十方世界共生山一法寺

自己の世界を建設しよう
 日本のことも世界のことも自分自身のこともみな自己の内のこと。

内山興正老師 安泰寺へ残す言葉2

2010年10月08日 | 佛教
前回、内山興正老師の提唱の録音を紹介していますが、音声では分からない言葉も多いと思いますので、文字で表記します。

1枚目
「四弘誓願」(仏・菩薩が起こす4つの主な誓願のこと)
 衆生無辺誓願度 煩悩無尽誓願断 法門無量誓願学 仏道無上誓願成 

「則」(項目の意)
道悟和尚。因みに石頭に問う。「如何なるかこれ仏法の大意」
頭云く、「不得、不知」
師曰く、「向上にさらに転処ありやまたなしや」
頭曰く、「長空、白雲の飛ぶを礙へず」

「盤珪禅師の不生の仏心」
 不生は般若心経に出てくる不生不滅のこと。

「身心脱落」(しんじんだつらく)
 道元禅師が師匠の如浄禅師から教わった言葉、坐禅のあり方を示したもの。

「水引き」
 水の取り合い

「覚者」
 覚った人、仏のこと。

「縁起所成」
 あらゆるものは縁起によって成り立っている。

「修証一如」(しゅしょういちにょ)
 修行が覚り、覚りを修行すること。

「波羅提木叉」(はらだいもくしゃ)
 所々解脱、別々解脱
汝等[なんだち]比丘、我が滅後に於いて当に波羅提木叉[はらだいもくしゃ]を尊重[そんじゅう]し珍敬[ちんぎょう]すべし。闇[あん]に明[みょう]に遇い、貧人の宝を得るが如し。当に知るべし、此れは即ち是れ汝の大師なり。若し我れ世に住するとも此れに異なること無き也。

「全機」
 存在するものの有している一切の働き。

「結界」
 縄張りを作ること

「外道」(げどう)
 仏道以外の道。

「六道」
 地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上

「無常」
 一切のものが変化していること 

「無我」
 一切は縁起所成であるから我も実体的なものとして存在しない

「笏」(こつ)
 木製の手に持つ法具。神道で使う笏(しゃく)と同類。

2枚目
「生来の自分 本来の自己」

「尽一切自己、尽十方界自己、尽法界」

「新帰元」
 新しく元に帰った人、新しい死者のこと

「大乗起信論」
 大乗仏教の論書

「衆生の真心 却って自ら衆生を教度、仏の誓願なり」

「一坐二行三心」
 坐禅、懺悔(仏教ではさんげと読む)、誓願、大心、老心、喜心
 三心は典座教訓に説かれる心

「今此の三界は皆是我が有なり 其の中の衆生は悉く是吾が子なり」
 法華経譬喩品に出てくる言葉。有は所有の意。 

「正法眼蔵行持」
 眞丹初祖の西來東土は、般若多羅尊者の教敕なり。航海三載の霜華、その風雪いたましきのみならんや、雲煙いくかさなりの嶮浪なりとかせん。不知のくににいらんとす、身命ををしまん凡類、おもひよるべからず。これひとへに傳法救迷情の大慈よりなれる行持なるべし。傳法の自己なるがゆゑにしかあり、傳法の遍界なるがゆゑにしかあり。盡十方界は眞實道なるがゆゑにしかあり、盡十方界自己なるがゆゑにしかあり、盡十方界盡十方界なるがゆゑにしかあり。いづれの生縁か王宮にあらざらん、いづれの王宮か道場をさへん。このゆゑにかくのごとく西來せり。救迷情の自己なるゆゑに驚疑なく、怖畏せず。救迷情の遍界なるゆゑに驚疑せず、怖畏なし。

「典座教訓」(てんぞきょうくん)
 典座は食事を司る役

「一寸坐れば一寸の仏」(いっすん・・・)
 一寸の長さの線香が燃える時間

「正法眼蔵諸悪莫作」(しょあくまくさ)
 諸惡すでにつくられずなりゆくところに、修行力たちまち現成す。この現成は、盡地盡界、盡時盡法を量として現成するなり。その量は、莫作を量とせり。

「新到和尚」
 新しく来た和尚

「大中寺」
 栃木県にある曹洞宗の名刹

「叢林」(そうりん)
 禅寺のこと

「堂頭和尚」(どうちょうおしょう)
 住職

「生也全機現 死也全機現」(しょうやぜんきげん しやぜんきげん)
 生きることにおいても、死ぬことにおいても全ての働きが現わすこと。  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内山興正老師 安泰寺へ残す言葉 | トップ | 中学生の吹奏楽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。