市川稔の米(マイ)情報

市川稔が感じたこと、想うことを随時更新します。米の生産、流通、消費、行政など。
グルメ、クルマも。

高速道制限速度120kmへ(試験)

2016年10月12日 05時03分27秒 | Weblog
日本の高速道路。


小生、常々不満に思っていました。


東名高速道路、東京インターから厚木インターまで開通したのは昭和43年だったかな?

小生が普通免許取ったのは昭和48年2月だった。


総距離35km、NEXCO中日本のHPによると所要時間は21分となっている。

ちなみに、ETCカードでの料金は1280円。

時間帯による通勤割引はない。


速度100km 35km 21分

速度120km 35km 18分

速度150km 35km 14分


若い頃、15分くらいで走るのが普通だった(笑)


この区間は制限速度100kmだが、80kmのところかなりありますね。


小生、運転免許もらって昨年初めてゴールド免許になった。


この10年でスピード違反で捕まったのは2回。

二回とも、産地まわりをしていて磐越道でパトカーに追跡され速度超過だと。

福島⇔新潟の自動車道だ。片側1車線の区間もある。

あの道路は危険(笑)

どこかにパトカー隠れているとしか思えない(^^)/


ガラガラの高速道路を80kmで走れというのが無理。


東名高速道路が厚木まで開通したのは48年前です。

その時代の乗用車の性能と現代のクルマの性能を比較するまでもなく。


著しい進化でありまして。


その時代の制限速度と同じというのは合点がいかない。


ヨーロッパの国々は130kmのところが多い。

有名なアウトバーンは速度無制限のところがあります。

小生もレンタカーを運転して走行しました。


横を200kmオーバーのクルマが通り過ぎて行く。


追い越し車線をノロノロ走るおかしなヤツはほとんど見なかった。


日本人は総じて運転が下手くそ。


だけど、80kmや100kmは普通に辛い(と思う)



ようやく、ようやくだけど、新東名と東北道の一部の区間で制限速度上げるそうだ。


まずは、110kmして慣らして、問題なければ120kmにするとか。


頼むぜよ、早くして(笑)




産経新聞


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変わりゆく街並み | トップ | スマホ、老眼対策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。