マッティーのぎりぎり日記

あー文才がない。小さい頃から本読んどけばよかったよ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラブレター

2005年08月16日 | Weblog
ほんとに締め切りぎりぎりですが送らさせて頂きます。

タイトル:ふぁーすといんぷれっしょん
名前  :マッティー
年齢  :25才
年齢  :小学生の初恋の相手

 「手あったかいね。」って握ってくれた時のなっちゃんの笑顔、今でも忘れないよ。女なんかと仲良くなんてするかよって、いきがって、かっこつけてたあの頃。僕に女の子を意識させたのはまさにあんた、そうあんただよ。なっちゃんと初めて話したのは5月の席替え。おめめがおっきくて声がかわいくて、人懐っこくて、なんというか、あーもうーー。あんたの一挙手一投足が気になるんだよ。これが噂の初恋ってやつ?恋なんてするやつは軟弱だーって思ってた自分がまさか、、。あの頃は信じたくなかったけど、今ならはっきり言える。なっちゃんが好きやった。給食のフルーツ白玉より好きやった。親戚の森高千里似のお姉ちゃんより好きやった。雨上がりの虹より好きやった。干したてのふかふかの布団より好きやった。物と比べちゃってごめんなー(笑)けど小学生ってそんなもんやったやん。とにかくあんたのふぁーすといんぷれっしょんは好き以外考えられんかった。
 冒頭で言ってるのはキャンプファイヤーの夜のこと。覚えてる?「手あったかいね」って言ってもらえてほんとうれしかったんよ。初めてお手てつないでなんだか少しだけ大人になったような気がした。また会って手にぎってもらえるかな?僕の手のあったかさ変わってないからさ!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんてったって音痴? | トップ | バイトしてえ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL