国際協力NGO FreeBird フリーバード

スタッフが綴るフリーバードな日常。
と、お知らせ。

お礼がてら…

2017-04-27 14:32:06 | フリーバード通信

奥山様お預かり致しました❗\(^o^)/

今年も雨季の終わる秋頃に出発出来るよう準備を進めています。
お預かりした筆記具、持っていかせていただきます。
ご協力ありがとうございました❗
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスなんて大嫌い

2016-12-25 15:16:44 | フリーバード通信
♪ク・リ・ス・マ・スなんて~大嫌いさぁ~♪

2016カンボジア旅でお世話になった皆様の中からちょっと応援したいなぁって人を選び、
突然ご家庭にお邪魔して、子供たちにクリスマスソングのプレゼントをしよう!と
「突撃!隣のクリスマス」を計画していましたが、訪問予定のご家族がインフルエンザになってしまったり、
ギターの担当の方に葬式の予定が入ってしまったりで、中止となりました…

せめて…せめて日の目を見させて下さい…

来年リベンジじゃ!


今日クリぼっちだからブログ書いてるとか言うな〰

少しスッキリしました。。。


ちなみに今さらですが、我々カンボジアに出発したのは4人です。
しかしいつの間に5人になっております。

この方は我々4人が上海で足止めをくった際に、ひとり旅でカンボジアに向かっていて同じく足止めされて出会ってしまったWさんです。
上海空港では、大雨の中、外を歩かされて飛行機に乗せてびしょ濡れにさせた後、ホテルに案内せず床に寝かせる、荷物は水浸しのボロボロにする、発券カウンターをたらい回しにする、搭乗時間を過ぎても発券しない。
など…ドMの俺達にはびくともしない対応の航空会社ではあったのだが…(´д`|||)
掲示板に遅れているとか、どこのカウンターで受け付けるとか何の情報も出さないマヒした状態の中、
なぜか後回しにされ続けた前夜から足止めの日本人、欧米人達のいわゆるガイジン部隊は一致団結し、
猛抗議の末にカンボジア行きのチケットをつかんだのです。
その時、みんなから自然と拍手と歓声が出たのは言うまでもありません。
そんな”戦友”のWさんは予約したホテルも一部キャンセルしてフリーバードの旅の行程すべてに同行しちゃったのであった!
トラブルは付き物だけれど、こういった出会いもまた旅の面白さでもありますね。
来年もまた一緒に旅に行きたいと言っていただきうれしかったです。

ということで次回のリサーチをすでに始めております。
すでに何か所か候補があり、地球の歩き方で調べようと購入したのですが…
まるで載って無い…どうなることやら…

そして今年も筆記具や洋服など沢山の皆様のご協力本当にありがとうございました。
鉛筆を配ることでその世界や国は変わらないとしても、子供たちの将来の選択肢が増えることを願って。

また来年も引き続き皆様のご支援ご協力よろしくお願い致します。
少し早いですが、皆様良いお年を!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016カンボジア旅 伊藤君のレポート

2016-11-05 10:01:15 | カンボジア
☆カンボジア 2016/10/22~10/27

成田出発からの上海、カンボジアでの活動、そして成田到着までの顛末は、他の仲間の投稿に任せるとして、オイラはカンボジアの都市部と地方のこれからについて、徒然なるままに書いてみようと思います。

※ここからは、私の独断と偏見と憶測が入り混じっていますので、間違い等がありましたら、コメントでご指摘くださると幸いです。

まずは、地方と都市部の所見

◯地方(ガイド:ラッターさんの故郷)
都市部においてもそうですが、率直に言って、思ったほど田舎だな、発展途上だなとは思いませんでした。
もしかするともっと酷いところ、例えば物乞いが至るところにいる、不衛生、食べるものが何もない等があったかもしれませんが、少なくとも今回連れて行っていただいたところは、総じて快適に過ごすことができました。

それなりに水もある、思ったほど虫がいない、夜はそんなに暑くない、これだけでもオイラには十分快適です。
ただ、乾季を体験していないので、乾季を是非体験してみたいです。

まあ、お客様扱いで、かなり気を使っていただいたかもしれないだけですけど...。

◯都市部(シェムリアップ都市部)
都市部のあの交通量の中で車の運転はしたくない、特に、夜の運転は...。
それはそれとして、通り沿いにある市場には食料や物資は豊富であるし、コンビニもあれば、シェムリアップで大きいであろうスーパーにも中国産の高級フルーツやフランス産のワインなど、それなりのものが手に入るので、金さえあれば不自由はしないであろうと思います。

細かいことを挙げれば、目抜き通りを一本外れたら舗装されてないデコボコ道路に水たまりで歩きづらいとか、観光客らしきオイラが歩いているだけで客引きがわんさか湧いてきてちょ~ウゼーとか、電気が暗いので夜過ごしづらいとかいろいろありますが、そんなことは差し引いても、不便は感じませんでした。

◯都市部と地方の経済格差
都市部と地方の経済格差は日本でも問題になっていますが、カンボジアでもそれは問題になっているのでしょうか?
もし格差が問題だとしてそれを解消するには、地方に義務教育を行き渡らせ、そこで培われた人的資本(次男三男)を都市部へ送り、稼いだ金を地方に還元するという感じ。でも、国として全く余裕がないんだよな~。代わりにラッターさんのように私財を投じて学校を建て、先生を呼び、地域の教育を一手に担わせるという何とも他力本願な感じ。

地方の主な産業は農業であることは間違いない。教育が浸透するに従って都市部と地方の経済格差は広がることはしようがないとして、その穴を埋めるべく農を業(特にお米)とするために、土地改良や護岸工事のインフラ整備、人糞や牛糞堆肥に代わる化学肥料の投入、少人数で作業できるように更なる農業機械(コンバイン等)を導入し効率化を図り、やがて大規模経営化していく。それでもやはり、経済格差は縮まらないのだが...。
農業においてカンボジアもこのような道を歩むかどうかは分かりませんが、私の思う農の基本は家であり、自給自足で出来た作物が余ったら売るが原点であり、土の循環を考慮すれば牛をパートナーとする風景が時代とともに消えていくことになるとすれば、それは何とも寂しいなあ。

その一方でもう一つの核として観光が挙げられるであろう。
この話はまた別の機会に書くことにしますが、一点だけ残念だったことは、客引きと押売りの多さ。これが醍醐味だと言われればそうなのかもしれないけれど、私としては減点対象です。


まだまだ書き足りませんが概ねそんなことを考えながらシェムリアップを中心にしたカンボジアを見てきました。

今までグダグダ書いてきましたが、一言で言えば、

「カンボジア、最高!!!」


最後に、

等くん、こんな箸にも棒にもかからないオイラを誘ってくれてありがとう。役に立てたかどうか分かりませんが、また誘ってくれると嬉しいです。

杉本さん、ライブと車の運転お疲れ様でした。いつかお邪魔にならない程度に杉本農場に遊びに伺いたいと思いますので、その際はよろしくお願いします。

優馬、道中言葉の関係それ以外にも大変頼もしく、こんなおっちゃんの世話を焼いてくれたこと、誠に感謝しています。将来おとーちゃんみたいにいろいろな所に首を突っ込むことはいいですが、その時はおかあちゃんみたいな人を見つけてからにしてください。

そして、ラッターさん、ツアーでは体験できない貴重な遺跡等にご案内いただき、誠にありがとうございました。日本人は欧米人に比べて(実際危険ではないが)危険な場所に行きたがるとのお話しがありましたが、それは日本人が戦争内乱を自分のことと感じてないからではと思います。これからもわがままな日本人に安全なカンボジアをガイドしていってください。


ありがとうございました!!

PS.
カンボジアから帰って早々風邪を引きました。
今も引きずっています。
寒いです。

明けない夜はない。みんなに平等に朝が来る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016カンボジア 昨日帰国しました。

2016-10-28 16:09:54 | カンボジア
皆様、カンボジアでのご支援本当にありがとうございました。
今回私どもは町で仕事してる子供たち、

そして
Chongprolay primary school(水上小学校)


srolavsrong primary school(電気ない小学校)


Dopthnot村(ガイドさんの実家)の子供たちに、

お預かりしました筆記具、子供服を直接無事に届けることが出来ました。

上海乗り継ぎで飛行機に搭乗したものの、悪天候で深夜に欠航が決まり、中国に入国しなくてはならず、そのうえ荷物も不明になり、ホテルにも案内されずに明け方にやっと空港の冷たい床の上で仮眠を取りました。店も銀行も開いておらず飲まず食わず。
また、上海国際空港や上海の街中はFreeWi-Fiではありませんでしたので、日本の携帯電話はほとんど使えません…(;´д`)
その後、荷物を探すも発見出来たのは見るも無惨なボロボロの状態でした。
皆様からお預かりした大切な荷物です。
本当に憤慨いたしました。

後日カンボジアにて中身を確認したところ、袋に入れて小分けにして梱包してありましたので、一部のノートが波をうちましたが、すべて無事でした。
その日の深夜にやっとカンボジア到着。
ガイドのラッターさんが連絡取れない状態なのに2日間待っていてくれて感動しました。
予定をこなそうと、睡眠時間も少なく、ゆっくり食事の時間も取れない状態でしたが、トラブルを乗り越えた団結力でなんとか届けることができ、高校生の優馬も積極的に現地の人や欧米人のツーリスト達に触れあっていました。
この経験をまずは自分の為に生かしていってもらえたらと思います。
この子の将来が本当に楽しみです。
子供たちも初めて見るであろう、杉本さんの生のライブも喜んでもらえたと思っております。

また、
山武市 有野実苑様
農園リストランテ ヴェルデューレ リッコ様
http://www.arinomi.co.jp/

山武郡芝山町 (株)真行寺建設様
http://shin-ken.net/

成田市 ㈲東スポーツセンター様
東バッティングセンター様
http://www.azuma-bc.com/

山武郡芝山町
山室輝美様

香取郡多古町 美容室ブランコ様
0479(74)8222

川尻雄一様

よりお預かりしました「お気持ち」は現地にて、筆記具やサッカーボールなどの遊具の購入に充てさせて頂きました。

ありがとうございました❗\(^o^)/
そして、応援して頂いたすべての方々に感謝致します。
来年もまた続けて行けるよう努力しますので、引き続きご支援ご協力よろしくお願い致します

NGO FreeBird代表 小川 等


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農園リストランテ ヴェルデューレ リッコ様

2016-09-22 19:17:09 | フリーバード通信

こちらの写真は千葉県山武市にあるオートキャンプ場、有野実苑の中の農園リストランテ ヴェルデューレ リッコさんの店内です!
木々に囲まれたとってもステキなお店ですが、アットホームな雰囲気なのでおっさん一人で行っても大丈夫です!ヨカッタ
応援ありがとうございます\(^o^)/
ホームページはコチラ↓
http://www.arinomi.co.jp/
facebookページ↓
https://m.facebook.com/arinomien/
English↓
https://m.facebook.com/Arinomien-1760343440859244/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年のチラシ出来ました

2016-08-24 12:45:30 | カンボジア
今年は筆記具の他に古着も集めています。
皆様のご協力をよろしくお願い致します!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年はカンボジアの水上小学校へ!

2016-07-02 18:06:26 | カンボジア
今年のフリーバードの旅はカンボジアへ行くことが決まりました。

今回は世界遺産アンコールワット観光の玄関口、シェムリアップより南に車で1時間半ほどに、
東南アジア最大の湖トンレサップ湖があります。
この湖は雨季には乾季の3倍にも面積が膨れ上がる伸縮する湖で、
そこには人々が水の上や高床式の家で漁などをしながら生活をしています。




たらいに乗って遊ぶ子供たち!

その湖のコンポンクリアンという地域からしばらく行った所にプムチョンプラレイ村があります。


プムチョンプラレイ村には現在学校がありません。
そこに今回ガイドをお願いするラッターさんとそのお友達に日本のソリアープロジェクトさん
http://soryaproject.wix.com/support-cambodia
がバックアップする形で、今まさに8月完成の予定で湖に浮かぶ水上小学校を作っているところです。




私どもフリーバードもそのプロジェクトにわずかながら協力させていただくことが出来ましたので、開校をお祝いしたく、
子供たちへ鉛筆やノートなど筆記具を持ち寄りまして10月後半に訪問させていただくことになりました。
またギターを持ち込んで今回の旅のメンバーが教室で日本の歌も披露する予定ww

その後、シェムリアップ郊外へ移動し、ラッターさんの実家近くの小学校へも行くことになりました。
こちらもラッターさんとその友人たちにより作られた小学校だそうです。

そして少し無理矢理ではありましたが、ラッターさんのご好意!により実家に泊めていただくことに!
この機会に子供たちだけでなく、村の人達とも交流し、生のカンボジアをより知るきっかけになればと思います。

初めてバックパックに鉛筆を詰め込んで一人訪れた国、カンボジア。
あれから10年。
NGO FreeBirdというかたちになった今日まで、沢山の方々の支えていただき続けてこれました。
皆様、本当にありがとうございます。
引き続き今年もバックパックを背負います。
そして初心を忘れぬよう、10年ぶりのカンボジアへ向かいます。

そこで皆様にご協力をお願いします。
ご家庭で必要なくなった筆記具や古本などを集めています。
詳しくはコチラ↓をご覧ください。
http://ngofreebird.web.fc2.com/Relief.html
鉛筆一本でもかまいません。何かが変わるかもしれません。
よろしくお願い致します。
代表 小川 等
※※画像の一部はソリアープロジェクトさんの許可をいただき使用させていただいております。ご協力ありがとうございました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年タヴァン村小学校

2015-12-27 13:59:12 | ベトナム
イェンニン寺を後に、再びハノイ市に戻り、駅から寝台列車にて終点のラオカイを目指します。
一昨年来た時よりも駅が建て替えられて綺麗になってました。
ここは中国との国境の町です。


そこから車で1.5時間でサパに到着です。




サパは目的地のタヴァン村小学校へ歩いて行く為の玄関口。
最近、ハノイからサパまでの高速道路が出来たらしく、片道6時間ほどだそうです。
横になって寝ている間に着くし、お金と宿代の節約にあえて寝台列車ですW

ラオカイでは雨でしたが、サパでは晴れたり雨が降ったり。
そしてタヴァンに歩くにつれどんどんと快晴に近づいて行き、見事な棚田の風景を見ながらのトレッキングになりました。






しかし一昨年は普通に歩けた道のりも、前回よりも荷物を増やして行ったことや、日頃の運動不足のせいもあり、
途中で足がガクガクの産まれたての小鹿ちゃんのようになり、肩に荷物が食い込むは、それを支える腰まで痛くなってきて…
ホント辛かった…

そしてやっと小学校の寮に到着!!
やっと荷物が降ろせる!!と思いきや、誰一人いません…みんな遊びに行ってるとのこと…
仕方なく約1キロ先のホームステイのお宅まで荷物を背負って行くことに…


ホームステイ先でしばし休憩の後、再び荷物を背負い小学校へ戻る時の体の痛さと心の折れ具合ハンパねぇ…。
暗くなり始めた頃やっと到着です。





小学校の事務室に通していただき話を聞くと、遠くから来る子供の数も増え、
前回届けた寮の他にも小学校の横に寮を増築しているそうです。

子供の数も増えれば勉強や寮で生活するのに必要な物も不足してくるので、
大変ありがたいとのお言葉をいただきました。

週末には自炊をしながら親元を離れ生活し勉強をしている子供たちに、
今回も皆様からお預かりした筆記具、無事届けて来ました。
自分で火をおこして自分の食事を作れる小学生って日本にはほとんどいないかも!?

小学生だからまだ寂しかったりもするだろうけど、今回届けたもので少しでも喜んでもらえたらと思います。
この鉛筆一本でも子供たちの未来が明るくなれば。

そして今回も皆様からのご寄付やご協力、本当にありがとうございました。
次回も続けていけるように頑張りますので、引き続き応援よろしくお願い致します。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年ニンビン省イェンニィン寺

2015-12-23 17:41:05 | ベトナム
翌日はボーデ寺が閉鎖されたと聞いて慌てて探した、ハノイ市内から約2時間ほどのニンビン省にある、イェンニィン寺へ行ってきました。

こちらの尼寺では子供たちと生活する為に半分自給自足の生活をされています。
お寺の横に宿舎


そしてお寺の裏に畑があって野菜や米などを作っており、近所の方々がお手伝いしに来ていました。



この子はへその緒がついたまま、お寺の門に置かれていたそう…
でも今はこのお寺のみんなのアイドルです!
地元芝山のゆるキャラ、しばっこくんもベトナムデビュー!

近くの学校から子供たちが帰ってきたので筆記具を渡してきました。


生活に必要な物が慢性的に不足しているとおっしゃっており、食事は畑で取った野菜や米、手作りの調味料や保存できる豆、冷凍庫にある子供たち用の鶏肉などを使いながら、食事をまかなっているそうです。

物は無いなりに子供たちやお寺の人、お手伝いのおばあちゃんたちもみんな仲良く暮らしていて、ほのぼのとした雰囲気のお寺でした。
こういった所にこそ生活に必要な物資を届けなければと思います。
そしてみなさんからお預かりして届けた筆記具で少しでも将来の夢が描くことが出来たなら嬉しいです。


そしてこちらニンビン省には世界遺産の古都ホアルーや

2014年世界遺産登録のチャンアンもありますので、

観光のついでにぜひイェンニィン寺に寄ってみてはいかがでしょうか。
窓口はハノイボランティアネットさんにメールして頂くとスムーズです。
日本語で大丈夫ですので。
http://hanovonet.web.fc2.com/contactus.html

イェンニィン寺の住所と場所の説明
Chùa yên ninh thôn đông trang xã ninh an.huyen  hoa lư.tinh ninh binh


chùa nằm sau ga  yên đoạn đường tàu vắt ngang




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハノイ市近郊の特別支援学校

2015-11-23 17:26:14 | ベトナム
10月1日よりベトナムのハノイ市近郊にあります、国立の特別支援学校。
ハノイより車で約2時間のニンビン省にある尼寺イェンニン寺。
そしてハノイより寝台列車で8時間、車で1時間半のサパより歩いて5時間のタヴァン村小学校に届けて来ました。

まずは行く予定でしたボーデ寺ですが、出発の数日前、すでに閉鎖されているという連絡があり、
小さな頃から一緒に暮らしてきた子供たちも皆バラバラになってしまった模様…
急遽イェンニン寺をネットで見つけて、ハノイボランティアネット様
http://hanovonet.web.fc2.com/index.html
に紹介していただきましての出発となりました。

到着後、今回もガイドをお願いしたホンさんに詳しく聞いたところ、
ボーデ寺の職員2人が人身売買で捕まって裁判にかけられているとのこと…
マジか…
絶句したとはこのことです…
つまり、子供たちを売っていたということなのです。

保護された子供たちはバラバラになってしまいましたが、ハノイから60キロほと離れた所にある、SOSチルドレンズビレッジなどで暮らしているようなので安心とのことです。
今まで2回ほど訪ねて来た場所でのことに、こんなことあっていいんかい!と怒りがこみ上げてきますが、これが現実に起こったことなのだと思うと、やはり到着早々衝撃と言うか、ショックでした…
せめて幸せに暮らしていることを祈らずにはいられません。

その後ホンさんが代わりにと特別支援学校の場所を探しておいてくれていたので、
早速買い物をして向かいました。

到着するとすぐに子供たちが笑顔で私たちを迎えてくれました。



いきなり手をつないでくれたりして、なんだか照れくさかったけどうれしかった!
人なつっこい笑顔のおかげで、ボーデ寺のことで沈んでいた気持ちも一気に回復です!
逆に子供たちに元気を分けてもらいました!♪ヽ(´▽`)/
みんな~ありがとう!










コメント
この記事をはてなブックマークに追加