To be continued.

                   
アイリスの気ままに紡ぐダイアリー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チャーリーとチョコレート工場 : チョコの滝に打たれたい。

2005-09-11 16:38:29 | 映画(劇場)
ものすごく期待して観に行ったのだけど・・・乗り切れなかった。

ジョニー・デップは、どんな役にでもなりきれる稀有な役者さんですね。

ちょっと意地悪でイタズラ好き、でもナイーブで寂しがり屋な天才チョコレート職人。
白塗りでは無くて、実際のハンサムなお顔が見られる方がイイんだけど。
茶目っ気たっぷりの態度や「parents」 が言えない時の悲しげな表情は彼ならでは!って感じでした。

ゴールデンチケットが一枚一枚見つかっていく過程は、果たしてどんな子の手に?とワクワク!
それを獲得した子供と親の嫌味なインタビュー、さもありなんと納得。

そして最後の一枚はチャーリーがGET!!
でも拾ったお金なんですけど・・・
チャーリーの家族も、お金の出所に関しては触れていませんでした。
まぁ、あんなに貧乏なんだから神様も目をつぶってくれたのかな。

ウオンカ氏の登場シーンがシュール。
可愛くない「イッツ・ア・スモールワールド」見てみたい。燃えちゃった!

工場内も奇妙奇天烈! 見事なティム・バートンの世界。
これでもかというウンパ・ルンパの歌と踊りの繰り返しには 踊るマハラジャ を連想しちゃった。

リスくんたちも可愛い働き者だった。
お伽話にふさわしく悪い子は一人また一人と消えて行く。

そのたびに歌と踊り。
ヘンなものを見てしまった。頭の中に残って困る。(笑)

この辺から繰り返しで、ちょっと飽きて来た。

夢の工場から現実に戻らないといけないし。
空飛ぶシースルーエレベーターには乗ってみたいけど。

あとは家族愛でまとめてしまいました。

観終わった後は、ぅ---ん、もうひとつ、どこか違うなぁ・・・・・・と。

他の人の記事で読んだのですが、<中途半端にある道徳的な臭い>  きっとこれだ!

人にとって一番大切なものは
当たり前すぎて詰まらない結末だった。

それなら別にこの映画でなくてもいいのにね。
こういう話の持っていき方では、感動出来ない感性になってしまったのかな。
いったい私は何を期待して観に行ったのだろう?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 邦画「放浪記」(BS11) :... | トップ | 女王の教室 #11 :教室でのや... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
チョコレート (kossy)
2005-09-12 11:41:52
背景色もチョコレート色。

食欲をそそられるテンプレートですね。

ウンパルンパはお口に合いませんでした?

確かに変なモノですよね~(笑)
甘・辛両党です。 (アイリス)
2005-09-12 20:06:42
ショコラ、チョコレートの方が好みかなぁ。

ファンタジーやSFも大好きなのですが・・・

昼食はエスニック料理のバイキングで満腹状態に。

そのあとの鑑賞だったので、味わい切れなかったかも。

TBありがとう (ROMman)
2005-09-15 02:58:26
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/09/13/charliechocolate.html

ジョニー・デップ主演「チャーリーとチョコレート工場」のスクリーンセーバー

こんなモノもありましたのでどうぞー。
チョコレートは常備品。 (アイリス)
2005-09-17 16:22:22
スクリーンセイバーでもウンパルンパの登場場面、多いですね。もう食傷気味~~~

秋の新商品のチョコレートには、つい手が伸びてしまいますが・・・

コメントありがとうございました (ろーそ)
2005-09-18 01:06:55
私もあのオチには、拍子抜けしてしまいました。

原作を知らんので何とも言えませんが・・・やりたい放題やった割にほのぼのでしたね。それがファンタジーなんでしょうか。
ですよね。 (アイリス)
2005-09-18 23:19:54
チャーリーの一家をチョコレート工場に移住させて、自分の家族を得たつもりになってはいけませんよ。

本当の家族は、苦労してでも自分で作らないと・・・
会わなかったみたいですね (jamsession123go)
2005-09-19 07:25:14
ティム・バートンの映画は、合う合わないがあるので、あまり気にすることはないと思いますよ。

ぅーん・・・・・・ (アイリス)
2005-09-20 22:07:55
バットマンのダークな世界は好きなのですが・・・

ペンギンやキャット・ウーマンのような哀しいサガを背負わされてるキャラには凄く魅かれます。

ウンパルンパには付いていけなかったからですかね?
主役はウンパルンパ! (さるお)
2005-09-20 23:42:32
さるおです。



> そうか・・・主役はウンパルンパだったのですね。



もちろんだぞ(笑)。

さるおの記事ではディープ・ロイを筆頭に紹介しちゃったよー。



> くどくて、しつこくて途中から食傷気味でした。



それはそれでわかる気がする(笑)。ウンパ・ルンパもそうだしさ、"チョコレート食べたくならなかった"っていう人多いみたいだもんね。

さるおは食べて帰ったよー、ずっしりでっかい生チョコケーキ(^^)v
主役の座、、、 (アイリス)
2005-09-21 17:39:36
ウンパ・ルンパの毒気に当てられて虜になってしまった人が続出のようですね。

チャーリーは印象が薄くなってしまって・・・

普通に良い子だったからかな?
Unknown (ルーピーQ)
2005-09-21 23:21:06
TB返し&コメント有難うございます。^^

この映画は好き嫌いが分かれるかと思っていたのですが、思いのほか高評価の方が多くてビックリしています(笑)

ウンパ・ルンパの歌と踊りは、確かにくどかったかもしれませんね~。^^:
コメントありがとうございます。 (アイリス)
2005-09-22 13:44:06
本当にこの映画、スゴイ盛り上がりですね。

オリジナル・サウンドトラックです。

http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=3215

19の「Wonka's Welcome Song」を聞くと、自然に体が左右に動いてしまいますw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
チャーリーとチョコレート工場 (ネタバレ映画館)
 いきなりジョニー・デップの右手がハサミになってる・・・初っ端から『シザーハンズ』のセルフオマージュで攻めてきた!  甘いチョコレート。肥満、高血圧、糖尿病、鼻血・・・かつては様々な病気の原因になるようなイメージしかなかったのだが、カカオがポリフェノール
チャーリーとチョコレート工場 (Akira\'s VOICE)
ワクワクする幕開けから,ほろっとくる最後まで楽しさ全開!
チャーリーとチョコレート工場 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
いよいよ見て来ましたょぉ (Whaddya say?)
夏休みから原作本を読んで、ずっと楽しみにしていたこの映画!チャーリーとチョコレート工場★小学校6年生の3女と一緒に見ました。 私はティム.バートン監督はかなり好きな監督です。それゆえ期待もしておりました。 たぶんティム・バートン作品は9割以上は見て来たと思い
チャーリーとチョコレート工場観たよ (わにわにしちょし)
本日は、メゾン・ド・ヒミコとチャーリーとチョコレート工場観てきました。就活も夜バイトもこなして映画2本も観れたなんて自分を褒めてあげたい。 まずはチョコレート工場の感想
『チャーリーとチョコレート工場』を観た! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
2005年9月14日 『チャーリーとチョコレート工場』 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY ★さあ、世界一オカシな工場見学へ!★ 2005年9月10日工場大公開 2005年/アメリカ/カラー 上映時間/115分 配給:ワーナーブラザース イマジネーシ
映画鑑賞感想文『チャーリーとチョコレート工場』 (さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー)
さるおです。 世界一オカシな工場見学へ行ってきたよ。『CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY/チャーリーとチョコレート工場』を観てきた。 Holy buckets! おもしろかったー! 監督はティム・バートン(Tim Burton)。 音楽はダニー・エルフマン(Danny Elfman)。 原作はロアル.
「チャーリーとチョコレート工場」@ヤクルトホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
「台風11号さま」が東京に遊びに来ちゃった為(来なくていいのに…)チャーリーとチョコレート工場を見に行くのを断念!って事があったのよ。あとから、あとから後悔が押し寄せてきて…このくらいの天気なら全然見に行けたじゃん!…←けど、後の祭り…仕切りなおしで今日や
映画のご紹介(35) チャーリーとチョコレート工場 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(35) チャーリーとチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場を観た。 ティム・バートンとジョニー・ディップと聞けば、どんな映画になるのだろう、と観る前から興味津々だ。 jams
痛快なブラックファンタジー◆『チャーリーとチョコレート工場』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月16日(金)TOHOシネマズ木曽川にて チャーリー(フレディー・ハイモア)は、貧しいながらも暖かい家族に囲まれて暮らす少年で、彼の憧れは、ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が経営する世界一のチョコレート工場。昔、祖父がその工場に勤めていたが、内部にスパ
「チャーリーとチョコレート工場」★★★★☆☆ (晴れ、ときどき 三匹と一緒。)
監督:ティム・バートン 脚本:ジョン・オーガスト 出演:ジョニー・デップ    パケット・フレディー    ・ハイモア    デイビット・ケリー    ディープ・ロイ ※この感想は、ネタバレ的要素を含んでいます。 ウオンカ製の板チョコに入ってる“.
■チャーリーとチョコレート工場 (ルーピーQの活動日記)
 両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー(フレディ・ハイモア)。彼の楽しみは、年に一度、誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレートだ。世界中で爆発的な売り上げを記録しているウォンカのチョコレートだが、実は誰も工場に人.
チャーリーとチョコレート工場 (王様の耳はロバのママ)
甘くてしょっぱいストーリーでした。 あのね、子ども向けだけではない なかなか大人も楽しめる内容でしたよ。 一見の価値アリ。★★★ 見てきましたよ リベンジですよ 10日は仕事が直前に入るという アクシデントがあったからね。 しかし、デップ様は全然...
『チャーリーとチョコレート工場』 ☆☆☆☆★ (映画VS名古屋)
さすがティム・バートン!見る前はちょっと舐めてました。 『チャーリーとチョコレート工場』 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴッド・ケリー    ヘレナ・ボナム・カーター、ディープ・ロイ 「シザーハンズ」「エド・ウッド」「
チャーリーとチョコレート工場 (お気楽極楽ブログ)
「チャーリーとチョコレート工場」なんて、タイトルからすれば子どもだましかと、、、 ジョニー・デップが10年ぶりに来日するほどの内容かと、、、 かなり疑っていたが、これが驚くなかれ、大爆笑の傑作、快作の...
ウォンカの視点で観てみる◆チャーリーとチョコレート工場(DLP吹替版) (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
10月8日(土) XYZシネマズ蘇我にて 2回目なので、今度はウィリー・ウォンカの視点でこの作品を観てみることにした。(注・完全に、ネタばれモードで書きます) ねたバレなしの1回目鑑賞の感想はこちら。 DLP吹替版で観た感想についてはこちら。 ウィリー・ウォンカ
チャーリーとチョコレート工場 (きまぐれ日記)
貧しくも幸福に暮らす、チャーリー少年一家。彼らのあばら家のそばに、世界で最も有名で謎めいている、ウォンカのチョコレート工場があった。ある日、15年間極秘とされていた工場の内部が公開されるというニュースが世界を駆け巡る。ウォンカ製のチョコに入った幸運のゴール.
【映画】チャーリーとチョコレート工場 ジョニー・デップ フレディ・ハイモア 主演 ティム・バートン監督 (映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK)
チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
コレも10月には観ていました。 感想あげるのが遅すぎです。自分。 お菓子好き。、特にチョコレート大好きな、私。 このタイトルだけでも「美味しそう!」(面白そうじゃないのかよ)と、 惹かれるものがあります(笑 というわけで、きっとスゴクスウィートで美味し...
【外国映画】チャーリーとチョコレート工場 ジョニー・デップ  ロアルド・ダール ティム・バートン (あるある人気アイテム紹介隊)
監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップの4度目の顔合わせは、ロアルド・ダール
チャーリーとチョコレート工場 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:チャーリーとチョコレート工場 制作:2005年・アメリカ/イギリス 監督:ティム・バートン 出演:フレディ・ハイモア、ジョニー・デップ、デイビット・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、ノア・テイラー、ミッシー・パイル、ジェームズ・フォック...