彩りプロジェクト

卓越性の探究者、波田野が皆さんに販売戦略・営業手法についてや、コミュニケーションについて思う事をお届けします。

「脱」買ってください営業 その104

2017-04-28 07:43:53 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。
このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



フラッシュマーケティングという手法があります。

短時間での集客や時間限定での集客を目的としています。

「本日16:00~19:00は3,000円にて食べ放題・飲み放題です。さらに来店者に次回割引券を進呈。また誕生月の方がいらしたら、ケーキもプレゼント。」といった情報を発信します。

主に飲食業で展開される事が多いこの手法は、現在ではソーシャルメディアの発展によりスムーズに市場に導入されています。

というのは、ソーシャルメディア上で情報発信をする事で、そこに参加している方々にもその媒介をしてもらう事でレバレッジをかけるのです。

100人限定といったものも同様にソーシャルメディア上で展開する事で、通常リーチ出来ないお客様にも商品提供が可能となります。

よってフラッシュマーケティングは顧客参加型のマーケティングと言えるでしょう。

旅館業はネットでの展開が主流になりつつありますが、次はソーシャルメディアを活用した参加型マーケティングを取り入れるはずです。

というのも部屋を空けておきたくない旅館は何とか予約を取りたいので、当日の朝に情報開示をネット上でします。

しかしほとんどの場合、ここどまりです。

ソーシャルメディアをうまく活用した予約システムの構築により、今までよりも空室を減らす事は可能なはずです。

あとはどのように情報発信していくかだけだと思いますね。

または、AIを活用したシステムを導入し、サイトに訪れたお客様に予約を促すシステムもすでに導入されています。

このように皆さんの身近なところにマーケティングのヒントが転がっていると思います。

アンテナを張り巡らせてご自分のビジネスに取り入れてみて下さいね。




「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。

保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円
(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 




現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「脱」買ってください営業 その103

2017-04-27 06:11:29 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。
このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



市場には、無料特典があふれています。

至る所にチケット制で無料を売りにしているお店があります。

しかし、無料だからお客様に利用しやすくしているというのはあまりにも乱暴だと思います。

「無料特典こそ、徹底的に説明する」

「儲からない会社は無料特典をあげることで満足する。

儲かる会社は、無料特典の魅力を徹底的に打ち出す。

誰もが手に入れたい特典だと演出する。

演出しないと、お客様は、「無料特典」をタダでもらえるぐらいの価値しかないと思い込んでしまう。」

上記は、マーケティングの専門家の神田氏の言葉です。

無料でお客様が手に入れられるチャンスだからこそ、今回は是非利用してもらいたい。

この機会を逃す事の不利益、無料のオファーの内容とその価値、などを通常の商品(サービス)よりも多く情報提供差し上げる事で、お客様へ無料である事の価値をしっかりお届けする事が大事なんですね。

どこまで徹底するのか?

私は、普通の会社の徹底力と優れた会社の徹底力は違うものだと感じています。

優れた会社の徹底は文字通り徹底します。

徹底の言葉の意味は「底までつらぬき通すこと」(コトバンクより)

一貫している事なので、やると決めたらそれに沿って行動もしなければなりません。

経営姿勢も試される事なのでしょうね。




「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。

保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円
(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 




現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「脱」買ってください営業 その102

2017-04-26 07:52:39 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。
このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



ギャップ分析をする事で、より良い未来へ向かう事が出来ます。

営業戦略は、効果測定は必要ですが、問いとして、「どうすればもっと売れるか」ではありません。

売れる、売れないの議論では成功体験が幅を利かせます。

そうした場合、抜本的な解決とはならずに、同じうまく行かない体験を繰り返すだけとなります。

そういった時に、ギャップ分析は大変優れた分析手法ではありますが、あるべき姿から逆算して検討する方法もあります。

タイムマシン法と呼ばれていますが、先に将来像を設定し、そこにいたる道筋を考える訳です。

現状に未来を合わせるのではなく、未来に現状を合わせるのです。

その行為自体は、バックキャスティングと言います。

バックキャスティングを活用したのが、タイムマシン法です。

〇年後の自分の姿を想像して、その時どうなっていたいか、どういう状態であれば良いかを決めます。

営業であれば、お客様の方から売って欲しいと言われる状態に設定します。

次に、それを実現する為にはどうなっていれば良いかを考えます。

このように考えて現状をどのように行動するべきかを検討するのです。

近い未来に来ると、出来るのか?といった葛藤や抵抗が生まれると思いますが、しかしここでひるんではバックキャスティングの意味がありません。

理想像のフォーカスを下げるのではなく、「どうやったら出来るか」にフォーカスして、アイデアの質を高めて行きたいものです。




「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。

保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円
(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 




現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「脱」買ってください営業 その101

2017-04-25 08:12:07 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。
このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



なぜ5回という特定要因をあぶりだす分析ワークもあります。

俗に、トヨタ流なぜ5回とも言われているものです。

例えば、ある事故が発生した為に、その改善を検討しなければならないケースでは、通常「なぜ事故が起きたか?」という問いをかけます。

すると、機械操作が未成熟だったとなります。

次に、「では、機械操作レベルを上げる必要があるな」と言う事になり、具体的には、安全講和を強化する、講習会を開催するなどと言った打ち手が決まっていくものです。

しかし、この状態ですと問題の本質には触れていない為に、事故は繰り返される事になるのです。

なぜ5回は以下の様に展開されます。

問い 「なぜ事故が起こったか」

答え 「作業者が機械の操作を誤ったから」

問い 「なぜ機械の操作を誤ったのか」

答え 「ルール通りに操作しなかったから」

問い 「なぜルール通りに操作しなかったのか」

答え 「その方が時間短縮できるから」

問い 「なぜ時間を短縮しようとしたのか」

答え 「早く作業を終わらせて、次の作業に移りたかったから」

問い 「なぜ次の作業をしたかったのか」

答え 「やるべき事が多いから」

すると、改善策は、業務量について検討される事となります。

機械操作が未成熟だった場合の打ち手と、作業量の改善に関しての改善の打ち手では、全く行う事が違います。

前者が作業改善であり、後者が業務改善だからです。

このようにして、課題や問題の本質を掴み、改善へと向かう取り組みは確実に成果を出します。

お客様に商品を販売する際にも同じような問いを立てる事が出来ます。

ただし、なぜ売れないのか?という問いでは、とらえどころが無いので、まずはとっかかりの課題を設定します。

例えば、商材の認知度に関して課題があるとすれば以下の通りです。

問い 「なぜお客様に○○(商材)を認知してもらえないか」

答え 「お客様の価値に訴求出来ていないから」

問い 「なぜお客様の価値に訴求出来ていないのか」

答え 「戦略的に(アプローチする顧客層がバラバラで提供する価値を変えて)営業出来ていないから」

問い 「なぜ戦略的に営業出来ていないのか」

答え 「市場調査が不十分だから」

問い 「なぜ市場調査が不十分なのか」

答え 「市場調査をする人員が割けないから」

問い 「なぜ人員が割けないのか」

答え 「全員に営業ノルマがあるから」

改善策として、市場調査を外注するか、営業ノルマをはずした人員で市場調査を行うか等、具体的な改善へとつながります。

1回目のなぜで終了してしまうと、どのようにお客様の価値に訴求するか?を検討する事になり、とらえどころのない議論を繰り返す事となるのです。

課題の根本要因を探る、フレームワークを取り入れてみて下さい。

ファシリテートが困難になる事があると思います。

そういった際は、ファシリテート専用の人間が必要かもしれません。

是非、彩りプロジェクトにご用命ください。





「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。

保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円
(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 




現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「脱」買ってください営業 その100

2017-04-24 09:49:03 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。
このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



営業方法にも様々な切り口がある事を少しづつご理解いただいていると思います。

特にアイデアに関しては、たくさんある中から、選べれる状態であると、行き詰まり感を打開出来ると思います。

新規開拓ひとつ取ってみても、他社との価格競争に巻き込まれてしまう事があります。

それは何気ないお客様の一言で始まってしまうものです。

「・・・で、おたくはいくらなの?」

その瞬間、買って下さいモードに入ってしまう方も少ないと思います。

つまり、自社の価格を構成している要素を説明する事無く、他社よりも値引きして勝負してしまうのです。

では、そういった際にどのように営業スクリプトを構成しておくべきでしょうか?

様々なケースがあるので、ここでは説明が出来ませんが、ただ、アイデア集を自分で持っていれば、応酬話法もうまく展開できるのではないでしょうか?

アイデアをたくさん持つためのフレームワークにマインドマップがあります。

興味があれば、ブザンのマインドマップを学習されればよろしいと思います。

マインドマップは現在では知名度が上がってきておりますので、容易に情報収集できるはずです。

私は、比較的容易に出来るマンダラートをおすすめしています。

3×3のマス目の中心にテーマを書き出します。

例えば、商品の特徴を書き出したり、使い方やお客様の困り事等を書き出します。

(例)パソコンソフトを販売している会社がマンダラートを使った場合。中心のマス目に「商品の特徴」とした。⓵いつでも使用可能 ⓶抜群な操作性 ⓷業界初な取り組み・・・などを記載していくとします。次に、抽出された⓵いつでも使用可能に関する情報を更に8つに分けるイメージもしくは連動する効果などを書き出して行きます。

出来上がった8つのアイデアをさらに広げる事で、様々な角度からテーマを見る事が出来る為に、自分でも気づかなかった視点を得られる事に気付きます。

マンダラートシートを作成して活用される事をおすすめします。



フレームワークにて自社戦略を構築する際には、是非従業員の方とお取り組み下さい。

その際の分析方法や話し合いのファシリテートには必ず力になる彩りプロジェクトをご指名下さい。

彩りプロジェクトのフレームワーク作りは士業、製造業、電子図書サービス業、不動産業、店舗販売店、社会福祉法人、NPO法人等でのご導入実績がございます。

マーケティングを得意とする当社ならではの切り口からフレームワーク作りをご支援、その実行のモニタリングサポートをご提案差し上げます。

まずは30分無料相談をご利用ください。

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。



彩りプロジェクト連絡先メールアドレス
info@irodori-pro.jp




「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。

保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円
(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 




現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加