彩りプロジェクト

卓越性の探究者、波田野が皆さんに販売戦略・営業手法についてや、コミュニケーションについて思う事をお届けします。

「脱」買ってください営業 その125

2017-05-19 08:42:57 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。
このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



組織は生き物です。

良い細胞を毎日生み出し、健康な身体でいる事で企業という生き物は躍動していきます。

逆に、あまり良くない身体の状態では、普段の半分しか成果が出ませんし、じょじょに悪循環に陥り易くなります。

経営者や管理職は日々自分の会社を見まわして、機能不全に陥っていないか見て行かなければなりません。

良い状態でいたいと願いたいものですが、やはり身体と一緒で体内にはあまり良くない状態を生み出す事があります。

毎日、新しい細胞が生まれ変わる人の身体と違い、企業体はマネジメント(管理という意味だけでは無く、社員1人1人のセルフマネジメントも含む)を通して、毎日新しい身体を生み出し、維持し続けなければなりません。

そういったマネジメントの柱になるのが、理念(社会やお客様に対するモノや社内に関するモノ等、様々あると思います)や方針といったものになるのでしょう。

マネジメントは会社が向かう方向においてぶれない基準がなければ不活性化します。

判断の基準が個人(例えば社長や部長個人)の考え方でジャッジされていては、人が変われば判断も変わるという状態を招きます。

そしてそういった事も企業の成長を鈍化させる要因にもなりかねません。

しかし、理念に基づく判断であれば、誰が責任者であっても決して判断がぶれません。

ぶれるとしたら、その理念の解釈の違いがある事ぐらいでしょう。

ここで難しい問題がありますが、その理念に共感を示さない人も存在します。

そういった場合も組織は機能不全に陥ります。

そういった社員が優秀なスピーカーであったり、とにかく作業は出来るといった社員の場合は関わりが難しいとなるものと思います。

ではどうするか?

トップはこの場合でも理念に基づく判断をその社員にしなけれればなりません。

ただし以下の関わりは持った上です。

しっかりとその社員と向き合い、今後その社員がどのように変わっていけば良いのかを手助けしなければなりません。

それでもそういった行為においても同意出来ない社員には、戦略的な配置転換を行います。

なぜなら、理念に向かい歩んでいく同じグループ内に違う活動をしようとする社員がいた場合、その組織は不活性化状態に陥ります。

人の身体で言えば不活性状態が次第に良い細胞達が不良細胞に浸食されて、がんになるように・・・そんな病気にかかってしまっては企業は大変です。

賢明な社員は新たな働き場所を求めて退職という手順を踏むでしょう。

そしてじょじょに自分たちでは改善出来ないぐらいまで、組織が機能不全に陥る状態になってしまってはもはや手遅れになってしまいます。

組織も生き物です。

ですから日々変化していきます。

ですがその変化は良い成果をいつでも出せるような変化をして行きたいものです。

組織の不活性化の兆しは、トップに社内情報が入りづらくなる、トップの情報が伝わりづらくなる等の事を感じたら、その兆しがあると見て良いと思います。




「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。

保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円
(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 




現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「脱」買ってください営業 ... | トップ | 「脱」買ってください営業 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL