彩りプロジェクト

卓越性の探究者、波田野が皆さんに販売戦略・営業手法についてや、コミュニケーションについて思う事をお届けします。

自ら動き出す組織 保育園編⑤ ~星野の経験②~

2018-02-21 08:27:38 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。

このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



星野が個人事業主として設立したハピネスは経営コンサルタント事務所である。

財務支援と人材育成支援を主な業務としていた。

特に、人材育成支援には並々ならぬ高いモチベーションがあった。

それは以前所属していた会社で風土改革を先導し、社員が自ら動き出すのを目の当たりにしていたからだ。

その光景は、とても感動的であったのだ。

星野は覚悟を決めた。

「これからの職業人生は風土改革にかけてみよう、後ろ向きなエネルギーが、逆に向かうと、こんなにも前向きなものとして、大きな広がりを持ち、社員が生き生きとしていくのだから」星野は心で決めたのだった。

そんな星野でも、もともと風土改革が職場を良くしていくという認識を持っていなかった。

もっと言えば、そのような手法を知らなかった。

次期社長と目されていた人物が、会社の状態を憂い、会社を変えなければならないとの思いから、新進気鋭のエナジーコンサルタントにコンサルティングを依頼したのが、きっかけだった。

星野はエナジーコンサルタントが主催する数々のセミナーに派遣されたのだった。

そのセミナー内容には度肝を抜かれた。全て、ワークショップの形をとり、何か教えてもらうというセミナーではなく、参加者同士が感じた事をシェアし、自分の学びとする、自分の言葉一つで相手がどのように反応するかなどを感じる良い経験となった。

このような体験は社会人となって初めてだった星野は感銘を受けた。

「うちの会社ではこんなに前むきに議論をしたことないな。いつも、後ろ向きな話だけだし、上司に面と向かって自分の意見を言うなんて事はないしな。会議でも発言をしようものなら、ギロっと睨まれるしな。」

星野は気づいた、自分の社会人人生の中で話し合いを経験していなかったという事を。

話し合いという名目の会議はあったが、全て結論ありきで進むものだった。

自分の意見を挟む余地など全く無く、「会社ってそういうものなんだな。」と星野は理解していたのだった。



「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。


保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

HP https://www.fuudokaikaku.com/

お問合せ https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 





現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、金融支援を必要とする企業の経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

また、「早期経営改善計画策定支援事業」は、同様に策定する際の費用の2/3補助があり、上限は20万円です。

こちらの「早期経営改善計画策定支援制度」は金融支援を要しないものですので、容易に取得しやすいのが特徴です。

メリットとして、金融機関との信頼関係を構築する為の制度としては有用です。

なぜなら、経営内容を開示する事、計画進捗のモニタリングを金融機関に報告する事は、金融機関が企業を評価する際に「事業性の評価」をしやすくなります。

金融機関は担保に頼らずに融資するには、「事業性の評価」が不可欠です。

「事業性の評価」とは、金融機関がその企業の事業を理解する事です。

「事業性の評価」に積極的な金融機関とそうではない金融機関がありますが、これからの金融機関とのお付き合いの仕方として、有用な制度となりますので是非ご利用下さい。

※このような方(会社)におすすめです。(中小企業庁資料より)

・ここのところ、資金繰りが不安定だ

・よくわからないが売上げが減少している

・自社の状況を客観的に把握したい

・専門家等から経営に関するアドバイスが欲しい

・経営改善の進捗についてフォローアップをお願いしたい

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

→ https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自ら動き出す組織 保育園編④ ~星野の経験①~

2018-02-20 09:29:47 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。

このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



園長の柳は具体的な提案を聞きたいと星野に伝えた。

そして数日後のプレゼンを受け、契約をする事にした。

すでに、柳の中ではハピネスの風土改革プログラムに対する期待は膨らんでいたのだった。

一方、星野はプログラム内容について検討を始めた。

ハピネスが提供できる内容はすでに伝えていたのだが、そこから【ふるさと保育園】に合った研修プログラムを構築していかなければならなかったのだ。

この時、星野は独立開業後約2年を迎えていた。

前職のサービス業では、営業職として入社し、商品をお客様にどのようにご理解いただくかを最初に学んだ。

その後4年間に渡り営業職で、人が人に商品を販売するという事を叩き込まれ、数多くの出会いを経験した。

そのような経験から社会でも、互いに目標に向かい努力するサッカーというスポーツが理想と出来る点にすぐに気づき、自分の中でサッカーの経験を生かしていく事にしていた。

次に経験したのが、経理業務だった。

この業務は営業職と比べ、毎日に変化が全くない事にとても退屈さを覚えた。

しかしその様な中で、受け身の自分を反省し、業務を改善する事で、時間短縮を実現したり、部署内でボトルネックとなっている人と人の交流に対して積極的に関わっていく事となった。

経理業務は本社の一部門として組織されていた。

結果、社内の全部署の人間とコンタクトが可能となり、様々な情報が集まって来ていた。

星野が感じた課題は、離職率の高さだった。

幸い業務改善により時間を生み出す事に成功していた星野はどうすれば離職率を下げる事が出来るかを考え、自分の頭では限界を悟り、様々な社外研修に出かける事とした。

このような活動は本社でも異端児扱いを受けたが、上司に星野の可能性を感じ理解している人がいた為に、稟議書を提出すると全て通してくれた。

こうして、月に15時間程の外部研修での勉強が始まった。

退職者から話を聞くと、離職の原因の一番は給料の納得感であった。

基本的に給料はお客様からいただく商品やサービスの結果であると理解していた星野は「なぜ当社の社員は給料を離職の理由にしているか」に疑問を持った。

なぜなら、自社の商品やサービスに絶対的な自信を持っていなかったからである。

それは営業時代に、何度となくお客様のクレーム対応をした経験からだった。

その多くは品質についてのものだったのだ。

「これは会社全体の課題である」星野はそう理解していた。

(続く)



「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。


保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

HP https://www.fuudokaikaku.com/

お問合せ https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 





現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、金融支援を必要とする企業の経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

また、「早期経営改善計画策定支援事業」は、同様に策定する際の費用の2/3補助があり、上限は20万円です。

こちらの「早期経営改善計画策定支援制度」は金融支援を要しないものですので、容易に取得しやすいのが特徴です。

メリットとして、金融機関との信頼関係を構築する為の制度としては有用です。

なぜなら、経営内容を開示する事、計画進捗のモニタリングを金融機関に報告する事は、金融機関が企業を評価する際に「事業性の評価」をしやすくなります。

金融機関は担保に頼らずに融資するには、「事業性の評価」が不可欠です。

「事業性の評価」とは、金融機関がその企業の事業を理解する事です。

「事業性の評価」に積極的な金融機関とそうではない金融機関がありますが、これからの金融機関とのお付き合いの仕方として、有用な制度となりますので是非ご利用下さい。

※このような方(会社)におすすめです。(中小企業庁資料より)

・ここのところ、資金繰りが不安定だ

・よくわからないが売上げが減少している

・自社の状況を客観的に把握したい

・専門家等から経営に関するアドバイスが欲しい

・経営改善の進捗についてフォローアップをお願いしたい

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

→ https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自ら動き出す組織 保育園編③ ~風土改革への期待~

2018-02-19 08:05:00 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。

このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



「柳園長先生。それでしたら当方でおこなっている【風土改革プログラム】のご導入をご検討下さい。」

「園長先生もお分かりだと思いますが、組織では価値観が違うと働きづらいものです。しかも、その価値観は入園前にはわかりづらいので、先生同士が合う合わないは入ってからでないとわかりません。」

「また、最初は先生同士の仲がよさそうなのに、段々と関係が悪くなるなんて事はざらにあります。」

と星野は続けました。

園長の柳はわかりきった事を何を丁寧に説明しているんだろうといぶかった。

「では、星野先生はどのようにして課題解決をしていくんですか?」と真剣な表情で聞き直した。

「言葉で言うのはとても簡単に聞こえてしまうのであまり好ましいとは思いませんが」と星野は前置きをおいて、

「価値観が違う事を認める事、組織の価値観に統制する事の二点に注力する事です」

「その為のコミュニケーションスキルであったり、リーダーシップであったり、組織のマネジメントだったりするのです。」

星野はさらに続けた。

「先生同士の仲を取り持つためのコミュニケーションスキルといったものは、お互いを尊重するものではなく、WIN‐LOSEの関係を導き出すだけです」

「そのような関係では、信頼は生まれずに、コミュニケーションを良くする事なんて実現する訳がありません」

柳はなるほどと感心してしまった。

保育園といえども人間教育の場で長年勤めてきた自負はある。

そのような自分でもどのように解決に向かえば良いかは道筋を示せないでいたのだった。

外部のリソースに頼るものの、ありきたりなリーダー研修や、コミュニケーション研修では、受講した先生の力になっているものの、本質的には、理解がされておらず、保育園の中で活用されているとは感じられないでいたのだった。

(④へ続く)




「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。


保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

HP https://www.fuudokaikaku.com/

お問合せ https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 





現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、金融支援を必要とする企業の経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

また、「早期経営改善計画策定支援事業」は、同様に策定する際の費用の2/3補助があり、上限は20万円です。

こちらの「早期経営改善計画策定支援制度」は金融支援を要しないものですので、容易に取得しやすいのが特徴です。

メリットとして、金融機関との信頼関係を構築する為の制度としては有用です。

なぜなら、経営内容を開示する事、計画進捗のモニタリングを金融機関に報告する事は、金融機関が企業を評価する際に「事業性の評価」をしやすくなります。

金融機関は担保に頼らずに融資するには、「事業性の評価」が不可欠です。

「事業性の評価」とは、金融機関がその企業の事業を理解する事です。

「事業性の評価」に積極的な金融機関とそうではない金融機関がありますが、これからの金融機関とのお付き合いの仕方として、有用な制度となりますので是非ご利用下さい。

※このような方(会社)におすすめです。(中小企業庁資料より)

・ここのところ、資金繰りが不安定だ

・よくわからないが売上げが減少している

・自社の状況を客観的に把握したい

・専門家等から経営に関するアドバイスが欲しい

・経営改善の進捗についてフォローアップをお願いしたい

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

→ https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自ら動き出す組織 保育園編② ~課題意識~

2018-02-18 05:37:54 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。

このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



・自ら動き出す組織
 
【4つのプロジェクトが職場を動かす】

 風土改革デザイナーの星野は、その日の研修の終了後に園長の柳と懇談していた。

星野は、風土改革を推し進める人材育成を得意とするコンサルティング会社「ハピネス」の代表を務めている。

最近は特に保育園業界を中心にコンサルティング活動を行っていた。

そこには明確な狙いがあった。

保育園業界は待機児童問題などで、昨今TV等で取り上げられることが多かったが、組織内におけるマネジメント機能がとても脆弱である事に気付いていたからだ。

特に閉鎖的な組織風土や女性社会である点も星野がコンサルティングを進めて行くうえで、新たな挑戦ともなり、希望を持てると踏んでいたからである。

すると柳園長は「今年からはメンバー選考を公募にしたんです」と話始めた。

話の内容は2年前からスタートしていた風土改革プログラム「彩り」についてであった。

このプログラムの効果は職員が主体的に行動する事に焦点があてられており、具体的な効果が出るまで、星野とともに進めてきた社員プログラムであった。

今年からはメンバー選考を公募にしたとは、文字通りで前年まではメンバーをリーダーが選ぶという方法で進めていた。

なぜスタートから公募制にしなかったのか?

賢明な読者諸君はそのように思うと思うがその説明はこうである。

あらたなプロジェクトが立ち上がったのが、今から3年半前の2014年秋である。

その経緯を説明しておこう。

柳が園長を務める、ふるさと保育園は定員が150名の市内でも比較的大きな保育園であった。

職員数も50名近くおり、職員の働きやすさに対して大きな課題を感じていたところだった。

そんなおり「ハピネス」代表の星野と出会い本格的に取り組みをスタートさせたのだった。

星野と柳園長が出会ったきっかけは、星野が別事業で進めているサッカー指導でふるさと保育園に指導に来ていた時だった。

星野はサッカー指導後に職員室にて園長の柳と談笑していた。

「だんだんと子供達もサッカーに慣れて来て楽しんでいるようです。こちらも楽しくやらせてもらっていますよ」

星野は続けた。

「先生にも一緒に参加してもらい、こちらとしても大助かりなんです。もう少し先生にも積極的に関わっていただけるようにプログラムを組んでいきましょう」

『いつも星野先生にはお世話になっており大変助かっております。感謝申し上げます。先生達も楽しそうです。』

「ところで、先生方のモチベーションを上げる施策としてこちらの園では何か手を打っているんですか?」

「最近の保育園では、マネジメント機能の低下が叫ばれているんですよね」

『あら、先生お詳しいですね。実はそうなんです。職員の保育面以外の研修として、リーダー研修などを導入しているんですが、成果が見えづらいので、役に立っているのかどうか・・・。』

「他にお悩みなどあるんでしょうか?」

『実は職員間のコミュニケーションで悩んでいるんですよ』

『先生同士の価値観のすりあわせが出来ていない事、園の方針が浸透していない事、そんな所も問題を根深くさせてしまっていると思います』

そんな柳園長の話を受け、星野は笑顔で続けた。

(続く)




「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。


保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

HP https://www.fuudokaikaku.com/

お問合せ https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 





現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、金融支援を必要とする企業の経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

また、「早期経営改善計画策定支援事業」は、同様に策定する際の費用の2/3補助があり、上限は20万円です。

こちらの「早期経営改善計画策定支援制度」は金融支援を要しないものですので、容易に取得しやすいのが特徴です。

メリットとして、金融機関との信頼関係を構築する為の制度としては有用です。

なぜなら、経営内容を開示する事、計画進捗のモニタリングを金融機関に報告する事は、金融機関が企業を評価する際に「事業性の評価」をしやすくなります。

金融機関は担保に頼らずに融資するには、「事業性の評価」が不可欠です。

「事業性の評価」とは、金融機関がその企業の事業を理解する事です。

「事業性の評価」に積極的な金融機関とそうではない金融機関がありますが、これからの金融機関とのお付き合いの仕方として、有用な制度となりますので是非ご利用下さい。

※このような方(会社)におすすめです。(中小企業庁資料より)

・ここのところ、資金繰りが不安定だ

・よくわからないが売上げが減少している

・自社の状況を客観的に把握したい

・専門家等から経営に関するアドバイスが欲しい

・経営改善の進捗についてフォローアップをお願いしたい

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

→ https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自ら動き出す組織 保育園編① 働く理由と理想との狭間・・・

2018-02-17 06:13:44 | ビジネス
こんにちは、彩りプロジェクトです。

このブログでは、中小企業支援を目的に様々な情報提供を行っております。

少しでも皆様の経営のお力添えが出来たらと思っております。

彩りプロジェクトは経済産業省・内閣府 経営革新等認定支援機関(関財金1第492号)です。



「こんなはずではなかった」

どの職場でも後ろ向きな思いで退職する社員はいます。

「夫の収入が心許ないので、職場環境云々なんて言ってられません」と、職場に不満を持っているものの、家庭の事情で働き続けなければならない社員もいます。

「人と人が働いているので、価値観の違いはあるもので、それを気にばかりしていたら働いていられない」と、不満はあるが、それを力に変えて働き続ける社員がいます。

さらには「一緒にがんばりましょう」と、その力を周囲にも提供し、職場環境の改善を行う社員も一定数いるというのが私が感じている職場の印象です。

一方、園長先生はこのような想いを持っています。

「社員がどうにか平和に過ごしてもらいたい」

「事故なく過ごしてもらいたい」

「幸せに働いてもらいたい」と。

今回、【自ら動き出す組織】というテーマで体験をまとめようと思った動機は、関係各位に希望と夢を持っていただきたいと思ったからです。

少しでも、忙しい毎日を過ごされている保育園関係者の皆様にお力添えが出来たらうれしく思います。



「リーダーシップ研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。


保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を35,000円(2h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

HP https://www.fuudokaikaku.com/

お問合せ https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 





現在、経済産業省では「経営改善計画策定支援事業」を行っており、金融支援を必要とする企業の経営改善計画書を策定する際の費用の2/3補助があり、上限は200万円です。

また、「早期経営改善計画策定支援事業」は、同様に策定する際の費用の2/3補助があり、上限は20万円です。

こちらの「早期経営改善計画策定支援制度」は金融支援を要しないものですので、容易に取得しやすいのが特徴です。

メリットとして、金融機関との信頼関係を構築する為の制度としては有用です。

なぜなら、経営内容を開示する事、計画進捗のモニタリングを金融機関に報告する事は、金融機関が企業を評価する際に「事業性の評価」をしやすくなります。

金融機関は担保に頼らずに融資するには、「事業性の評価」が不可欠です。

「事業性の評価」とは、金融機関がその企業の事業を理解する事です。

「事業性の評価」に積極的な金融機関とそうではない金融機関がありますが、これからの金融機関とのお付き合いの仕方として、有用な制度となりますので是非ご利用下さい。

※このような方(会社)におすすめです。(中小企業庁資料より)

・ここのところ、資金繰りが不安定だ

・よくわからないが売上げが減少している

・自社の状況を客観的に把握したい

・専門家等から経営に関するアドバイスが欲しい

・経営改善の進捗についてフォローアップをお願いしたい

この補助金を利用するには、経営革新等認定支援機関の支援が必要です。

彩りプロジェクトは認定支援機関です(関財金1第492号)

経営革新等支援機関とは、「経営改善、事業計画を策定したい」「自社の財務内容や経営状況の分析を行いたい」「取引先、販路を増やしたい」「返済猶予、銀行交渉のことを知りたい」

「事業承継に関して、代表者の個人補償をどうにかしたいんだけど・・・」

というお悩みを始め、中小企業経営者を支援するために国が認定した公的な支援機関の事です。

お気軽にご相談下さい。

当、彩りプロジェクトでは30分無料相談を実施しています。

どのような支援が受けられるのかだけでも、一度お聞きになって下さい。

→ https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

HPの申込フォームから(こちらから)どうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加