市川稔の米(マイ)情報

市川稔が感じたこと、想うことを随時更新します。米の生産、流通、消費、行政など。
グルメ、クルマも。

レベルかラベルか知らないが

2017年06月16日 05時07分37秒 | Weblog
野党とマスコミはとにかく反対らしい。


参議院、朝まで国会やってた。


内閣不信任案なんか出したところで何も出来ないのに。


法案名がちゃんとあるのに「共謀罪」と言って煽る。


組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案


テレビ、ワイドショーやニュース番組もひどいと思う。


反対することが正義みたいな。


強行採決、数の力で押し切ったことはよく覚えておいて、次の選挙の時に意思表示しようなどと平然と言っていた。

強行採決って何?

与野党合意でなければならない?

意見が異なれば採決するのは当然だ。


野党のレベルが低すぎる。


議論は、冷静に、論理的に、十分調査研究してから質問してもらいたい。


大きな声、声を荒げる、興奮して喋る・・・


参議院は良識の府などと・・・


今のように、衆議院と同じ、政党政治なら要らないね。

政党によって数が読めるなら採決はする前から分かるわけだし。

衆議院選挙に出れないから参議院という人も多いし。


怪文書だかなんだか知らないが。


総理のお友達がオーナーの学園だからとか。


そんな、見え透いたことやるわけないでしょ。


文科省の中でのメールのやりとりにあった文章だとかなんとか。


それだからどこに問題がるのか?

法律違反はどの部分なのか?


ただ、政権を弱体化したいだけではないのか。


自民党の中には、安倍政権がまだまだ続くと次の人の出る幕が無くなると危惧している人もいるようで。


政権とは「権力」であります。

いろんな駆け引きがあるのは当然のこと。



加計学園問題は政権をひっくり返すことにはならない。


前愛媛県知事のインタービューは痛快。



産經ニュース


もう一本


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本は20世紀? | トップ | ルマン24&全米オープンゴルフ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。