市川稔の米(マイ)情報

市川稔が感じたこと、想うことを随時更新します。米の生産、流通、消費、行政など。
グルメ、クルマも。

マーケットの変化を読む

2017年06月14日 05時21分28秒 | Weblog
市場が消滅することも書きました。

コンパクトデジカメなどその典型。

世界シェアを日本の企業がほぼ独占していましたが、スマホの性能向上などにより市場そのものがほぼ消滅した。

コピー機、FAX機の業界もその変化対応に苦しんでいます。

富士ゼロックス、リコーは業界大手です。

世界のマーケット、日本のマーケット。

コピー機、国内では、東芝、シャープが捨て身の安売り攻勢を仕掛けた影響で単価が大幅下落。

マシンの代金と、チャージと呼ばれる使用料で採算を取っていた。

「ジレットモデル」という呼び方があります。

髭剃りのあのジレットです。

本体は安く販売し、替え刃を販売して行くモデル。

替え刃がすごく高価。

小生もその戦略にまんまと嵌っているいる一人です(笑)


コピー機も、チャージ代金で利益を上げる方式。

コピー紙は価格だけで選ばれるから利益は出せない。

(アスクルはコピー用紙国内シェアトップ。)

コピー機使う度にチャージ料が加算されればビジネスモデルとしておいしいものだった。


東芝やシャープは会社の採算悪化で安値で販売し市場そのものを壊したと言われています。


富士ゼロックスは富士フイルムホールディングス傘下ですが、独立性が高くホールディングスはあまり口出ししなかった。


海外子会社ですが、事件が発生。

巨額の特損を計上しなければならない。

こういう問題は、ここだけではなく、全社的なことだと推測されます。


富士ゼロックス不適切会計 背景に売上高至上主義



子会社の不適切会計というより、マーケットそのものの変化が大きな要因だと思う。


名門企業である「リコー」も苦しんでいます。


NEWSまとめもりー


ファイルの電子化が進み、紙での保存は急速に少なくなっている。


マーケットそのものが変わっているのです


自分の業界に置き換えて考えてみましょう。



気が付かないうちに少しづつ・・・



景気のせいにしていてはその変化が気づかない。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飲食店の変貌 | トップ | 日本は20世紀? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。