デジこもの好き

デジタルな小物好きな僕の物欲日記

Ubuntu MATE 16.04 LTS インストール後のF-07C用設定

2016-07-26 22:39:37 | 携帯:F-07C
ほとんどは前に書いたことのまとめというか覚え書きです。

・インストーラー終了→再起動後からの設定
  Lubuntuとの違いは
   画面回転時タッチパネル座標修正を追加
   数秒起動時間短縮(タイムアウト時間を減らした)
   端末画面の回転(Ctrl+Alt+F1~)
   「CPU周波数の計測モニタ」を利用設定

--------------------------------------------------------------------------------
 ・MATEでファイルマネージャーを管理者で起動
   sudo caja

--------------------------------------------------------------------------------
 ・インストール後の画面回転
  システム → 設定 → ハードウェア → ディスプレイ
    回転 → 右回り 適用

--------------------------------------------------------------------------------
 ・電源管理
  システム → 設定 → ハードウェア → 電源管理
    AC電源使用時
      アクション   システムをスリープする   → しない
      ディスプレイ  画面をスリープする     → しない
    バッテリ使用時
      アクション   システムをスリープする   → しない
              バッテリがほとんどない   → しない
      ディスプレイ  画面をスリープする     → しない
--------------------------------------------------------------------------------
訂正→ボツ:起動時の環境が違うとIDが変わるったため、また名称も同じで
     タッチパネルの指定が出来ない(クレードル接続あり/なしで変わった)


 ・タッチスクリーンのid確認
    xinput
    端末で実行すると...

     Virtual core pointer             id=2  [master pointer (3)]
       Virtual core XTEST pointer        id=4  [slave pointer (2)]
       FUJITSU FOMA F07C             id=12  [slave pointer (2)]
       FUJITSU FOMA F07C             id=13  [slave pointer (2)]
     Virtual core keyboard             id=3  [master keyboard (2)]
       Virtual core XTEST keyboard        id=5  [slave keyboard (3)]
       Fujitsu FUJ02E3              id=6  [slave keyboard (3)]
       Video Bus                 id=7  [slave keyboard (3)]
       Power Button               id=8  [slave keyboard (3)]
       FUJITSU FOMA F07C             id=11  [slave keyboard (3)]

  上記の場合id=12,id=13と名前が同じなので、どちらが、トラックボールと
  タッチパネルか分からないのと、環境によって違うかもしれないので、割り当て
  られるIDを確認してください。
  確認方法は入力をON/OFFにして、どちらが利用できなくなるかで判断。

  無効にする
     xinput --set-prop [ID] "Device Enabled" 0
  有効にする
     xinput --set-prop [ID] "Device Enabled" 1

  ([ID]は番号を入れる)

----------------------------------------------------------------------------

 ・ログイン画面自動回転、オートログイン設定
   先ほど調べたタッチパネルのIDを「xinput --set-prop [ID]...」とする。
   /etc/lightdm/lightdm.conf

    [SeatDefaults]
    display-setup-script=xrandr --output LVDS-1 --rotate right
    display-setup-script=xinput --set-prop 13 --type=float "Coordinate Transformation Matrix" 0, 1, 0, -1, 0, 1, 0, 0, 1

 ・自動ログイン設定
   /etc/lightdm/lightdm.conf

    [Seat:*]
    autologin-user=[User-Name]
    autologin-user-timeout=0

  ※[User-Name]ログインするユーザー名

----------------------------------------------------------------------------
訂正:タッチパネル設定がうまくいかないことがわかったので...
ボツ:lightdm.confで設定出来たので不要となったが参考用に残しておきます。

 ・起動時、画面回転+タッチパネル座標回転、スクリプトを作成
    先ほど調べたタッチパネルのIDを「xinput --set-prop [ID]...」とする。
    スクリプトもう少しスマートな方法ありそうだけど...

    touch ~/display-set-r90.sh
    pluma ~/display-set-r90.sh

     #!/bin/sh
     xrandr --output LVDS-1 --rotate right
     id=$(xinput list --short | grep -e 'F07C.*pointer' | tail -1 | awk '{print substr($0, 51, 2)}')
     xinput --set-prop $id --type=float "Coordinate Transformation Matrix" 0, 1, 0, -1, 0, 1, 0, 0, 1


  実行権限追加
    chmod a+x t ~/display-set-r90.sh

  システム → 設定 → ユーザー向け → 自動起動するアプリ
    追加ボタン
      名前  :display-set-r90
      コマンド:/home/[user]/display-set-r90.sh
    追加
----------------------------------------------------------------------------
 ・ブートセレクタタイムアウト短縮、無線LAN、クロックアップ、端末画面回転

  アプリケーション → システムツール → MATE端末
    
   sudo pluma /etc/default/grub

    起動選択タイムアウト時間の短縮(Def 10秒→1秒)
      GRUB_TIMEOUT=1

    無線LAN(sdhci...)、クロックアップ(processor...)、端末画面回転(fbcon...)
      GRUB_CMDLINE_LINUX="sdhci.debug_quirks=0x40 processor.ignore_ppc=1 fbcon=rotate:1"

    grub更新

   sudo update-grub

  再起動
   reboot

  再起動後、ネットワーク接続設定

システム更新
   sudo apt-get update
   sudo apt-get upgread

  再起動
   reboot

  クロック制御ソフトインストール
   sudo apt-get install cpufreqd cpufrequtils

・パネルに「CPU周波数の計測モニタ」表示と設定
  パネル上で、右クリック、パネルへ追加、「CPU周波数の計測モニタ」選択、
  追加ボタン

  /etc/cpufreqd.conf
  コメントアウト解除
    enable_remote=1
    remote_group=root

  /etc/init.d/cpufrequtils
    MAX_SPEED="1200000"
    MIN_SPEED="600000"

  再起動
   reboot

----------------------------------------------------------------------------
 ・時刻設定
  システム時刻をローカル時刻にする
    sudo timedatectl set-local-rtc true

  NTPサーバを日本に変更(または「時刻と日付の設定」を手動に変更する。)
    sudo sed -i 's/#NTP=/NTP=ntp.nict.jp/g' /etc/systemd/timesyncd.conf

----------------------------------------------------------------------------
 ・VNCサーバー「vino」をインストール
    sudo apt-get install vino

  初期設定
    vino-preferences

  自動起動
    システム → 設定 → ユーザー向け → 自動起動するアプリ
      追加ボタン
        名前  :vino
        コマンド:/usr/lib/vino/vino-server
      追加

  Windowsから接続するなら、通信の暗号化を解除が必要
    gsettings set org.gnome.Vino require-encryption false

----------------------------------------------------------------------------
 ・リモートデスクトップ・クライアント[Rammina]のインストール
    sudo apt-get install rammina

  編集 → 設定 → キーボード
    ホストキー      alt_L
    キーボード取得する  alt_L
  ※都合が悪いこともあるかもしれないが、たぶんなんとかなるでしょう?
----------------------------------------------------------------------------
#ボツ:xorgの設定、参考に残しておく
#
#  記事で見かける場所[/etc/X11/xorg]には存在していない、どこかに同様のフォ
#  ルダがあるはずと...
#  「/usr/share/X11/xorg.conf.d/」以下のフォルダに設定ファイルがにありました
#  ファイルを作成し設定してみたら、動作はしました。
#  その後、タッチパネル座標補正がコマンドで出来たのでボツ
#  xorgでの設定を行わないのが主流みたい?...
#---------------------------------------------------------------------------
#    /usr/share/X11/xorg.conf.d/20-gpudriver.conf
#
#    Section "Device"
#        Identifier "gma500_gfx"
#        Driver "modesetting"
#    EndSection
#
#---------------------------------------------------------------------------
#    /usr/share/X11/xorg.conf.d/40-monitor.conf
#
#    Section "Monitor"
#        Identifier "LVDS-1"
#        Option "Rotate" "right"
#    EndSection
#
#---------------------------------------------------------------------------
#    /usr/share/X11/xorg.conf.d/50-invertaxes.conf
#
#    Section "InputClass"
#        Identifier "Invert Touchscreen"
#        MatchProduct "FUJITSU FOMA F07C"
#        MatchIsTouchscreen "on"
#        MatchDevicePath "/dev/input/event*"
#        Option "SwapAxes" "true"
#        Option "InvertX" "false"
#        Option "InvertY" "true"
#    EndSection
----------------------------------------------------------------------------
出来たらいいなと・・・

・サスペンド・ハイバネート
  作業ログを見たり、関連のありそうな設定をしたりしていますが、今のところ出来ません...
  参考までに...
    作業ログは以下のファイル、デストリビュージョンによっては多少違うかもしれません。
    /var/log/pm-suspend.log
    /var/log/pm-powersave.log

・ブートセレクタ(GRUB)表示の回転
  こちらは設定が出来るのか、出来ないかすら分からないし、出来たらいいとは
  考えているが、出来なくても、不便なのは選択時だけなので...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu MATEアプレット「CPU周波数の計測モニタ」を使えるようにしてみました。

2016-07-23 18:14:52 | 携帯:F-07C
デフォルトでは、クロックやモードを選んでも変わらなかったので、cpufreqd
解説ページを参考に設定を試行錯誤して、選択切替ができるようにしてみました。
正直、正しい設定かわかりませんけど、一応動いたので設定方法を書いときます。
(設定される方は自己責任でお願いします。)


だいぶパネル(タスクバー)をカスタマイズしてあります。

・cpufreqd,cpufrequtilsをインストール
  sudo apt-get install cpufreqd cpufrequtils

・パネルに「CPU周波数の計測モニタ」表示
  パネル上で、右クリック、パネルへ追加、「CPU周波数の計測モニタ」選択、追加ボタン

各設定ファイルを変更

/etc/cpufreqd.conf
--------------------------------------------------------------------------------
[General]
pidfile=/var/run/cpufreqd.pid
poll_interval=2
verbosity=4
#enable_remote=1
#remote_group=root
[/General]

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[General]
pidfile=/var/run/cpufreqd.pid
poll_interval=2
verbosity=4
enable_remote=1
remote_group=root
[/General]
=================================================================================


/etc/init.d/cpufrequtils
--------------------------------------------------------------------------------
MAX_SPEED="0"
MIN_SPEED="0"

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

MAX_SPEED="1200000"
MIN_SPEED="600000"
=================================================================================

・再起動する。

この設定で「CPU周波数の計測モニタ」周波数固定、モード選択が機能する様になったようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月22日(金)のつぶやき

2016-07-23 05:38:23 | Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

F-07CにUbuntu MATE 16.04 LTS(Linux)をインストールしてみました。

2016-07-22 20:20:53 | 携帯:F-07C
--------------------------------------------------------------------------------
・LMDE2がインストール出来なかったので、
 Ubuntu MATE 16.04 LTSをインストールしてみました。

 ・画面回転(GUIからも設定できます),無線LAN,クロックアップ,時刻設定
  Lubuntuと同じ設定でOK
  ※追加
   「sudo apt-get install cpufreqd cpufrequtils」
    システム更新してからしかインストール出来なかった。

 ・クロック表示インディケータは、デフォルトで入っている
  「Command(コマンドの出力を表示)」が使えました。

 ・標準のテキストエディタPlumaでWindows環境で作成した、
  テキストファイル(S-JIS)を開くと文字化けする。
  設定に言語設定に日本語がない
  追加方法もわからない、
  Live起動で確認したけどやはりない
  Shift-JISに対応していないだけか?
  とりあえず、LeafPadをインストールして対応

 ・ファイルマネジャーが違う
  caja というのが入ってました。

 ・ターミナルは[Ctrl+Alt+T]で起動出来る。

  Lubuntuよりウィンドウの動きがよくていい感じです。

 ・ひとまず、ネットワークが使えるとこまで設定してみました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

LMDE2 LIVE USB起動できない...

2016-07-22 20:00:44 | 携帯:F-07C
ガキさん、おすすめのデストリビュージョンLMDE2、起動に苦労された様ですが...
 
  LMDE2を使ってみようと、ここ数日、頑張りましたが、LIVE起動させるも、
  ログイン画面が表示される(ID,Pass不明)
  ログインできないし、しばらくすると待つと、
  デスクトップが起動してくるけど、操作できるようになったところで
  すぐにシャットダウンしてしまい困ってます。
  クレードルの他に、USB扇風機使って冷却にもしたんですけど、状況は変わらなかったです。

  同じISOイメージを焼いたDVDで、Hyper-V環境、ノートPCどれも普通に起動します。
  ただ、確認出来る動きが違いがあり、処理速度の違いで見えてないだけなのか?
  ・デスクトップPC、Hyper-V環境 ログイン画面が表示なし
  ・CF-W2D(Pentium M 1.1Ghz) ログイン画面が表示あり

・いろいろ試行錯誤して...
  偶然、起動出来たことはあるにはあるのですが
  画面回転を行ったら、画面真っ暗に、仕方なく強制終了。

・一応、もう少し詳しく
  ログイン画面が表示され
    →しばらくすると消える(カウントダウン10秒)
  デスクトップが起動し始める
    タスクバーのインディケータ起動を開始
    バッテリアイコンが表示
    時刻が表示
    デスクトップが消える
    シャットダウンされる

  Mintシリーズはみんな同じなんですよね。

・あやしいなぁ~と思ったこと
  気になったのは、バッテリの表示...
  バッテリ0%の赤いインディケータが表示されるんです。
  システム起動時にバッテリ残量が更新される前に
  電源管理の機能が働いてシャットダウンされてるのでは?

  電源管理をOFFで起動させる方法を探してみると
  Tabキーを押し、起動オプションに設定できるとみつけ、いろいろ試してみました。

  ・・・ splash acpi=off

  で起動するようにはなりましたが....

  今度はF-07C携帯モード側から監視している様で、ACPIが機能してないと
  Windowsが正常に動作してないと判断され、強制的に携帯モードに戻ってしまします。

  正直、お手上げ、運に任せて起動を繰り返すくらいしかありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カウンター