プラモ生活

プラモの写真をのせようかと。

行ってきました!伝説の『からほり商店街』

2017-06-28 21:47:57 | 日記

本日はプラモとは少し離れたお話です。

先日、大阪への出張があり、

昼間に少し時間が出来ました。

 

大阪には若い頃、一年過ごしましたが

ほとんど縁がありません。

が、一度行ってみたい所がありました。

 

【からほり商店街入り口】

地下鉄『松屋町』駅近くにあります、

『空堀商店街』です。

最近は、おしゃれなカフェや

スイーツのお店が増えた様ですが、

コテコテの大阪のイメージです。

名前の由来は、大阪冬の陣で南側の

大堀を埋立てられたからだそうです。 

(へぇ~。 ほんまかいなぁ。)

  /(・。・)

 

プリンセストヨトミの舞台で

有名になった商店街です。

 

【商店街アーケード】

結構長い通りで、『武蔵小山商店街』に

ちょっと似た感じでした。(少し坂道です。)

 

【それっぽい御好み焼屋さん】

アーケード脇の路地に雰囲気のある

御好み焼屋さん発見!

ちょうど昼だったので、覗いてみましたが

かなり高齢の女将さんらしき

ばあちゃんに、定休日と告げられました。

 

【アーケード中間くらい】

それから少し進むと、大きな通りと

交差(たぶん谷町筋)、

まだまだ続きそうです。

 

【―トヨトミのモデル店】

通りをかなり進んだところで、

お好み焼屋さんをまた発見、

こちらが、小説の主人公の父親が

やっていたお店のモデルとの事でした。

(映画では、中井貴一がお好み

焼いてました。)

 

残念なことにここはお昼は

開店してませんでした。

 

【商店街東ハズレのよう】

このへんで終わりのようです。

 

写真映像はありませんが、

この間に、そのほか2~3件の

お好み焼屋を通りましたが、

どちらも昼間は閉店でした。

 

その中に、私の憧れのヒーローも

通ったといわれる

『冨紗家』さんもありましたが、

そちらも昼は閉まってました。

〈2012.7.22付ご参照ブログ)

http://blog.goo.ne.jp/iranihsoy/e/3a30d19e19b6dfdc63578b81c942d71a

 

突然PCの調子がわるくなりました。

続きは次回に。

(つづく)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『’72 SKYLINE 2000GT-X 4Dr』(完成偏)

2017-06-14 21:13:48 | Skyline

本日は、ようやく完成しました

ヨンメリ スカイラインの完成カットを

掲載いたします。

 

【SKYLINE(C110型)4Door Sedan

1/24 アリイ製】

何度も述べますが、このアリイ製の

車体形状は本当にケンメリセダンの

美しさを見事に再現しています。

 

【Front View】

 

 

【Rear View】

 

今年で誕生60年となるスカイラインの中で

もっとも生産台数が多かったC110型です。

ケンメリは2ドアハードトップが主役の感が

ありましたが、このセダンは、

先代“ハコスカ”の硬派イメージに優美さを

融合させた、日本車史上に残る

指折りの名車に違いありません。

 

では、最後にベストショットを。

【’72 SKYLINE 2000GT-X 4Dr】

昨年の静岡ホビーショー以来からの

念願の一台が出来ました。

(2016/6/22付当ブログご参照)

http://blog.goo.ne.jp/iranihsoy/e/957b74d044620dc2de67b2067bd971a0

 

(つづく)

 

《次回予告》

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

『’72 SKYLINE 2000GT-X 4Dr』(製作復活偏2)

2017-06-11 16:41:46 | Skyline

ようやく一年越しの本作品を完成させます。

 

先ずは、フロントグリルとリアパネルを

仕上げます。

【フロント、リアパーツ塗装】

先日、六本木見学した実車の写真を

見ながら、色合いを再現しました。

 

つづいて墨入れ作業で、

両リアフェンダーのエンブレム文字を

塗装します。

【リアサイドのエンブレム】

きれいに“Skyline”と“GT”の文字が

成型出しされているので

思惑通り、墨入れだけでも

十分クッキリします。

 

【車体艶出し】

車体の艶出しは本来、研ぎ出しの

重ね作業となりますが、

今回、シルバーのスプレー塗装が

比較的きれいに出来たので、

研ぎ出しは止めて、タミヤのワックス剤を

活用することにしました。

横着してすみません。 /( ̄。 ̄;)

 

【車体塗装作業完了】

車体の墨入れ、塗装、艶出し作業が

完了しました。

 

【完成!!】

付属パーツの取り付けと

車体・車台を組み合わせて、遂に完成。 

長かったー V(^。^;)

 

いくつか部品の収まりが悪いキットですが、

車体のプロポーションは抜群です。

次回は完成カットを掲載します。

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(番外編)『2017年静岡ホビーショー』だより(後偏)

2017-06-07 19:37:28 | 旅行

本日は、『2017年静岡ホビーショー』の

モデル作品展の中から、独断と偏見で

何点かご紹介いたします。

(作者の皆様のご許可も頂かず恐縮ですが、

模型仲間のハシクレに免じて

お許しください。)

 

【海外からもご参加】

会場入り口付近に、海外の方が

いらっしゃいました。

欧米でも模型造りは根強いファンが

いるようです。

 

【仏像模型】

巨大な仏様が会場を

見下ろされていました。

(とうとう模型ジャンルもここまで来たか。

凄すぎて、罰が当らんか・・・。)  

/( ̄。 ̄;)

【海自護衛艦】

いずも? かが?

83番は『かが』のようです。

でかくて圧巻です。

すべてオリジナルで

つくられたのでしょうねぇ。

カッコイイです。

 

【救助ヘリ?】

作者の方の詳細コメントを

よく観なかったのですが、

今回の作品展で個人的に

一番好きな作品でした。

迫力ありました。

 

【熊本城】

今復興中の熊本城ですが、

この作品をみても、いかに

お城の修復が難しいものかが

理解できます。

 

【海軍駆逐艦 島風】

これは多分1/350と思いますが、

艦尾の水兵が生き生きと

再現されています。

 

【戦闘機コックピット】

こういう作品も観ていて

惚れ惚れします。

 

【ノルマンディー上陸作戦】

これは同じクラブの方々6人が

半年架けて作られたものとの事です。

共同作業での大作造りは、

作者の方々にとって、素敵な憩いの

お時間なのでしょう。 /(^。^)

 

【SWの一場面】

いい作品です。

 

【火災現場】

ほんとに出火しているようでした。

オミゴトです。

 

 

【クラブ風景】

一緒に一杯やりたいです。

 

【バイクモデル】

こういう渋いインテリアになる作品を

いつかは造れるようになりたいです。

 

【妖怪ウォッチ】

ジバニャン、怖い~。

 

【ケンメリ】

あぁ、造りたかったー。

 

【酒屋さん】

どちらかに今も現存されている

酒屋さんのジオラマです。

こちらも作者の方のこだわりの結晶を

拝見させて頂きました。

 

【舞妓はんと車夫】

最後にご紹介するのがこちら。

なんとも風情のある作品です。

小説の一コマのようです。

ウットリしました。

 

参加クラブのどれもが見ごたえ有り

力作ばかりでした。

皆様、大切な作品の公開

ありがとうございました。

 

【閉会】

こうして、今年も『静岡ホビーショー』を

満喫させて頂きました。

また来年よろしくお願い致します。

 

(追伸)

【ろうがんず杯2017】

今年も開催されます。

 

次回は『ヨンメリ』製作偏に戻ります。

(つづく) 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

(番外編)『2017年静岡ホビーショー』だより(中編)

2017-06-04 02:22:05 | 旅行

前回より引き続き『静岡ホビーショー』の

報告をお送りいたします。

 

今年の私個人的な最大の関心事は

《アオシマ》のこのシリーズです。

【スカイライン2000GTX-ES】

以前、このブログでも紹介しました

そう、ケンメリの後期型です。

(2012年12月31日付 当ブログご参照)

http://blog.goo.ne.jp/iranihsoy/e/68f92ecb39a4e2b65171f1b2c0ee1bcb

かつて、バンダイより1/20スケールで

モデル化されていましたが、

ついにアオシマよりリリースされます。

 

【フロント・リアグリルパーツ】

待ちに待った新規パーツです。

 

【純正アルミホイールパーツ】

このパーツは現マイクロエース社の

ジャパン後期型パトカーモデルにあり

入手は可能ですが、やはり

ケンメリ後期型キットには

欠かせないパーツであり、

こちらもうれしい限りです。

 

【ジャパン前期方型リニューアルモデル】

こちらは既に発売されて久しい

ジャパン丸目前期型ですが、以下の

パーツが新規金型によるリニューアル

との事です。

【ジャパン前期型フロント・リアパーツ】

こちらはそれほど大きな違いはないようが、

発売後は先ずは押さえておくつもりです。

 

またケンメリ前期型も、リニューアル発売

されるようです。

【おなじみケンメリハードトップ前期型】

 

【只今当ブログで製作中のヨンメリ・アオシマ版】

 

スカイライン誕生60周年記念の年なので、

スカイラインモデルのほとんどを

リリースしている《アオシマ》ならではの

ニクイ商品企画です。

 

このスカイライン展示品を見ることができ、

今回の7割は目的を達成した感があります。

が、折角ですので他のブースも見てきました。

以下、アトランダムにご紹介します。

 

【NISSAN GT-R】

アオシマブースにはGT-Rの実車も

置かれていました。

 

【ピットロード社 南極観測隊シリーズ】

 

【タミヤブース ミニ四駆】

 

【タミヤブース スケールモデル】

今年のタミヤはタイレルと

ホンダ大型バイクです。

 

【和巧 紙創り ジオラマパーツ】

ジオラマ演出に欠かせなくなってきた

紙パーツです。

【BMW2002tii ハセガワブース】

最近になって、かつてのビーエム車の味が

分かって来ました。

ことらも押さえておきたい新商品です。

(このビーエムもかつてバンダイから

リリースされていたと思います。)

 

【BB8 バンダイブース】

スターウォーズシリーズよりこんなすごいのが

出てきました。

 

【再びアオシマ BMW M3 E30ツーリング】

今回、この新品をアオシマブース特売所で

購入しました。

結構パーツ数が多く、作るのに

決心が要ります。

 

ざっとの駆け足でしたが、

各社展示ブースの状況を

ご案内いたしました。

 

次回後編では、各地モデラーズクラブの

作品展をご紹介いたします。

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加