プラモ生活

プラモの写真をのせようかと。

2012年末、追伸。

2012-12-31 15:34:26 | 日記

仕事収めの28日、

旧山手通りを移動中に、

こちらの写真を撮影しました。

 

【TOYOTA2000GT】

 

11月21日付のブログでお話しました、

渋谷区の某トヨタディーラー店に、

再展示されていました。

奥には見えるのは86です。

(丁度、信号待ちで撮影成功!)

 V(^。^)

 

その同じ日に、今度は246号沿いで、

ケンメリクーペの後期型も目撃しました。

 

 

【SKYLINE2000GTX-ES】

この車です。(写真:ウィキペディアより)

35年以上前に製造されたものと思いますが、

スカイライン好きの私にとって、

上位にランクされる車です。

 

 

年の瀬に、貴重なビンテージカーを

見ることが出来て、

2012年もまずまずの一年でした。

来年も好みのものを

勝手気ままに作っていきます。

 

それでは皆さんよいお年を。

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パジェロ作りました。

2012-12-31 11:50:16 | 1/32シリーズ

前回予告しました“パジェロ”を作ってみました。

【キット内容】

昔TVでやっていた『ゴリラ』という

石原軍団の刑事ドラマの車両のようです。

(このドラマは全く知りません。スイマセン。)

ネットオークションで気まぐれで入札したら、

他の入札がなく、落札してしまいました。

 

【車体パーツ】

車体の整形は細部までよく再現されています。

 

【ほぼ出来上がり】

本来は、モーターで四駆走行できる遊べるキットです。

(オモチャのヨネザワとアオシマとの珍しいコラボ商品です。)

 

今回はそうしたパーツは使わず、ディスプレイとして作りました。

(ネット購入時、ジャンク扱いで説明図が無く、

モーター機構が複雑で作れなかったのが本音です。)

 

【完成カット】

これが今年のプラモ収めです。

しょぼい内容になりましたが、

来年はもっと腰を据えて、

大作に臨みたいと思います。

 

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“TOYOTA 2000GT”完成編。

2012-12-19 19:25:08 | 1/24シリーズ

完成した2000GTをご覧ください。

 

【side view】

 

【front view】

 

【inside view】

 

【rear view】

 

車体色のホワイトはオリジナルをそのまま使いましたが、

下手にスプレー塗装するよりも綺麗に作れたと思います。

手抜きですが・・・。 (^。^;)

 

最後にレアなカットを撮りました。

【open the retractable headlights 】

 

格納式ヘッドライトのパーツを使って、

前照灯をアップした状態を再現してみました。

 

2000GTを詳細に見たのは今回が初めてでしたが、

45年前にデザインされた車とは思えません。

現在では2,000万~3,000万円で取引されているようですが、

やはり国産車No.1のビンテージカーです。

 

それではまた。

(つづく)

 

【次回予告】

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

“TOYOTA 2000GT”制作完了。

2012-12-16 21:48:51 | 1/24シリーズ

長閑な日曜の午後を過ごしています。

 

さて、衆院選の投票も済ませたので、

組立て途中の2000GTを完成させます。 

【車体各パーツ取り付け】

フェンダーミラー、リアライト、

ナンバープレートをはじめ、

車体部のパーツの組立てを

済ませました。

 

【クリアパーツ取り付け】

フロント・リアガラス等のクリアパーツを

取り付けました。

この手のモデルに多い、

パーツのゆがみもなく、

開口枠とガラス部品が、

気持ちよくピッタリ収まります。

【フロントガラス部】

ただ、クリアパーツの整形は綺麗なのですが、

ガラス部品に濁りがあり、非常に残念です。

バリも多く、メーカーの金型新設が

そろそろ必要のようです。

 

【2000GT 完成!!】

車体と車台を組み合わせ出来上がり。

短い制作時間で、完成しました。

仕上がり内容は、粗いくてまあまあです。

 

次回は、完成カットの掲載です。

 

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“TOYOTA 2000GT”制作開始。

2012-12-09 18:04:16 | 1/24シリーズ

先週、アリイより交換部品が届きました。

【普通郵便にて】

こちらからは紛失防止のため、簡易書留で

送りましたが、特にその送料を負担してくれるでもなし、

封書に定例文と一緒に普通郵便で送られてきました。

企業姿勢が伺えます。まあいいけどね・・・。 (‐。‐)

 

さて、気分を変えて制作に掛かります。

【パーツ塗装】

インテリアを、黒中心につや有り・つや消し部に塗りわけました。

インパネは、ヤマハ仕上げの木製ウォールナット調に

木目を入れましたが、努力は殆ど報われなかったようです。

 

【タイヤパーツ】

純正のマグネシュウムホイールは、

光の加減で複雑な色調を現しますが、

今回は、周りをアルミシルバー、

中心を焼鉄色にしてみました。

いかがでしょうか。

 

【車台完成】

パーツ数も少なく、車台の組立てには

ほとんど時間が掛かりませんでした。

 

つづいて、車体の作成に入ります。

【車体作成中】

ドア開閉が出来るキットは、このスケールでは

最近見かけることが少なくなりました。

貴重なモデルです。

 

開閉部の接着養生が乾いたので、

車体と車台を仮組みしてみました。

【仮組み状況】

タイヤハウスの収まり具合もまずまず良好です。

 

窓枠のアルミシルバー塗料が滲み出ています。

次回は車体の塗装と仕上げを

慎重に進めたいと思います。

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加