アイリス日記

痛みのない快適な生活ができるように、ブログを通じてサポートしていきます。

足がつる それも前! 後半規管を鍛える 痛みなくなる。

2017-04-25 19:47:25 | 健康・病気

 晴天が続いております

 夜中に足がつって目覚めてしまう。

 まだ眠いのに、つらいですね

 足でも特につりやすいのが、ふくらはぎです。

 

 この場合足首を反らして、ふくらはぎを伸ばすように

 していると大体治まってきます。

 しかし・・・脛(すね)の前の筋肉がつってしまった

 場合、どうすればいいのでしょうか?

 なかなか前の筋肉を伸ばすのは難しいです。

 

 症例:50代 女性 立ち仕事

 主訴:足のすねがつり、痛みがある。

 現病歴:1週間前から夜間の足の前の筋肉
     がつり、起きてしまう。

 所見:前脛骨筋・長短腓骨筋筋力70%

    立位閉眼でふらつく。

 施術:バランスパット上に立たせて目をつぶってもらう

    身体が前に揺れる。

    目の前のペンを注視させ首を右後方へ倒す
   
    5回ほど繰り返してもらう。
  
    再度バランスパットに閉眼で立ってもらうと

    しっかり立てる。
  
    長短腓骨筋・前脛骨筋の調整。

 2回目:夜間の足の痛み無くなる。


 考察:最近立ち仕事で、重心が知らず知らずのうちに

 前にかかり、足の前の筋肉が疲れてしまい

 更に三半規管も前が優位になってしまった

 と考えられます。
 
 後半器官を鍛えて、重心の正しい位置を身体が

 思い出すことによって足の痛みの改善されたと思います。


 足がつりやすい人は、三半規管の機能低下が原因

 かも・・・・


 アイリス整骨院

 03-3826-6020
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 右足だけ力が入らない!? | トップ | 寝違えは眼球運動で解決! »
最近の画像もっと見る

健康・病気」カテゴリの最新記事