十方世界共生山一法寺

自己の世界を建設しよう
 日本のことも世界のことも自分自身のこともみな自己の内のこと。

内山興正老師著作 再刊行 「いのちの働き 知事清規を味わう」

2017年06月23日 | 一法言

内山興正老師の新しい本が出版されてましたのご紹介します。
この本は私が京都市北区にあった元の安泰寺に通って老師から聴いていた時の提唱を録音、筆耕され以前柏樹社から出版されたものですが、長らく絶版になっておりました。それがこの度、大法輪閣から再刊行されました。

知事とは禅道場における役職にあるものでそれらの人の心得を道元禅師が説いたのが『知事清規』です。別に知事の一人である典座については『典座教訓』が書かれていろんな方が解説本を出しておられますが、『知事清規』はあまりありません。
この本でも典座の話が多く出てきます。典座教訓を読まれた方はまた別の味わいを得られることと思います。

曹洞禅に関心のある方は是非お読みになることをお勧めします。

 

「いのちの働き  知事清規を味わう」(大法輪閣:¥2000)

禅の道場で役職にある人(知事)の心得を説いた『知事清規』。現代社会の管理職の心得や生き方の指針となる道元の教えを平易に解説。

「目 次」

まえがき

坐禅人の生命の群像―永平知事清規
 何んのために修行するのか―難陀尊者の発心
 私の働き場処に生命がゆきわたる―知事の心づかい
生命の実物で配役を生きる―潙山と院主の話
 解釈ではなく一体に成る―玄則禅師の懺悔
 自己が自己に出逢う―楊岐禅師の発明
アタマ手放し、全体の生命を働く―休静維那の話
この行以外、行くところがない―士珪維那の大悟
 生命の俺か生きる気で生きる―霊祐典座の時節因縁
 山を拓くなかに人生態度を切り拓く―大潙禅寺の草創
 生死という肩書でない生死―仲興典座の問い
粥鍋上の文殊をぶっ叩く―無著尊者の炊事役
 全体を活かすなかに黙って死ぬ―大乗菩薩僧法遠
 仏海の龍象、祖域の偉人―典座の心操
どうでもいいなかに狙いがある―善会典座の答え
仕事全体に生命を吹きこむ―道楷典座の管理
 明らかな祖師の真実がある―典座の家風
 人に騙されない力で田を拓く―有道の直歳保福本権
 六根の門を開かせる活作略―従諗火頭の問いかけ
階級なしにつとめる深さ―洞山と義存飯頭
もったいない、しかし天地一杯―潙山と慶諸米頭
 悟りの跡形も忘れる―志閑園頭の半杓
 境涯ではない、行の世界―園頭のつとめ
逆境にも道心を貫く力―法演古仏の操行
 誓願のなかただ現在を植える―臨済の黄檗山植樹
まことまごころと人間の大きさ―黄龍の思慮
 禅寺は坐り潰せば成仏―楊岐山と安泰寺
 全体の息吹を自己の息吹とする―監院の無私曲為公

 【付 録】
 登場人物の紹介
 中国唐宋時代の禅祖師法系図
 中国唐宋時代の禅宗地盤
 七堂伽藍図
 僧堂図
あとがき―関口道潤

http://www.daihorin-kaku.com/book/b193473.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野際陽子逝く

2017年06月16日 | 生活

昼時、テレ朝チャンネルの「やすらぎの郷」を視聴している。

出演者が後期高齢者が多くてひょっとして誰かが病気で降板もあり得るのではないかと、危惧していたら比較的元気そうに見えた野際陽子が3日前に亡くなったと聞いたのは意外だった。

今日の場面でもちょっと顔を出していたが・・・。

しかし、81歳、女性の平均寿命からするとちょっと早いかも。一番年上は八千草薫、86歳、この人は90歳まで大丈夫な気がする。

番組にテロップで「ご冥福をお祈りします」と出たが、これはよろしくない。冥福なんていうのは死後の世界を認める言い方である。私は使わない。

「哀悼の意を表します」が無難である。

ところで、吾輩も近く後期高齢者になる、先日後期高齢者医療保険者証が市役所から送られてきた。一時後期高齢者という言葉がよくないと話題になったが結局いい案が浮かばずにそのまま来てしまったが、まあ、名称なんてどうでもいい年頃になってしまったということである。

保険証の前に国民健康保険の通知が来ていたが、いつもより大分保険料のが額が安くなっていたので、前年の医療費支出が多かったせいだと思って喜んでいたところ、何のことない後期高齢者保険は別立てで徴収ということで引き落としの手続きをしなければならないというのである。

それで、先程郵便局へ引き落としの依頼書を提出してきた。

医療費の支払いは正式に1割負担、これまでも70歳から2割負担のところ経過措置とやらで減免して1割負担で来れたのは有難かった。新制度になってずっと経過措置というのも如何なものかと済んでからいうのもおかしいが・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一切は親でもあり子でもある

2017年06月09日 | 一法言

海向こうのバカボンの火遊びがとどまるところを知らず、とうとう日本を焦土化するなんてことを言い出したようです。

https://news.nifty.com/article/world/worldall/12198-93288/

そんな彼ともいのちとして繋がっていて、私いて彼が生まれてきたのだし、彼がいればこそ私が存在していることでもある。

「我あるがゆえに彼あり、彼あるがゆえに我あり」 という縁起の理法をよくよく理解すれば戦争したり、威嚇したりする理屈にはならないのであるが・・・。

また、浄土教では阿彌陀佛のことを親様といい、法華経には三界我が有 其の中に衆生皆我が子」とある。

あらゆるものは親でもあり子でもあるのでる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村上光照老師の詩

2017年05月31日 | 佛教

机を整理していたら、2月末に村上光照さんから頂いた葉書が出てきましたが、文面は以下の詩が書かれていました。なかなかいい詩なので紹介します。

七十三回忌というのは昭和20年3月10日の東京大空襲、死者約8万-10万、負傷4万-11万名、焼失26万8千戸。七回忌は平成23年3月11日の東日本大震、死者・行方不明者は18,446人です。



キサ
木草ゆらぐ候  3月10・11日
  七十三回忌、七回忌

           災死の御霊に

この朝の
  春の光の  この雨は  (南無無碍光如来)
めぐみの命 みちみちて  (南無無量寿如来)

 ナムアミダブ   と、 ふりにける

               シズ
   それは 静かに ふりにけり
               シズ
   それは 寂かに ふりにけり

              イコ
  ものみな憩える

シジマ
静寂の中に・・・・・

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョンウン君の危険な火遊び

2017年05月29日 | 世相

北朝鮮のミサイル発射が止まらない。

金正恩悪ガキの火遊びの見物に日本も付き合わされて腹立たしい限りである。

日本ではJAXAが3月17日に安全保障や大規模災害への対応等に資する情報収集衛星レーダ5号機の打上げ成功しているが、北朝鮮に関する軍事情報をどの程度感知できるのか、高高度からの偵察であるからカメラの解像度(50cm)や軍事施設の隠蔽工作がなされるから困難が予想される。

6月には核実験も予想されている。運用ができていて探知できる態勢になっているのか。

核実験すればトランプはどう動くのか。

火遊びの拡大は御免だ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出逢うところわが生命

2017年05月16日 | 共生

今日、ネットで「教えて!goo」を覗いたら、切実な相談が出ていた。

「生きづらいんです すごく死にたくて 死にたくて 仕方なくなることが多いんです。目の前に重さに耐えられるだけの縄と結び付けられる場所があったら今すぐにでも首を吊りたいとよく考えます。・・・・・」と。

内山興正老師の言葉、「出逢うところわが生命」。放っとけないという思いで次のような回答を書いた。良い方向に向かうことを祈りたい。

禅的発想をされるとよいでしょう。私も精神的に落ち着かない時期があり、世界観を逆転させたら随分楽になりました。
普通はまず宇宙なり地球なりという出来上がった世界がまずあってその中に生まれ生きている、自分の周りは自分ならざるもので取り囲まれていると考えます。そう考えると気の弱いものは周りからの圧迫を強く感じて自己防衛上自分の周りに殻を作るのです。嵩じると自閉症です。

ところが禅ではまず自分がいて自分の周りに世界が展開しているのだと考えます。自分がそこにそれがあると認識してそれがあることになるのです。認識しないものは言及不能です。言及できないものはないものと見做すのです。
あらゆるものは体験すればこそある、体験したもので自分の世界はできているのです。
きれいな花が咲いている、あなたがきれいだと思ってこそその花がきれいになるのです。あの人が憎らしい、そう思うことによってその人が憎らしくなるのです。他の人からするとそうでもありません。

世界というのは自分が体験することによってできた自分独自の世界であり、その中でそれを新たな体験をしつつ生きているのです。自分が自分独自の世界を持っているのです。自分はその世界の中心にいるのです。どこへ行こうとその時その場を中心として自分の世界が展開してくるのです。

そうしますと、出逢うものは実は自分に他ならないのです。「出逢うところわが生命」(内山興正)なのです。
「出逢うところわが生命」というのは素晴らしい言葉です。喜びを増幅し、悲しみや憎しみ、苦しみを緩和してくれます。
何かあったら唱えてみてください。

「行き先に 我が家ありけり かたつむり」(山岡鉄舟)

「われわれだれでも世界と一緒に生まれ、世界と一緒に死ぬ。めいめいもっている世界は違うのじゃから」(沢木興道)

「自己生命図(下図のとおり)」(内山興正)
1~6図までは私のブログにあります。
http://blog.goo.ne.jp/ippouji/e/98a90e5750ce61e0 …

「この状態なんですか??? どうしたらいい」の回答画像8
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5月期囲碁会で準優勝

2017年05月09日 | 道楽
昨日、5月の囲碁例会がいつもの碁会所で行われた。
 
今回は6名の参加。昨年5月以来病気で来られなかったTさん、1年ぶりの参加。80歳をとうに越えていたが元気な方だった。以前よりずっと痩せて足が弱くなったと杖を突いていた。
我輩も昨年の入院以来体力の低下を来しているが、いずれあのようになると他人事とは思えなかった。

囲碁の方も迫力はなく、結局、Tさんは4戦全敗。
対戦を終えて早々帰ろうとされたので、この調子では次回来られるかどうか分からないので、「また、7月にお会い出来るの楽しみにしてます」と声掛けをしたら、「ああ」とだけ返事して帰られた。
 
さて、勝敗は3人が3勝1敗になり、相手に勝っていれば上位になるが、3人がそれぞれに1勝1敗、3すくみ状態。
結局対戦表で独特の算出方法がありその点数で順位を決定、準優勝となった。
 
今回も最後に大きなミスをやらかした。死活を読み損なって1目を欲張って大石が死んでしまったのである。
 
前回優勝してハンデが1石きつくなっての準優勝だから、ちょっと棋力がアップしたと思いたいが、無理しないように気をつけていたのが良かったようにおもわれるのである。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「やすらぎの郷」

2017年05月01日 | 世相

先月初めから、昼の時間に家内と一緒にTVの帯ドラマ「やすらぎの郷」を見ている。

家内にチャンネルが握られているので、家内が見たいものを見せられてしまう。他のが見たければパソコンで見るしかないが、そこまでは必要性はないので一緒に見ている。

かつて活躍した芸能人が老境に入り、一緒にやすらぎの郷という老人ホームで共同生活を送る話である。

つい、半年前までは母親が養老施設で世話になっていたり、また自分自身がその世代に当たるのでついつい興味を持って見るようになってしまった。

毎日(月~金)、12:30から15分間の放送を楽しみにするようになってしまった。

出演者は若かりし頃をよく知る俳優陣、石坂浩二、八千草薫、浅丘ルリ子、加賀まりこ、野際陽子、有馬稲子、ミッキーカーチス、山本圭、藤竜也、五月みどり等。

中でも浅丘ルリ子はデビューの「緑はるかに」のポスターを見て憧れを覚えたことが懐かしい。しかし、あれから60年、変わるわな~。

今日の話は、ナスを使って憎たらしい奴を呪うという話、丑満時にナスに箸を突き刺しそれを油で揚げて食べるというもの。

http://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginosato/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外国人ばかりの禅寺

2017年04月14日 | 佛教

岡山 曹源寺(臨済宗)では、住職と副住職以外の修行僧は全部外国人だとか。

ユーチューブでそんな動画を見つけたので紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=zSHU2_hFWGs

安泰寺でも住職はドイツ人で外国人修行者の方が日本人より多くなっているが、禅寺も様変わりしてきているようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜の宮公園へ花見に行って来た

2017年04月10日 | 生活

毎年、桜の宮公園へ花見に出かけていたが、去年はあいにく腰椎の圧迫骨折で入院中、残念ながら見に行くことができなかった。

花見はいつもサイクリング車で出かけていたが、処分してしまったので今年はママチャリである。

公園の手前に毛馬の閘門があるが、横を通っていた時にアナウンスがあり、2番ゲートが開けられるとのこと。

初めて経験なのでしばらく待っていると、ゲートがゆっくりと上って、泡とともに水面が盛り上がって来た。ドドッと迫力のある場面を期待したが大したことはなかった。

久しぶりの花見で気持ちの華やぐのを覚えた。

明日から造幣局桜の通り抜けが始まるので、天気の良い日に出かけたいと思っている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那須 雪崩事故

2017年03月28日 | 世相

昨日、那須のスキー場で高校生のための春山登山訓練で雪崩に巻き込まれて高校生7名、教員1名が死亡する痛ましい事故が発生した。

悪天候下にあったにも関わらず訓練を中止せずに強行、しかも雪崩発生時には誤った指示をしていたということが判明した。次のURL参照

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-294204/

前途ある大勢の若い命が失われるのは痛ましくて何とも言い難い。

雪とはほとんど縁のない大阪に住んでいると、雪の事故と言ってもあまり実感するところはないのであるが、安泰寺で雪の事故で2人亡くなっているのを思い出す。

初めは寺が京都から温泉町へ移ってそう期間も経っていない頃、若い修行僧が郵便局へ用達に行く途中雪崩にあって死亡。

もう1回は前住職がブルドーザーで山道の雪かきをしていた時に川に落ちて亡くなるという事故。

ここでは手を合わせるしかない。合掌。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信仰と信心の違い

2017年03月21日 | 一法言

宗教の信者がその信ずる態度を表すのにそれが信仰であったり信心と呼んだりしている。

信仰は自分の外に尊崇する神、佛、等の対象を持ちそれを信じ仰ぐことと解する。多くの宗教、宗派がこれに該当するように思う。

一方信心はというと、そもそも佛教における信の意味は心を澄浄することをいう。佛道を修めるにはこの信が何より大切なのである。

心というのは普通はココロを意味するが、佛教の心はそれよりはむしろ生命というのが当たっているとは内山興正老師に教わったことがある。

その意味で禅佛教は信心と呼ぶに相応しい。

浄土教は信ずる心が大切という意味で信心というが、阿弥陀佛と対象を自分の外においているのだから信仰の方が合っているように思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月期親睦囲碁会で優勝

2017年03月13日 | 道楽
3月の囲碁例会がいつもの碁会所で行われた。

昨日に不参加も連絡が一人あって今日は参加者は5名。
 
一人は対戦者がいなくて待機で時間つぶし。私は運良く連続で4戦できてスムーズに対戦できた。
いつもは最後の最後のところで石が取られてギブアップということが多いのだが、今日は全体をよく見て危なそうなところには用心して手入れするようにしたら、3勝1敗。
 
1敗したのは攻められて逃げ回った挙句大きくなったところで召し捕られた。
 
今日は時間が進行が遅く、時間が足りなくなってきたので、スピードアップを図るために対局時計と途中から使用することになった。石を打った後自分側のボタンを押すと時計が止まり、相手側の時計が動き出す。次に相手が石を打ってボタンを押してこちらの時計の持ち時間が減じていく。
 
初めて使ったので要領が得なくて押し忘れることもしばしば。大分時間を損したが私はそれほど時間を使わない方なのでタイムアップで負けということはなかったが、何となく急かされるので気が気でない。
 
ところで今年の年頭を飾る囲碁界の話題は昨年3月、韓国のイ・セドル九段を相手に圧倒的な強さを見せ話題を呼んだグーグルの人口知能「AlphaGo」がさらにバージョンアップして、日中韓のプロ棋士たちと対局、60戦全勝したことだろう。
 
AlphaGoがあまりにも強いので、AlphaGoが打ち出した定石をプロが真似するのが流行りだしたらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の宗教が消滅の危機か

2017年03月03日 | 他教

女優 清水富美加の幸福の科学で出家という話題でTVのワイドショーなんかで何回となく取り上げられているようだが、そんなに話題性のあることなのだろうか。

幸福の科学という宗教という名にも値しないような教団になぜ惹かれるのか訳が分からない。

そもそも教団の名前がインチキである。幸福なんてものは個々人の主観の問題で、客観性を重視する科学に馴染まない。

しかし、ある意味うまいネーミングである。

今の日本人は個人的幸福を追求したがる輩ばかり、憲法第13条には幸福追求権という規定まである。
つまり幸福という言葉に弱いのである。

また、信頼できるものとして科学がある。科学に基づくとか科学的とか言われると安易に信じ込む。つまり科学という言葉に弱いのである。

欲しい幸福が科学的な方法で手に入るというように理解するのだろう。
馬鹿げている、ちょっと理性を働かせれば分かりそうなものなのだ。

実際、教義とされていることはあの世、彼らから言わすと次元の違う世界の話。あの世での幸福、そんな当てにならないものをと思うのがそう信じ込むことが今の幸福ということなのだろう。

昔、ハンドルがウルトラマンという御仁とパソコン通信の会議室でやり取りしたことがあるが、すぐ次元を変えて逃げてしまう。大川総裁は9次元世界に入ることができる、焼死した作家景山民夫はあの世で指導者になっていて忙しくしているなんて実しやかにいうのは驚いたことがある。

また以前は霊言集と称して偉人を騙り、最近では今現に生きて活躍している人の守護霊にインタビューするという内容の本出している。これって騙りという犯罪行為でないかと思う。

しかし、自民党二階幹事長やらDaigoやら誰彼なしなのは驚いた。

大川には守護霊ならぬゴーストライターが憑いているのだろう。

さて、話変わって

「日本の宗教が消滅の危機か「マイルドヤンキー現象」と「スマホ」が原因と指摘も」という記事がネット上でアップされていたので紹介しておきたい。

スマホをいじっていると幸福という人が増えてきたのだろうか。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-493278/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金正男の殺害に北朝鮮が関与

2017年02月22日 | 世相

今日のニュースでマレーシア警察が金正男の殺害に北朝鮮が関与、主犯格が北朝鮮大使館の2等書記官で、北朝鮮航空会社の社員と共に大使館に逃げ込んでいるという。

北朝鮮、韓国、シナ、日本近傍の諸国は、ろくでもない国ばかり。

最近、南京における虐殺事件は4回あり、殺害の多くはシナ人によるものとの小名木善行氏の談話がユーチューブにアップされていた。

南京入城のことしか知らなかったが、あと3回ありそれぞれが関連していることを知って目からウロコだった。松井石根大将は名うての親中派だったところから派遣されたのであって、その彼が虐殺を命令するはずもなかったのだ。

https://www.youtube.com/watch?v=E0qRG4cG_T4

虐殺はシナ人がやったという話がよく分かった。
1時間ほどかかるが是非聴いてもらいたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加