彩りプロジェクト

卓越性の探究者、波田野が皆さんに販売戦略・営業手法についてや、コミュニケーションについて思う事をお届けします。

「脱」買ってください営業 その95

2017-04-19 09:30:24 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。
このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



成長分野を見れば自社の強みで無くても進出したくなると思います。

また、競合他社が新商品を開発していたら、自社の戦略と異なっていても自社も開発したくなります。

しかし大切な事は強みを掘り下げる事であり、競争力は広さでは無く、深さによって決まる事になるとポーターは言っています。

つまり、弱い分野を克服しようと資源を集中しようとせずに、強みに集中するべきという事です。

深める要素としては、例えば縦軸に価値をおき、横軸に消費行動を置くとします。

その図の中に自社商品をポジショニングしていきます。

そして、縦軸でも横軸でも低く設定されるものがあれば、少し視野を広げる為に、海外市場や、他業界を考慮にいれてみます。

そうした中で、今までアプローチ出来ていない市場を見つける事が出来るかもしれませんし、自社商品で特許が取れている場合には、他の商品とのコラボを実現し、さらに価値を深める事を検討します。

しかし、商品やサービス自体の製品ライフサイクルをしっかりと見定めてから行うようにして下さい。

みすみすこれから売れるかもしれない市場を、自ら放棄してしまう事にもなりかねません。

製品ライフサイクルとはライフタイムバリューとも言い、商品やサービスが売れていき市場から姿を消すまでのプロセスの事を説明しているものです。

導入器、成長期、成熟期、衰退期のプロセスを経るのです。

導入器は積極投資の時期です。

市場での認知度を高める為に努力を重ねるのです。

うまく行くと成長期に移行し、以前ほどのマーケティングコストをかけずに商品やサービスが売れるようになります。

また競合他社が同じ商品やサービスで市場を拡大路線へと導いていきますが、同時にどのような差別化を図るか検討しなければなりません。

成熟期になると、各企業消耗戦へと突入します。

薄利多売にもなりがちですが、なかには新たな付加価値を提供する事で再び成長期に突入する事もあります。

衰退期は業績が明らかに下降線を辿ります。

これは車業界を見れば一目瞭然です。

新車発表があり、導入期として広告などで我々が目にする機会が増えます。

そして売れ始めると3年後ぐらいにマイナーチェンジがあります。

これは成長期に入っている証拠です。

追従してきた他社との差別化を図るのです。

特別仕様などもラインナップされますよね。

成熟期から衰退期に入る頃に、フルモデルチェンジとなります。

ここまで約5年ぐらいでしょうか?

ほとんどの車種はこのように後継モデルへと受け継がれていきますが、うまく成長路線に乗らない車種は市場から消えて行く事になるのです。

こう見ると車業界は目まぐるしい感じがしていますが、車の代替えサイクルがある資料によると7年を超えているものもあり、消費者の動向もモデルチェンジに大きく影響があるようです。

導入期で半年から1年、成長期が1年、成熟期が1年、衰退期が1年となるのが、車業界の最短製品ライフサイクルとなるのです。

このように自社商品(サービス)や業界の製品ライフサイクル(ライフタイムバリュー)を検討してみて下さい。

普段からこのようなマーケティング思考になる事で、業界情報にもアンテナが立ちます。

有益な情報は皆さんの元へ集まってくるはずです。




フレームワークにて自社戦略を構築する際には、是非従業員の方とお取り組み下さい。

その際の分析方法や話し合いのファシリテートには必ず力になる彩りプロジェクトをご指名下さい。

彩りプロジェクトのフレームワーク作りは士業、製造業、電子図書サービス業、不動産業、店舗販売店、社会福祉法人、NPO法人等でのご導入実績がございます。

マーケティングを得意とする当社ならではの切り口からフレームワーク作りをご支援、その実行のモニタリングサポートをご提案差し上げます。

まずは30分無料相談をご利用ください。

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。



彩りプロジェクト連絡先メールアドレス
info@irodori-pro.jp




「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。

保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円
(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 




現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「脱」買ってください営業 ... | トップ | 「脱」買ってください営業 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL