To be continued.

                   
アイリスの気ままに紡ぐダイアリー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デスノート the Last name ★★★★

2006-11-12 22:03:38 | 映画(劇場)
さて続きは・・・と・・・ デスノート the Last name を観てきました。

前編は7月1日に観ています。後編は11月に公開!
それまで待てない~~!!と、弟にコミックを借りて全巻一気読み。
ものすごく面白かった。
ノートのルールは沢山あるし、天才たちの頭脳戦に付いていくのは大変でしたけれどね。

後編のラストは原作とは違うということで、もちろん楽しみではありますが、原作があまりにも面白かったから一抹の不安も感じつつ・・・でも、見逃すわけにはいきません。




監督: 金子修介
原作: 大場つぐみ 『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)
    小畑健   (作画)
出演: 藤原竜也 (夜神月)  松山ケンイチ (L/竜崎)  戸田恵梨香 (弥海砂)
    片瀬那奈 (高田清美)  マギー (出目川裕志)  上原さくら (西山冴子)
    満島ひかり (夜神粧裕)  五大路子 (夜神幸子)
    津川雅彦 (佐伯警察庁長官 )
    藤村俊二 (ワタリ)
    鹿賀丈史 (夜神総一郎)
声の出演: 中村獅童  (リューク)
       池畑慎之介 (レム)
上映時間  140分

どうしてどうして、かえって原作より受け入れやすい納得の結末でした。
まさかLがあのような方法を取るとは・・・・・・ 少しウルウルしました。

全12巻の内容を上手くまとめ上げたものだと感心します。
特に後編は登場する人物を整理して、長くなりそうな部分はバッサリと切り捨て、テンポ良くライトとLの戦いに絞られていたので、最後の一瞬まで緊張感が途切れることなく楽しめました。

女性も上手い具合に取り込まれていましたね。
ミサミサの明るさやお馬鹿さ加減、過去の恐ろしい体験、ライトに対する揺るぎない強い愛情。
高田清美と西山冴子のキャスター同士の対立。
夜神粧裕の可愛い妹ぶりも目を引きました。

松山ケンイチは藤原竜也とタイマンをはれるのかと心配でしたが、楽しんで役作りをしていたのかな。
丸ごと一本のプルプルした“ういろう"には、さすがに目が点でした。

藤原竜也はキラの時と、ノートの記憶が無くなった時の芝居のメリハリが今ひとつと感じてしまいました。

原作を読んでいない人には分かりにくいだろうなぁという部分も多少ありましたね。

ノートの切れ端に名前を書いても有効とか、ノートの権利を放棄しても一部分を身につけていれば記憶は消えないとか・・・ 映画の中で説明があった?

デスノートには元の持ち主である死神が付くというルールに基づき、ライトはレムを利用したのだけれど、そのあたりの思慮遠謀がどのぐらい伝わったのか。

ミサミサだから仕方がないとも言えますが、簡単にノートをすり替えられてしまったな。
解放されたとはいえ疑いが全て晴れたわけではなかったのに、ライトが注意を怠らないようにアドバイスしなかったのがダメでしたね。
ライトらしからぬ、気の緩み?!
まあ、原作では一冊丸ごとのコピーを一日で作るという無理無理な方法でしたから、一日分のコピーの方が信憑性があって受け入れやすかったと思います。

そもそもライトが自分で死神の目を持ってしまえば、もっと早くにLを始末できたのに。
良いタイミングで目を持ったミサが現れたとはいえ、自分の寿命はそんなに惜しかったのかな。
自己の命を犠牲にすることを厭わなかったエルに敗れて当然だ。

「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」・・・・・・。
奇想天外な着想に惹かれて読み始めました。
コミックの最後は、「死んだ者は、生き返らない。」
当たり前ですが、自殺が横行している今の世相を思うと感慨深いものがあります。

デスノートの使い途。
絶対に助からない病で苦しんでいる人に対して。
「安らかに苦しむことなく、楽しかった事を思い浮かべながら、見守ってくれる人達にありがとうと呟いて微笑みを浮かべ、眠るように死んでいく。」
どう? 私はこれだったら良いですよ。

「ららぽーと」もクリスマス仕様に変貌していました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カポーティ ★★★☆ | トップ | 日本ハム・小笠原の「おめざ」 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (MIYAUCHI)
2006-11-14 23:23:20
アイリスさん、初めまして。
こんばんは。
コメント・TBありがとうございました。
面白い映画だと思いました。
私は原作を全く知りませんので今度読もうと
思っています。内容を把握して映画の場面を
思いだすと納得いく場面もあるかもしれません。

アイリスさんのおっしゃられていますとおり死神の目
を早く手にすれば良かったですね。
(でもそうすると物語として成り立たない?笑)
ホント成り立たない! (アイリス)
2006-11-15 00:02:57
MIYAUCHIさん、こんばんは。

原作を読んでいても、いえ原作を読んでいたから一層面白かったのかもしれません。
珍しいですよね。大体原作を読んだあとに映画を観るとガッカリすることが殆どなのに。

コミック全12巻と長いですが、お楽しみ下さい。
デスノート利用法 (にら)
2006-11-17 11:32:03
『ミリオンダラー・ベイビー』のイーストウッドなら、そう使ったかもしれませんね。

でも、しょせんは死神の所持品。
やはりここは麻薬と同じ「買わない、使わない、使わせない」の3ないの強い精神で、「使いません」とつき返してやりましょう。

精神が弱い自分の場合は、「頭が悪くて使えません」と返すハメになりそうですけど(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
手に余る。 (アイリス)
2006-11-17 12:54:30
『ミリオンダラー・ベイビー』
サクセスストーリーかと気持ち良く観ていたら、いきなり突き落とされて参りました。

好奇心から試しに名前を書いてみちゃうかもしれないし、
衝動的に誰かの名前を書きかねない私も、持っていては危険なので
突き返すのが賢明かもしれません。

リュークみたいな人(?)が悪い死神に憑かれたくもないしね。
こんばんわ☆ (りんたろう)
2006-11-17 22:57:06
コメントありがとうございました♪
僕も原作ファンなので実写化が決まった時は不安だったのですが(^-^;
予想以上によい出来で安心しました☆
DVDが出たら前後編つづけて観たいと思います♪
はじめまして (デポ)
2006-11-18 22:34:06
アイリスさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。そして、お返事が遅くなってすいません。

前編の終わり方が何とも気を持たせる終わり方だっただけに本当にこの5ヵ月は長かったですね。デポは原作は未だに読んでいませんが、映画「デスノート」は完成度の高い作品だったと思います。そして、その中心にいたのは、月よりもLだったのではないかという気がするほどLの存在感は圧倒的でしたね。

Lの生い立ちからを描くスピンオフ、何で彼が甘党になったのかが最大の見所か!?
原作ファンにも評判良いですかね? (アイリス)
2006-11-19 11:41:04
りんたろうさん、こんにちは。

原作は夢中になって一気に読み終えました。
映画は(後編は特に)あの長く込み入った原作の内容を上手くアレンジして、驚きの結末に持って行ったと・・・ 見事な手腕です。

テレビで放映されていた前編は観ましたよ♪
商魂のたくましさも、ご立派!
Lのファンです♪ (アイリス)
2006-11-19 17:50:13
デポさん、こんばんは。

後編まで待ちきれなくて、コミックを読んでしまいました。
Lの最初の登場シーンではその姿に唖然としましたが、ライトよりも魅力的なキャラになっていましたね。

洋菓子→和菓子と来たら、次は中華菓子・・・月餅ですかね。
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-11-28 23:10:40
>ノートの記憶が無くなった時の芝居
これ、あたしも感じました。難しい演技だろうケド、何か相違点が欲しかった。
>ノートの権利を放棄しても一部分を身につけていれば
こんなの、ありました??時計の中の切れ端?高田をやる時のことですか??
混乱。 (アイリス)
2006-11-29 16:00:49
猫姫さん、こんにちは。

一部分は時計に仕込んだノートの切れ端。

「一部分でも身につけていればノートの記憶は消えない」というルールはあったはず。
ただ映画と原作が頭の中でこんがらかって、映画の中でどう表わされていたか分からなくなってしまいました。
原作本が手元になくて確認できないし、ごめんなさい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「DEATH NOTE ~the Last name~」を観に行きました!! (馬球1964)
先日テレビ放映された「DEATH NOTE 前編」の続編、映画「DEATH NOTE ~the Last name~」を観に行きました!!
『デスノート the Last name』in神戸 (☆えみたんの日記帳☆)
先週末に神戸で映画を観に・・・・♪♪ ずっと観たくてたまらなかったあの 「デスノート the Last name」を観たよぉ~~ヽ(^◇^*)/烈 ストーリー 退屈な死神がもたらした一冊のノートの力で、次々と犯罪者の命を奪う“キラ”こと夜神月。 彼を捕まえる ...
★「DEATH NOTE デスノート the Last name」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.11.3の公開初日のナイトショウ(0:30~)で鑑賞。 今週は金曜が祭日なので、この日が初日が多いね。 そして、祭日にはオールナイトをやってくれるTOHOシネマズ川崎で鑑賞。
デスノート the Last name (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年11月3日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:金子修介 出演:藤原竜也,松山ケンイチ,戸田恵梨香 鑑賞日:2006年11月3日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 死神が地上に落とした“デス ...
DEATH NOTE デスノート the Last name (ネタバレ映画館)
 最後に書かれた名前は?!寿限無・・・だったら大変だ。
片瀬那奈 画像 (片瀬那奈:片瀬那奈(かたせ・なな)画像動画掲示板)
ふらっと足跡!(^O^)ノ いいサイトですね。お互いにがんばりましょう!応援してマース!ポチポチ!■片瀬那奈のプロフィール片瀬 那奈(かたせ なな1981年11月7日 生まれ日本の歌手、女優、アイドル。
「デスノートthe Last name」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「デスノートDEATH NOTE the Last name」 監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、片瀬那奈、マギー、上原さくら、 青山草太、藤村俊二、鹿賀丈史、五大路子、津川雅彦 声の出演:中村獅童、池畑慎之介 このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。 デ ...
『デスノート the last name』 (ねこのひたい~絵日記室)
ルールも多いが、ノートも多い。
「DEATH NOTE デスノート the Last name」☆☆☆☆☆ (Thanksgiving Day)
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」を観に行ってきました!! いや~予想通り、かなり面白かったですよ! 前編は映画館で観ていなかたので、最初はあんまり興味なかったんですけど、この前テレビで前編を観て見事にハマッテしまったというパターンで ...
【劇場鑑賞124】DEATH NOTE デスノート the Last name (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
The human whose name is written in this note shall die. このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。 誰が死に、誰が生き残るのか。 月(ライト)は〔新世紀〕を照らすことができたのか?
DEATH NOTE入荷しました。 (好き好き大好き!)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ デスノート入荷しましたので ご希望の方はコメント欄に フルネームご記入お願いします。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ...
DEAT NOTE the Last name 06年228本目 (猫姫じゃ)
DEAT NOTE デスノート the Last name 2006年   金子修介 監督   藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、藤村俊二 、鹿賀丈史 、中村獅童 、池畑慎之介 日テレの陰謀に、まんまと乗せられてしまいました、 ...
DEATHNOTE ~theLastname~<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
前編をこないだ TVで観たばっかりなんで頭に入ってるし直ぐに続きが観れてラッキーなワタクシです前編は大まかなストーリーを知っていたのだが 後編は全くの未知で原作コミックは読んでないし ホンマにドキドキの展開でどうなるんやろ どうなるんやろ って ...
No.56 DEATH NOTE the Last name (気ままな映画生活)
天才VS天才の心理戦、140分と長めの映画ですが最後までスリルがありました。 映画を見終わった後に、原作本を全て読みました。前・後編に分けたとはいえ 原作のほうライトとLの心理状態が詳細に把握でき面白かったかな。 映画を先に見て正解でした。