブを経験し、インディーズでCDデビューを果たしている彼らが
韓国で今年デビューを果たしたとのこと。
もっと前にデビューしてたのかと思っていたけど・・・

日本での路上ライブや、忙しい中での素顔の彼らの姿や会話などが見られて
興味深かった。
ナレーションが韓国語だったので、韓国で作られた番組なのでしょうが
まだ少し続くので楽しみ

ダンスユニットのグループではなく、バンド形式のグループ。
韓国でも人気が出たようですね。
ボーカルのヨンファ君は「イケメンですね」に出演して人気も
急上昇だし、
それでも日本で路上ライブをやってたというのは知らなかったな。
頑張っていたんだね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジュンギのbインタビュー、... | トップ | 韓国のデジタルシングル、C... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む