市川稔の米(マイ)情報

市川稔が感じたこと、想うことを随時更新します。米の生産、流通、消費、行政など。
グルメ、クルマも。

変わりゆく街並み

2016年10月11日 04時54分41秒 | Weblog
先日(10月5日)の当ブログで少し触れましたが、小売の現場では大変なことが起きています。

総合スーパーは業態そのものが成り立たなくなり、どうやって閉店するかという段階になっています。

地方の駅前に立地している店も多く、その大型店が閉店すると街全体が沈んでしまう雰囲気になる。

百貨店も同様で、地方百貨店は閉店ラッシュという様相になっています。

百貨店は都心、郊外、地方と分かれますが、地方百貨店はすでにそういう状況になり、

現在は郊外百貨店が閉店の対象になっています。


怒涛の閉店ラッシュ


個人消費が伸びない。


お金を使う先が変わっている。


ECに食われている。


いろいろ要因ありますが、税金、社会保険に持っていかれるパーセンテージが大きいことも要因のひとつだと思う。

給料増えてる人少ないからね。

給与所得者の場合、社会保険料どんどん上がり、9月分よりとうとう18,182%になりました。

2017年には18,3%になります。

この10年でおよそ5%上昇しました。

保険料は労使折半なので、9月分より個人負担9,091%になりました。

会社負担も同率ですからすごく重たい負担です。


どうなっているの? 年金保険料



これとは別に健康保険があります。これもすごい金額です。



日本の場合、個人では、所得税、消費税、社会保険料があり、これを合算するとかなりの負担になります。

社会保険、税金と同じだからね。


電気代の値上げも事実上税負担と同じ。


東日本大震災以降、再生エネルギーとか、いろんな方策で電気料金の一部として値上げされています。

バカな、太陽光発電とかに補助金出して、高く買い取るという政策をやったツケがまわってきている。
発電量のたった数%でこれだから。

(電気料金明細書をよく確認してみてください)




そんな中、小売業である店舗も熾烈な競争の中必死にやっています。


ローカル情報ですが、小生の会社がある町田の状況。


弊社でも、小売店舗は町田市内だけに集中しているので影響もあり関心も高い。


閉店情報 駅周辺

弊社の店がある、小田急線町田駅改札階(2階)にある、小田急百貨店町田店「ぷらっとテラス」という売場が10月18日で全部閉鎖されます。

昨年3月新規開店した売場なので1年半の命でありました。

弊社の「おむベジきゅうさん」は売上も伸びてきていたので残念です。


売り方は若干変わりますが、小田急百貨店町田店の地下1階食品売り場に11月に移設、開店します。

「おむすびきゅうさん小田急百貨店町田店」となります。


どんどん変わる店舗。


開店もあり閉店もあり。


今のところ、町田中心街は1階の空き店舗はほとんどありません。

撤退した跡にすぐに次の挑戦者が現れるからです。

挑戦者がいなければシャッター街になってしまいます。


厳しい、厳しい競争ですが、それが街を活性化させています。



これが現実です。


みなさんの街もいろいろなことが起きていると思います。




変わりゆく町田の街並み




追伸
こういう自由競争はどう思われますか?
日本は規制がきつい業種とそうでないものが極端です。
既得権を強化すればその産業は衰退します。
自由競争はレッドオーシャンの世界です。
しかし、顧客からみればより良い商品、より良いサービスになります。

築地移転問題、豊洲新市場の問題。
自由市場ではないのです。
卸売市場そのものが時代遅れなのです。
まして、官製市場ですからね。
誰も責任を取らない仕組み。
そもそも、ガス工場の跡地に生鮮品の市場作るということが間違っている。
そこには黒い動きがあったと考えるのが普通でしょう。






※横浜DaNAベイスターズやりましたね。強いとファンはあつまる(単純)東京ドームがかなり青かった。
小生のまわりにもベイファンいます。久しぶりのAクラスだもんねぇ。
それと、アンチGとしても喜ぶという不思議さ。
プロ野球、シーズン中は手抜きプレーもあるね。
クライマックスとか日本シリーズとか真剣にやるので面白い。
プロ選手は魅せるプレーでなんぼだからね。

タイガースファンの小生は今年も泣いています。(笑)








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝日数に異議申す | トップ | 高速道制限速度120kmへ(試... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。