日本語おもしろ発見

日々の生活から

思い出した^^ ひとつひよこが~

2017-05-17 09:49:12 | 日記

先日,某研究会で,韓国の昔話で数をおり込んだ歌を翻訳する機会があって,そういえば,昔,数を入れたわらべ歌のようなものを気に入って,よく歌っていたなあと思ったのですが,どうしても思い出せず,ブログにも書けなかったのですが,今朝,ふと3時ごろ目覚めて,10までですが,記憶がよみがえってきました。正しく覚えているのかどうかはわかりませんが,とりあえず書いて置こうとおもいます。

せっせっせーのよいよいよい

一つ ひよこが豆をつぶして たいのこたいのこ

二つ ふな漕ぎ 船頭さんで(orが?) たいのこたいのこ

三つ 店やの 番頭さんで(orが?) たいのこたいのこ

四つ 横浜 別嬪さんで(orが?) たいのこたいのこ

五つ 医者には 薬瓶で たいのこたいのこ

六つ 昔は ちょんまげ時代で たいのこたいのこ

七つ 泣き虫 蜂にさされて たいのこたいのこ

八つ 山には お月さまで たいのこたいのこ

九つ 乞食が お椀持って たいのこたいのこ

十は 殿さま 馬から落ちて たいのこたいのこ

11からもあるのですが,まだところどころしか思い出せないので,また記憶がよみがえるのを待ちます。

繰り返しのリズムと,薬瓶や,ちょんまげを手でかたどったり,お椀を持つ様子などジェスチャーで示したりするのが楽しく,また,これだけ長い間歌って,最後はじゃんけんをするだけというのも面白く,よく友達や妹と遊んでいました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「チャージ」「積み増し」「... | トップ | 「トムヤンクン」とは誰・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。