IPU International Students Blog

IPU環太平洋大学の留学生のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨 (Team てるてる坊主)

2016-08-04 22:26:57 | 日記
みなさん,こんにちは。
IPUは期末試験も終わり,夏休みに入りました。
今日は,留学生が作った動画を紹介したいと思います。
この動画は,留学生が企画した国際交流イベントの際に上映されたものです。
以下は,企画した留学生グループ「てるてる坊主」のメンバーによる紹介文です。


*****************

日本の梅雨は6月の初旬から7月の中旬まで続きます。

梅雨にはずっと続いている雨もにわか雨もたくさんあります。
雨が降ると、皆さんはどんな気持ちになりますか?
雨が降ったとき、嫌になる人もいますが、雨が好きな人もいるかもしれません。
しかし、雨をしみじみ眺めれば、雨の素晴らしさが感じられるでしょう。

雨粒の散り方は私の心に刻まれました。

スローモーションで弾ける雨粒がきれいでした。

雨の下にあらゆるものは生き生きとしていました。

雨をぼんやり眺めるたびに、なぜか悲しくなった時もあるし、
懐かしくなった時もあるし、うれしかった時もあります。

雨は線ではなく、点です。水色ではなく、七色です。

そして、雨のとき、だれかの純愛が自然に生まれるかもしれません。
雨の下で相手に偶然出会えるのはラブストーリーの始まりかもしれません。
雨の中で一緒に走ったり雨が止むのを待ったりしている瞬間に自分の心の声が聞こえますか?
そのあと、雨に長く降ってほしくなったり、
相手と一緒に傘の下を歩きたくなったりする気持ちがあるでしょうか?

そんなアイデアからこの動画をつくりました。楽しんでご覧ください。

動画"Together"
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外国人がよく買って帰るタイからのお土産(2年・ペミカ)

2016-07-29 09:12:11 | 日記
私たちが外国に遊びに行った時、私たちはよくそれらの国々のお土産を買う。
それらの国々の名物から選んで。
例えば、韓国に行った時はキムチを買う。
では外国人が私たちの国に遊びに来た時は、彼らは何を好んで買って帰るのだろうか。


1.ヤードム


外国人がタイに来た時、タイ人がよく何かを持って,においをかぐのを見かける。
そして外国人もそのにおいをかいでみたいと思うようだ。
においをかいだら好きになり、この種の製品はに信じられないほど人気が出てきた。
キングパワーデパートの中のヤードム売場で、
アジア人観光客が人だかりになって買うのをみることができる。
ちなみにキングパワーで売られているヤードムはかわいらしいパッケージがたくさんある。


2.グリコ プリッツ ラープ味


この味のプリッツはタイだけで売っている。
特に日本人はとても好み、タイに来るたびによく「プリッツラープ味」を箱で買って彼らの国に帰る。
これはタイ人が日本に行って抹茶キットカットを買って帰って来るのと同様だ。


3.ブーツ靴


タイでは1足あたりのブーツの販売価格は、とても安いとみなされている。
外国人観光客、特に若い女性が選んで買う店の場所は、チャトチャック公園である。


4.ドリアンチップス


外国人、とくに中国人はドリアンをとても好んで食べるが、
しかしもし生のドリアンを買って帰ったら、確実によくないだろう。
彼らが買って帰ることができる物は、ドリアンチップスのような加工ドリアンである。
食べやすく持ち運びにも便利である。


5.ベント 味付け燻製イカ


「DACO」のような日本について知りたい人のための雑誌からわかるのは、
ベントが観光客が買って帰るべきお土産品だということだ。
ベントがランクインしている理由は、辛い、美味しい、買いやすい、
そして値段がとても安いというものだ。
味見したことがある観光客は必ず買って帰るべきだと言うだろう。


6.バナナチップス


お土産にふさわしいきれいなパッケージであるほかに、
砂糖がうっすらとかかった薄いバナナチップスは、
しょっぱくてカリカリしていて甘くてこってりして全ての味が含まれている。
さらにこれらはタイのバナナから作られている。
タイの果物が好きな外国人はますます買って帰りたくなるだろう。


7.ブランドバッグ


タイのブランドバッグを売っているショップ「ナラヤ」の製品のように、
バッグは本当にタイらしさを語れるお土産製品だ。
なぜならひとつひとつが美しい生地のタイの布から作られていて、
誰とも同じでないデザインのものを買えるからだ。
これが、ナラヤというブランドの国際的な承認につながっている。
ナラヤに行って驚くことは、店内の客がほとんど全てタイ人ではないことだ。
ほとんどが中国人、台湾人、そして日本人であり、ヨーロッパの人も同様に好んでいる。

*******

いくつかの品物は、特に記念品になるように作られた物ではないけれども、
しかしこれらの品物は外国人にタイらしさをたやすく思い起こさせることができる。
それが独自性のある物であり、
タイの外ではどこにも見つけられないものだとはタイ人自身はおそらく気づいていないかもしれない。



<参考サイト>
http://www.painaidii.com/diary/diary-detail/001415/lang/th/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

THE YOUNG AMERICANS(1年・クイン チャン)

2016-07-25 07:41:05 | 日記
こんにちは。クインチャンと申します。ベトナムから来ました。

6月27日から3日間,IPUで行われたヤング・アメリカンズというイベントについて書きます。

ヤング・アメリカンズには200名の学生が参加しました。
その3日間は非常に面白かったし、有意義だと思いました。






初めてそんな大きいイベントに参加しました。 たくさんの他の国の人と交流しました。
3日間ずっとダンスをして歌を歌いました。西洋の文化や働き方を知りました。
新しい自分を見つけました。自分のダンスを作りました。自分の歌を書きました。
みなさんの前で演技しました。みなさんの前で自分の理想を言いました。

今回のことはすべて私の人生で初めてやることでした。
3日間、毎日一所懸命ダンスをしたり、歌を歌ったりしました。
みなさんは誰でも頑張って、最後の日のショーで最大限の努力を現しました。

 
 
 


ヤング・アメリカンズに参加して,たくさんイメージが変わりました。
ヤング・アメリカンズはいつもとことん歌い踊ったし、
優しかったし、ダンスや歌が上手でした。
日本人も非常に面白かったし、ダンスや歌も上手でした。
前は他の国の人とあまり話せなかったけど、ヤング・アメリカンズの後はたくさん話せました。
英語と日本語を使いました。
歌の意味を説明した時、世界について、平和や人の命など様々なことがわかりました。

私はこれから自分の夢のためにもっと頑張りたいと思うようになりました。



≪参考≫
http://www.ipu-japan.ac.jp/album/2016/20160630/
※写真は全て上記サイトのものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の故郷バンコク(2年・フォーン)

2016-07-24 10:07:06 | 日記
みなさん、こんにちは。私はフォーンと申します。タイから来ました。
今日は私の故郷バンコクについて紹介したいと思います。

私の故郷はバンコクです。バンコクはタイの首都で、クルンテープと呼ばれています。
タイ中央部に位置しています。
バンコクは旅行者がよく来ます。バンコクは遊ぶ所がたくさんあります。


1)トレンナイマーケット
夜の売り場は食べ物がたくさんあるし、服も安く売っているので人気があります。
ここは昔の古い車や古い物が飾ってあって、写真を撮るときれいだと思います。




2)アジアティーク
チャオプラヤー川の横にあります。
ここは色々な店があるし、食べ物が美味しいです。
料理はタイ料理や日本料理などがあります。
夜はとてもきれいです。それに写真を撮る所がたくさんあります。




3)サヤームデパート
このデパートは大きいし、きれいだし、人気があるデパートです。しかし、ものの値段が高いです。




4)スウンサヤーム
スウンサヤームは遊園地です。
ここは噴水や本物みたいな滝や海もあってきれいだし、それにチケット代もあまり高くないです。




もし機会があつたらぜひあそびに来てください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームステイ(1年・ジエウ リン)

2016-07-22 09:58:11 | 日記

皆さん、こんにちは。
私は国際教育学料の一年生、ジエウ リンと申します。
私のブログはホームステイについてです。どうぞよろしくお願いします。

日本へ来てから、日本人の家へ行ったことがあります。それはホームステイと言います。
冬休みの間に、私は友達といっしょに2日間先生の奥さんのご両親の家に遊びに行きました。
私たちは先生のご両親をおばあちゃんとおじいちゃんと呼びました。



1日目、先生と奥さんは私たちを寮に迎えに来て、奥さんのご両親の家へ行きました。
到着すると、夕食の時間になりました。私たちはいろんな料理をごちそうになりました。
例えば、すきやきとか、おせち料理とかを食べました。
とても美味かったです。食事しながらみんなと話しました。
その時は、日本語はまだ上手じゃなかったから、みんなは英語や日本語でしゃべりました。
面白かったです。
晩ご飯を食べてから、先生の子供と遊びました。
このゲームはけん玉や、お手玉、あやとりです。楽しかったです。
初めて日本のゲームをしたから、なかなか上手にできませんでした。
でも,だんだんできるようになりました。
最後、疲れたので、歯をみがいて、顔を洗ってからすぐ寝ました。

 

2日目、おばあさんは私たちに料理を教えてくれました。カレーの作り方です。
はじめ、難しそうだと思ったけど、おばあさんといっしょにしてみて、作りやすいと思いました。
材料は簡単です。ポテト、人参、牛肉、そして、もちろんカレーのソースが要ります。
材料の準備が終わったら、作り始めます。帰る前に、おばあさんは持ち帰り用に包んでくれました。
本当に嬉しかった。

だれでも親戚のように私たちに接してくれました。
この冬休みは良い記念になりました。
時々、写真を見て、みんなを思い出します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加