市川稔の米(マイ)情報

市川稔が感じたこと、想うことを随時更新します。米の生産、流通、消費、行政など。
グルメ、クルマも。

内輪揉めしている場合ではない

2017年07月31日 05時02分25秒 | Weblog
安倍内閣の目玉大臣でもあった稲田防衛大臣が辞任しました。


防衛大臣として適性であったかどうかは(?)の印象持っている人多いのでは。


日報隠したのは官僚であって大臣ではない。


結局、監督責任取って辞任、官僚トップも揃って辞任。



防衛大臣は外務大臣が兼務。


こんな時にミサイル飛んできたらどうするの?



飛んで来ました!


日本は北に完全になめられています。


100%反撃してこないことがわかっているから。


NHKのカメラに写っています。


NHK NEWS WEB



どれだけ、近いか分かります。


こちらをご覧ください。


ちょいとずれていたら北海道の地上を直撃。


おいおい、



内輪揉めしている場合ではないでしょ



M学園とかK学園のつまらないことで国会をやるなよ。


国民の生命財産を守るのが国の基本的役割なのだから。




日本国憲法第9条は、第1項で「戦争の放棄」、第2項で「戦力の不保持」と「交戦権の否認」を定めている。


解説


日本国は、戦争はしない、戦力持たない、交戦権否認。


だけど、自衛隊という軍隊があり、日本全土にアメリカ軍が基地を持って睨みを効かせている。



強盗が家に侵入してきたら夫婦喧嘩していられないでしょ。



だけど、日本国憲法では強盗を攻撃出来ない。


自衛の手段という定義だ。


憲法を変えるのは当然だと小生は思う。



まさに日本は「カエルの楽園」状態になっています。

カエルの楽園 楽天レビュー





防衛大臣は専門職の意味合い大きい。


文民統制だが、専門知識と胆力を備えた人物でなければ務まらない。



内輪揉めしている場合ではないでしょ!




考察














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀行も変わる | トップ | M&Aの時代 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。