チェロ弾きの哲学ノート

徒然に日々想い浮かんだ断片を書きます。

ブックハンター「世界を相手に商売を」

2017-04-03 10:07:55 | 独学

 131. 世界を相手に商売を  (ビィ・フォアード 山川博功  朝日新聞GLOBE2017年4月2日記事)

 今回紹介しますのは、副題を「中古車輸出で新興国へ、ネットと輸送網で次を見据える」で、Breakthrough(突破する力185)の欄にあったものです。

 私が紹介しますのは、現代のビジネスモデルとして、いくつかの注目すべき点があると思ったからです。

 その一つは、日本には、古いけどまだ働ける自動車の大きな供給力があり、アフリカの内陸部には、中古自動車でも欲しいという人が多くおり、そこに大きな需給ギャップが存在していた。

 その二つは、インターネット(特にスマホ)によって、日本国内に存在する中古車と、アフリカ内陸部のユーザーを直接結びつけたことです。

 その三には、日本にある中古車をアフリカ内陸部のユーザーに確実に、輸送する輸送網を創り上げたことです。そして自分の車が、日本のどこの港を出港し、商船三井の船に乗って、アフリカのどこの港に着いて、いつユーザーのもとに着くかをスマホで、見れるようにしたことです。

 これを実現するには、言語の問題、各国の貿易上の手続きの問題、多国籍の人々の雇用の問題、……が発生しますが、これも商売の醍醐味なのかもしれません。では私といっしょに読んでいきましょう。


 『 調布駅前のビル最上階にあるビィ・フォアードのオフィスには、耳慣れない言葉が飛び交う。スワヒリ語、チェワ語、ベンガル語……。アフリカをはじめ世界各地から電話で問い合わせがきて、社員が対応しているのだ。

 社員の2割にあたる約40人は外国人。操る言語は30に達する。世界126ヵ国・地域に日本の中古車を売っている。年間十数万台を輸出し、その大半は途上国向けだ。

 特にアフリカ諸国に強く、輸出全体の6割をしめる。フロアには、山川博功(ひろのり)(46)の社長室はない。全員の席が見渡せる場所に机と椅子があるが、その席にいる時間も少なく、ミーティング室とを行ったり来たりする。

 「社長室なんかで仕事ができるほうが不思議。みんなが見えていないと、アイデアが生れてこないじゃないですか」

 2004年の会社設立前から山川を知る東京商工リサーチの世古文哉(49)は、「設立当初は苦労していたが、日本車の質の高さと、厳しい車検制度でよい状態の車が多いことに着目し、今までになかったビジネスモデルを作りあげた」と評価する。

 これまで輸出される中古車は、いったんドバイなどに輸送して外国の業者に売り、そこからアフリカに運ばれていた。しかし、山川は、ネット販売で日本の中古車を世界中の顧客に安く、直接届ける仕組みを作りあげた。

 車を買いたい人は、同社のサイトで欲しい車を選ぶ。日本から各地の港に輸送された後は、提携する現地の業者が車を運ぶ。海外向けの中古車販売サイトは他にもあるが、港から先の陸送網まで整備し、顧客に届けるサービスを徹底させたところは他にない。 』


 『 学生時代から、「世界を相手に商売したい」と思っていた。しかし、希望していた商社には採用されず。車好きだったこともあり東京日産自動車販売へ。

 営業の成績は新人賞を取るほどだったが、学生時代から続けていた自動車レースの参加費用がかさみ、借金が800万円に。「返済が追いつかない」と思い、3年で会社を後にした。

 その後、運送業や宝石販売などを転々とした揚げ句、たどり着いたのが中古車ビジネスだった。中古車売買のカーワイズで働き始めた山川は、新車販売で培った営業力で一気に成績を伸ばす。

 1年後には借金を完済し、その半年後の1999年には「ワイズ山川」として独立した。ところが、02年から中古車の買い取りだけでなく輸出も始めたところ、困難に直面した。

 車を現地に送っても仲介者にだまされたり支払いがなされないなど、トラブル続きだった。出た損失はミヤンマーで2500万円、ニュージーランドで2億5000万円にのぼった。

 カーワイズの創業者で現在はグループ会社会長の山本泰詩(58)は、山川を見込んで独立資金も出資していたが、見かねて「もう輸出はやめた方がいいんじゃないか?」と声をかけた。

 だが、山川は「もう1年やらせてください」と粘った。「次に同じことをやらなきゃいい。失敗したんだから、改めればうまくいくだろって」

 危機を救ったのが、アフリカとの出会いと、インターネットだった。当時、日本からアフリカに向けた中古車輸出は主にパキスタン人が担っていた。

 パキスタン人脈を活用したビジネスのノウハウは知られておらず、日本人の間では「マフィアが絡んでいるんだろう」「車の骨組みに麻薬をしこんで密輸しているんだ」などとうわさされていた。

 山川は、親しくなったパキスタン出身者から、その市場が実はもうかることを聞きつけていたが、アフリカは「何が何だか想像がつかない世界」で、ちゅうちょしていた。

 06年、日本にあった国外向け中古販売のサイトに加盟し、車を載せ始めた。当初はスポーツカーを中心に扱っていたが、付き合いで引き取った、解体に回すような古い車を試しに乗せたところ、耳慣れない国から注文が入るようになった。

 ジンバブエ、ウガンダ……。どこだそれ? 1万円以下で仕入れた車が送料込みで17万~18万円で売れた。日本の中古車は走行距離が少なく、途上国ではまだまだ現役なのだ。

 スクラップが宝の山になる。学生時代に思い描いた「世界に向けた商売ができる」と身震いがした。代金支払いへの不安などから、中古車売買の業界ではアフリカを軽視する風潮もあったが、山川は社員に「電話にはすべて出ろ、メールはすぐに返信しろ」と徹底させた。

 信頼を勝ち得ると、評判が口コミやSNSで広がった。08年のリーマン・ショックは、日本の中古車市場にも及び、売買が冷え込んだ。だが山川は、アフリカには金融危機の影響が少ないことを見抜き、底値まで落ち込んだ中古車を、銀行から借り入れをして買いあさった。

 全国のオークション会場を回って一週間に一度しか家に帰らず、妻の百合子(44)にとがめられたこともあった。だが、「事業を自分でやってる以上は、普通のサラリーマンみたいに家に帰れない」と飛び回り続けた。

 08年に1314台だった輸出台数は、10年には10倍に伸び、危機をチャンスに変えた。東日本大震災のときも、競合するパキスタン人たちが国外に避難している間に、仕入れに全力を挙げた。

 新興のビィ・フォアードにとっては、仕入れた車を輸送する船の確保も課題だった。商船三井の山縣富士夫(55)は09年、知人を通じて山川から「九州から車を積めずに困っている」と相談を受け、福岡県の苅田港に200台納めるように打診した。

 約束した台数や車種を守らない中古車の荷主がいるなか、山川は納期までにきっちぃり納めてきた。「第一印象は怖い方かと思いましたが、前向きで勉強熱心。アフリカにも良く行き、現地の状況をよく知っていた」と山縣。今では商船三井は毎月1500台、ビィ・フォアードの車をアフリカに運ぶ。  』 


 『 山川に商売の厳しさを最初に教えたのは母慶子(68)だった。福岡県内で美容室を開き、今も働き続けている。週一日の休日にも講習にいき腕を磨く母の姿に、「働くとは、お金をもらってお客さんに納得してもらうとはどういうことかを学んだ」と山川。

 慶子も「あの子は他人にも自分にも厳しい。私に似ているかもしれない」と言う。山川はよく、「具体的にやったみることだよ」と口にする。妻百合子が好きな詩人、相田みつをの言葉にちなんだその言葉通り、社員のアイデアもよければ即座に採用し、任せる。

 モンゴル出身のポロルジャブ・ガルエルデネ(32)は入社してすぐに、モンゴル市場の開拓を提案。4年で0台から月間800台を輸出するまでに飛躍させた。事業の進め方や新しいサービスについて「社長に提案して断られたことはない」という。

 「世界中に「仕掛け」をちりばめている」と山川。アフリカ東部の未承認国家ソマリランドの現地紙に広告を出したこともある。

 いま仕掛けているのは、各国に広げた自動車の陸送網の活用だ。「目指すのは「新興国のAmazon」」と将来像を語る。車の部品や重機などから始め、さらに様々な商品を、日本から世界に送ろうともくろんでいる。 』


 この記事の中に直接記述されてませんが、中古車がアフリカの奥地で活躍しなければ、この会社は成り立ちません。この山川社長の中古車を見抜く、並々ならぬ経験と眼力によって、中古車が第二の人生をアフリカの大地で働いているからだと想像されます。 (第130回)


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブックハンター「C・Wニコ... | トップ | ブックハンターの目次Ⅱ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL