ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)。




先日、「たまごっちのプチプチおみせっち」をお子と遊んでいた。
年齢や性別からして「たまごっち」がターゲットにしている
ど真ん中のユーザーだと思うのだが、
一緒に遊んでいて何かと疑問が多かったので
今回はパッケージにロゴの載っていた
猿楽庁について書いてみることにする。

猿楽庁のホームページの「業務内容」にはこう書いてある。

>ゲームのクォリティを上げるためのチューニングを行います。
>チューニングとは、企画書や開発途中のゲームをお預かりし、
>弊社スタッフのノウハウによりその内容を細かく検証・分析し、
>「さらに面白くするには」ということを念頭に置いた上で、
>プレイされるユーザーの方々に十分満足していただけるような改善案を考え、
>ご提案させていただく業務です。
>ゲームチューニングには、ポイントを絞り深く検証する「モニタリング」、
>広く全体的に検証する「評価」、
>難易度調整など遊びやすさを追求する「バランス調整」、
>プログラム的不具合(バグ)をチェックする「デバッグ」などがあります。


全ての行程を自社で済ませることなく、
第三者のチェックを設けることは作品のクオリティアップには効果的だと思う。
「上海」をプレイしていると、
何故か側で見ている人間の方が取れる牌に気付きやすい。
これは、当事者(プレーヤー)ではない
第三者の視点でゲームを見る事が出来るからであろう。
強引か、まぁ良い。
猿楽庁は、そんな第三者の立場から
制作者が見逃した粗を指摘する組織だと思っていたのだが・・・

少なくとも今回の「たまごっち」に関しては、
猿楽庁は明らかに仕事の手を抜いている。
抜いていないと言うのなら、猿楽庁の中にはバリバリのゲーマーしかいないか、
子持ちが誰一人としていないかのどちらかであろう。
ちなみに説明書の最後のページには
「チューニングをしたひと・かぶしきがいしゃ さるがくちょう」
としっかり記載されていた。

以下は私が気付いた現時点(全てのお店をロイヤルまで育てたところ)での
明らかな不満点である。

1:全体的に急かすメッセージが早過ぎる。
  大人ですらちょっと待ってくれというタイミングで急かされる。
  ついて行けない子供も多いと思う。
  そもそも、「急かす」という要素が必要だったのか疑問。
  花やケーキを好きなようにデコレーションしろと言われても、
  こんなに急かされては「楽しく悩む」余裕などない。

2:見本の絵柄にメッセージを被せる無神経
  ケーキ屋やアクセサリー屋では、
  こんな風に作って下さいよという見本が表示されるのだが、
  あろうことかここにキャラクター同士の会話を被せるのである。
  会話のせいでほとんど絵柄が確認出来ないことも多々あった。
  そのくせ急かすのは相変わらず早い。どうしろと言うのか。

3:同系色を多用する謎
  おふろ屋やクリーニング屋などでは、指定された色の入浴剤や
  シミ抜きを使用しなければならないのだが、
  オレンジとピンクなど、判断のつきにくい同系色を
  やたらと多用しているのは何故なのか。
  紺色のスカートにオレンジのシミがついていたりすると、
  下地の色と混ざり合って何色なのか判別できない。
  もっと判別し易い色を使用するべきであろう。

4:ヘルプになっていないヘルプ機能
  一応遊び方説明としてヘルプ機能が搭載されているのだが、
  明らかに説明不足で付けている意味がない。
  低年齢向けならばもっと徹底的に言葉を選び、
  「そんなことはわかったから」と逆にユーザーから言われるぐらいに
  優しくする必要があると思う。

5:たまごっちを育てる楽しみがほとんどない
  パートナーとしてたまごっちを選ばせておきながら、
  プレーヤーが出来ることと言えば部屋のアイテムを買い揃えるぐらいで
  しかも何を買ってもたまごっちとの関係は変わらない。
  おみせがメインとはいえ、題材がたまごっちである以上、
  やはりたまごっちとのコミュニケーションをもっと重視するべきだったと思う。
  例えば部屋を豪華にしたり好きな食べ物を与えることで親密度が上がるなど、
  考えられることはいくらでもあったはずだ。
  「シンプル」は「単調」とは違う。
  
6:お金が足らなさ過ぎる
  アイテムひとつ買うにも数百円、下手をすれば千円以上するにも関わらず
  おみせで得られる収入はせいぜい1回30円程度。
  気が遠くなるほど働かなくては良いアイテムを買う金は貯まらない。
  また、一度購入した商品はいつでも模様替え出来るようにするべきではなかったか。
  お菓子などの消耗品はともかく、服や部屋のパーツまで
  変更するごとにまたお金が必要なのはどう考えてもおかしい。

他にも、「ケータイかいツー!」の人気の秘訣は通信にありと言われながら、
何故ワイヤレス通信機能を持つDSの特性をもっと活かさなかったのかや、
「全てをロイヤルにしたらすごいことが起きる」と書いておきながら
実際は(ほぼ)何も起きないこと、操作性の悪さなどなど、、、
細かな点を挙げればキリがない。
これらの事を全て「問題なし」と判断したとしたら、
猿楽庁などあってもなくても同じである。
ファミ通の殿堂入りシールのようなものだ。

猿楽庁には、業務内容の1行目に
「ゲームのクォリティを上げるためのチューニングを行います」
と記載することの重要性をもっと考えて欲しい。
パッケージに猿楽庁のロゴを見つけた時、
「それなら安心だ」とユーザーが思えるような、
そんな会社で居て欲しいのだ。


【関連記事】

さいばーぷらねっと(オープンβ2):「ゲームのチューニングねぇ…」

コメント(73)Trackback(0)



« ゲーム業界に... ミクロ発売記... »
 
コメント
 
 
 
【書き込み前の諸注意】 ()
2005-09-24 02:28:46
コメント欄での削除規定を以下に設定した。

ルールを守って使用していただきたい。



■「投稿」ボタンを押す前に再度大きく深呼吸し、

 冷静に読み返しを。

■Unknown(ハンドルネーム無し)での書き込みは、

 匿名、名無し、通りすがり、など、

 匿名であるという意味の変形も含め、

 書き込み内容に関わらず全て削除対象。

■”意味を成さない”一文字での書き込みも削除対象。

■他人を不愉快にさせる発言も全て削除対象。



なお、書き込み数によっては

全ての意見にレスを返せない場合もあるので

予めご了承いただきたい。

 
 
 
Unknown (猿楽庁近所在住)
2005-09-24 02:47:29
説明の文面に「改善策をご提案」とあるので、

策を聞いて反映させるかどうかはたぶん

メーカー任せなんじゃないですかね。

この会社の前身であった「マリオクラブ」での

一押しタイトルは確かにいいゲームばかり

でしたので(旧初心会の時代ですね)、

評価そのものはアテになると思いたいです。

そういえばこの会社はエンターブレインの

傘下でしたね。

たまごっちは殿堂入りしてましたっけ。

ちょっと不穏な気がしないでもないですな。
 
 
 
Unknown (maro)
2005-09-24 02:57:21
はじめまして。

僕は猿楽庁に関しては割といいイメージをもってました(雑誌などの特集で。)

しかし「武刃街」(ガクト主演)はひどかった・・・

確かに遊びやすくはあるのですが、ACGとしてのカタルシスが全く無いものでした。これでチューニングされてるとしたら元はどんなもんだったのか・・・やはりチューニングはチューニングということでしょうか。元がしっかりしていないと意味無いようにおもいます。



しかし自分はパッケージに猿楽庁のロゴがあると期待してしまうクチなので、がんばってほしいです。
 
 
 
Unknown (Mister)
2005-09-24 03:07:35
マリーガルの評価部門が独立した会社でマリオクラブとは関係ないですよ。元々任天堂の出資ですから、関係がないとは言いませんが。
 
 
 
猿楽庁がチューニングしてたのか (泣き虫)
2005-09-24 04:54:47
猿楽庁がチューニングしてたのは全然知らなかった。

全部の店をロイヤルにしてないので細かく突っ込めないが、

忍さんの意見にほぼ前面同意です。



特に、子供向き(と言いながら自分も遊んでますが)のゲームだけに、

普段ゲーマー感覚で“こりゃ、説明無くても分からんわ”ようなところで、

説明が抜けてたり、可愛いたまごっちキャラ達との関係を深められないのが惜しいです。



“子供だから暇”が原因なのか、ごっちが全然溜まんねぇ~

(お陰さまで今洗濯がめちゃぐちゃ上手いんだけどね

あと同系色を多用されるのもそうです、間違いやすいよね、アレ。



自分の場合、このゲームのキャラとシナリオに癒されたいので、

あんまりゲーム性の事を深く考えませんでしたが、

コレが本当に猿楽庁クオリティなら、手を抜けてますね。

コレぐらいのゲーム性なら、猿楽庁を使わなくてもバンダイだけで十分な気がする。
 
 
 
早速訂正(汗) (泣き虫)
2005-09-24 05:01:52
誤:忍さんの意見にほぼ前面同意です。

正:忍さんの意見にほぼ全面同意です。



誤:普段ゲーマー感覚で“こりゃ、説明無くても分からんわ”ようなところで、

正:普段ゲーマー感覚で“こりゃ、説明無くても分かるわ”ようなところで、



騒がせました。
 
 
 
そんな無茶な (うろん)
2005-09-24 06:52:04
開発会社から猿楽庁にチェックの仕事を「外注」しているわけで、猿楽庁はあくまで意見をまとめて、提案することしかできません。



マリオクラブと任天堂の開発部署なら、同じ会社の部署同士ですから、対等とまではいかなくても、多少の強制力、影響力はあるのでしょうが、猿楽庁は開発会社から見れば「外注」先ですからね。

開発会社の側が必要ないと思えば、猿楽庁がどれだけ指摘しても、仕様変更されないでしょう。



「猿楽庁」シールを品質保証として捉えるのは根本的に無理があると思います。
 
 
 
Unknown (豆腐)
2005-09-24 09:57:04
猿楽長ってなんですか?

調べてもわかりません><

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&rls=DVXA%2CDVXA%3A2004-51%2CDVXA%3Aja&q=%E5%8E%BB%E3%82%8B%E5%AD%A6%E5%BE%92&lr=



猿楽長なんてどうでもいいよ。

一般のしとは猿楽長なんて知らないよ。

デバッグやらせとくだけでいいジャイマカ。
 
 
 
どちらが悪いではなくて (ganga)
2005-09-24 10:01:19
初週15万本超えということですから、サードとしては大威張りできる数字だと思います。

ただこのくらい売れることは、メーカー側としてある程度予想できていたことだと思うのですが、

それならばやはりそれなりのクオリティで仕上げてほしかったと思います。

おそらく普段ゲームを遊ばない女の子が買ってることも多いと思いますが、そんな子たちに「ゲームってこんなものなんだ」と思われるのが残念です。

そこまで考えて、バンダイ、猿楽庁はお互いのベストを尽くしたのでしょうか。



 
 
 
Unknown (むーん)
2005-09-24 10:23:45
自分もmaroさんと同じく「武刃街」の時の猿楽庁の仕事ぶりに疑問を感じたクチです。

このゲーム、ノーマルの難易度でプレイしても後半難易度が異様に上昇して、アクションゲームにそこそこ自信のあった自分でもとうとうクリアできず投げだしてしまいました。

(イージーモードで一からプレイしなおすのもアホらしいし。)



これで「チューニングしました」のシール貼られても・・・。

もし猿楽庁で改善要望を出しいてもきちんと改善されてなかったとしたら、そもそも「チューニング」うんぬんのシールは貼らないで欲しいのですがね。

 
 
 
長くは売れないかな (K-Village)
2005-09-24 10:33:47
おみせっちは、本体を引っ張る力もありそうですし、内容によっては長く売れ続ける可能性もあるかなと思い期待していました。

しかし、アイテムの収集や交換、たまごっちとの触れ合いなど長く遊ぶための仕掛けが弱そうですね。残念ながら短命商品になってしまうのかな・・・
 
 
 
猿楽庁って (nintendods)
2005-09-24 11:35:09
猿楽庁って確かメテオスのチューニングもしてましたね。メテオスも難易度上昇カーブが急でしたが、どちらかというとゲーマー向けチューニングにしちゃう傾向にあるんでしょうか。

そういうところからすると、忍さんの意見は、今回のたまごっちに限らず「猿楽庁ロゴ」がついた過去のソフトのチューニング結果も含めての記事なのかなぁと思う次第。



「猿楽庁は意見を言うだけだから~」という論調の方が多いですが、意見が受け入れられなかった時は「猿楽庁ロゴ」は外してもらうべきでしょうね。いや、普通はそうしてるでしょう。それが「ロゴ」ってものだと思います。
 
 
 
信用を売って欲しい (noe)
2005-09-24 11:50:32
「チューニング」。

普通、こんなクレジットが入っていれば、

より良く改善されていると期待してしまいますからね。

もし改善がメーカー側に委ねられるというのであれば、せいぜい協力、スペシャルサンクス等が妥当なのでは。



改善された結果、それでも問題がある場合は素材に原因があるんでしょうけど……。
 
 
 
無責任すぎるんじゃ (一家言)
2005-09-24 12:00:55
>開発会社から猿楽庁にチェックの仕事を「外注」しているわけで、猿楽庁はあくまで意見をまとめて、提案することしかできません。



>開発会社の側が必要ないと思えば、猿楽庁がどれだけ指摘しても、仕様変更されないでしょう。



だったら「ゲームのクォリティを上げるためのチューニングを行います」なんて書くなってことでしょう。

 
 
 
大丈夫?猿楽町のチューニングだよ? (シンちゃん)
2005-09-24 12:28:57
などと囁かれる日も近いですかねえ。



なんか猿楽町のブランドが完成度の向上ではなく

販売促進の手段として用いられている感じですね。
 
 
 
む、 ()
2005-09-24 13:23:52
今回は早めにつけておこう。



>猿楽庁近所在住殿、うろん殿



ううむ、お二方の仰ることも多少なら

理解(というか察することが)出来なくもないのだが、



>>「猿楽庁」シールを品質保証として捉えるのは根本的に無理があると思います。



このお言葉は「ならば猿楽庁とは何の為の機関か」という

会社そのものの存在意義をも揺るがしかねない気がするのだが。



>maro殿、むーん殿



「武刃街」は私は少ししかプレイしていないのだが、

バランスは悪かったと聞いていた。

あれも猿楽庁チューニングであったか。

だとすると、関与作品リストは

もうずいぶんと更新されていないのだな。



>Mister殿



情報感謝。

私も猿楽庁の立ち上げには任天堂が絡んでいたことは

知っていたので、わざわざ立ち上げた

外部チェック機関がこれでは困る、という

意味を込めてこのエントリーを書いてみた。



>泣き虫殿



そうなのだ、私もこのソフトが

「バンダイ」(の関連会社)だけで発売されていれば、

ここまで不満は抱かなかったような気がする。

それはそれでバンダイに失礼か。



七音社が発想だけで詰めの甘い会社ということも

過去の作品から明らかなので、

猿楽庁の関与はバンダイの版権と七音社のアイディアを

うまく作品に活かすためと思ったのだが・・・



>豆腐殿



デバッグならバイトでいいジャマイカ。



>ganga殿



うむ、久々に、もしくは初めてゲームに触れる、という

ユーザーが多いであろうことを、もっと意識して欲しかった。



>K-Village殿



いや、GB版も大してゲーム要素は無かったし、

何より本家のたまごっちもゲーム性は低いので

現在の過熱気味な人気からして、まだしばらくは売れ続けるように思う。

だからこそ、慎重に丁寧に仕上げて欲しかったのだが。



>nintendods殿



確かに「メテオス」の時にもそう感じたのだが、

今回のは私が知っている猿楽庁関与作品の中でも

最も酷いレベルだったので記事にしてみた。

チェック機関のチェック能力が衰えたら、

誰がそれをチェックするのかと。



>noe殿



チェック機関の指摘を受け入れないようなメーカーは

わざわざ外部にチェックを発注しないと思うのだ。

猿楽庁は例えメーカーに嫌われてでも

ユーザーの立場に立った仕事をして欲しい。



>一家言殿



まさに仰る通り。



>シンちゃん殿



このままではCEROが儲かるだけで

実際はほとんどチェックされていない(ようにしか見えない)

年齢制限シールと同じになってしまう。
 
 
 
難しい問題です。 (OK_M)
2005-09-24 13:38:12
私も猿楽庁と同様のお仕事をしていたことがありますが、

まぁ、みなさんがおっしゃられるように、あくまで「提案」です。

その取捨選択は開発に委ねられます。



これは悪いことではありません。

開発には作りたいゲームの理想図というものがあるでしょうし、

その他の諸々の事情もあるでしょう。

また、猿楽庁も万能ではありません。

猿楽庁という看板は背負っていても、実際にチューニングに

関わるのはそのタイトルを任された数人だけですし、

やはり個人の趣向が影響します。



ただし、他の同種の会社や部署とは違い、猿楽庁は

その存在をアピールすることである程度のクオリティの

保障を謳っているわけですから、企業として問題の改善に

努めるべきでしょう。



忍さんのおっしゃられている不具合が事実なら、

バンダイは猿楽庁のシール(信用)を金で買った…

猿楽庁は金でシール(信用)を企業に売る…

という謗りは免れないですね。



クオリティの保障に信頼がないのなら、猿楽庁は成り立たなくなり

ますから、最初の理念を思い出してほしいものです。







…ぶっちゃけたこと言うとさ、こういうの使うと開発が伸びて

予算が余計にかかったりさ、仕様を変えられることを嫌う

企画マンがへそ曲げたり、色々軋轢が生まれたりとかね、

口で変えろと言うのは楽だけど、実作業はそうじゃないし、

現実だから理想通りというわけには……ねぇ、難しいねぇ。



遊ぶユーザーには関係のない話だけど。
 
 
 
Unknown ()
2005-09-24 13:56:17
上のコメントにもあったけど、猿楽庁って

エンターブレインが90%株式持ってるっつー

子会社なんスよね。



…親が親なら?

#浜村通信で猿楽庁を取り上げてたのがちゃんちゃらおかしいと思いました。
 
 
 
そう言われましても… (さんご)
2005-09-24 14:13:04
以前猿楽庁と実際に仕事をした経験がある者です。

猿楽庁から提出される意見は確かに「なるほど」と、納得できる内容のものが多いのは事実です。

ただその内容がシステムの根底を覆すような意見であったり(アドベンチャーゲームをシミュレーションゲームにしろといったレベル)またそうした上で他の提案をどんどん展開してきたりと結構乱暴です。

それも開発の終盤だったりするので、終盤で「作り直せ」というのと同じレベルの意見を出されても現実的にそんな事が出来るはずはありません。



チューニング請負といってますが、現状のものをいかにすれば良くなるかといった意見よりも、こっちの方が面白いから作り直しなよといった意見の方が返ってくる事が多いので、それではチューニングのしようがありません。

事実その企画では、ほとんど猿楽庁の意見が反映される事はありませんでした。

まぁ、反映したくても出来なかったわけですが…



猿楽庁はゲームがある程度出来てきてからしか意見を言えないという側面がありますから、猿楽庁自身が開発会社にならない限りは猿楽庁ブランドなど確立しようにも到底無理な話だと思いますね。

 
 
 
Unknown (ZU)
2005-09-24 14:22:12
CEROのマークぐらいのもんじゃないですかね?
 
 
 
Unknown (ドロシー!)
2005-09-24 16:43:25
アドベンチャーゲームをシミュレーションにしろといったレベルの発言は、チューンとはいえないのではないでしょうか。

与えられた期間内にできる最良のチューンを提案するのが、プロの仕事だと思います。

(そういえば作曲家の田中公平さんは、与えられた資金の中で最高の曲を作るのがぼくの仕事だと仰っていました)
 
 
 
そもそもあてにしてない。 (BitCrasher)
2005-09-24 19:35:00
その理由はPS2&GC「激闘プロ野球」(セガ)にある。

水島新司キャラ登場の野球ゲームでなおかつ

以前セガサターン「グレイテストナイン」シリーズに

好感持っていたセガ系野球ゲームの新作だったため

期待をかけていたが、、、裏切られた。

必殺技などの演出などはまだいい。

だが野球ゲームとしての基本的な部分や

選手交代などのシステムの落ち度など

えらくストレスが溜まるようなやり方されては

何しにきたこのサル野郎!

とでも言いたくなるマジで。

幾多の名作で名を馳せたところで

駄作ひとつで名を落とすようだと

そっちのダメージのほうが大きく出る場合

少なくないですから。
 
 
 
チューニング (ken)
2005-09-24 20:18:12
チューニングというなら難易度の調整とか操作性の改善とかバグチェックとかだと思っていました。

ゲームの根底から変更するような「提案」は越権行為というか何か思い違いをしているとしか・・
 
 
 
猿楽庁の意義 (聖ミツコ)
2005-09-24 21:31:40
やはり猿楽庁の

チューニングによるゲームの質の向上、

という理念には一定の意義があると思います。



そして企業として意味を持つためには、

猿楽シールがファミ通殿堂入りと同じであってはいけないと思います。

上記書き込みにあるように、

最後の段階で無理な口出しには問題ありますが、

それならばひとつの解決策として、

もっと早い時期の開発からパートナーを組むという手だてもあるでしょう。



ゲーム内容に関しては万人向けの解答はありませんが、

操作面、システムにおける使いやすさという点では、

一方向の解答が存在します。

この反省を生かし、猿楽庁には信頼される企業になっていただきたい。



以上、マリーガル残滓のたわごとでした。
 
 
 
猿楽庁さん未経験者ですー (さいばぱん子)
2005-09-24 23:45:19
「猿楽庁さんと1度はお仕事してみたいー」

単純に、どんなこと言われるのか?みたいな

好奇心から、そんなことを思ってる

私ですー(苦笑)



私は子供向けゲームを作っているとき

途中段階での子供モニター会に

お呼ばれしたことがあったんですけど

あれはカルチャーショックでしたよー(汗)

「見るところ」「重要と思うところ」

「どうでもいいところ」「やろうとすること」

全てが異次元の出来事でしたー…



そのとき

「大人は子供を兼ねることはできない」

ということを痛感したので、おみせっちの件は

「途中で子供に見せなかったのかなぁ」

…と、そこのほうが気になりますねー
 
 
 
猿楽庁との出会い (ポゥ)
2005-09-25 03:24:32
個人的には「カルドセプト(セカンド?)」でしょうか。

ソフト発売当時、雑誌等で猿楽庁はこんな仕事してます、

と紹介されてました。

その時はカードのコストやモンスターの強さなどの、

バランスを考える仕事だという紹介だったと思います。

まさにチューニング。このゲームの肝と言えると思います。

カルドセプトの評判が良い(と思う)のも、

この絶妙なバランスが評価の一因で、

バランス調整した猿楽庁スゲー!になったと思います。



しかし、最近の猿楽庁が関わった作品は、

ドコをどういう風にチューニングしたか解り難く、

カルドセプトの様な満足度の高い作品も少ない為、

「ちゃんと仕事してるの!?」

という疑念を生じさせているんだと思います。

作品事に『何をしたのか』『何を担当したのか』が解れば、

ある程度猿楽庁の評価が出来るのかもしれません。



でもゲーム自体の出来がアレなら、それに巻き込まれて

(猿楽庁自体はちゃんと仕事をしても)

評価も落ちてしまう危険性も含んでる気がします。
 
 
 
Unknown (琴欧州)
2005-09-25 15:30:06
そんな猿楽庁とか弱いとこを叩いてないで

任天堂も叩いたらどうですか?



任天堂も任天堂チェックとかしてるんでしょ?

任天堂がこのゲームはもうちょっと作り込み

なさいと命令すればすむことでしょ?
 
 
 
Unknown (キム)
2005-09-25 16:18:07
何で任天堂が他社の製品に口出しするんだw

出しても残酷表現がどうとか

性的表現がどうとかまでしかいえないでしょ。
 
 
 
確かに (火魔)
2005-09-25 18:44:13
>任天堂がこのゲームはもうちょっと作り込み

なさいと命令すればすむことでしょ?



お客様にそんなこといえませんww
 
 
 
妹がやってます (マラオ)
2005-09-25 21:28:28
小5の妹がやってます。

大人がやると不満に思う事を「不満」には感じないでプレイしています。

ミニゲームの進め方が解らなくても、少しずつ理解し、「あーこうやるんだー」と。

同級生にやらせると、たこ焼きをひたすら1時間ほどプレイしてました。

面倒なミニゲームが新鮮なのかな?
 
 
 
む、 ()
2005-09-26 00:02:25
>OK_M殿



他の方も書いておられたが、

第三者の意見を聞き入れられない方が

チューニングを外部に発注するとは思えないのだが。。。

猿楽庁の内部がどうなっているかは外部の人間、

ましてユーザーが知り得るはずもなく、

「我々はチューニングをしています」とゲーム誌でPRするなら

やはり看板に偽りがあってはならないと思う。

仰る通り難しい問題だ。



>外殿



浜村通信と言えば、つい最近

「浜村通信 ゲーム業界を読み解く」を読んだ。

・・・以下自粛。



>さんご殿



さんご殿のお立場は充分理解出来るし、

猿楽庁の側にもきっと言い分はあるであろうが

商品として世に出てしまえば完成度が全てであり、

そういった内部でのゴタゴタは「言い訳」にしかならないと思う。

上でも書いたのだが、聞く耳を持つつもりがないなら

外部にチューニングなど発注しなければ良いのでは。



>ZU殿



あれよりはマシだと思いたい。



>ドロシー!殿



田中氏のお言葉はなかなか上手いな。



>BitCrasher殿



>>幾多の名作で名を馳せたところで

>>駄作ひとつで名を落とすようだと

>>そっちのダメージのほうが大きく出る場合少なくないですから。



そうなのだ。

だからこそ、チューニングを生業としている

猿楽庁の仕事には手抜きはあってはならないと思う。

少なくとも今回のことで私の中の信頼度はガタ落ちだ。



>ken殿



その話がどの程度まで真実なのかは

猿楽庁と双方の話を比べてみなければ分からないのだが、

仮に事実であれば、指摘された側の出来が

相当に悪かったことも考えられる。



>聖ミツコ殿



仰る通り。

終盤なので変更不可、という段階になって

初めて口を出すというのがそもそもおかしい。

今回の「たまごっち」に関しては、

操作性や色使いなどの基本部分での粗が多く、

こんな物はしばらく遊べばすぐに気付くことであり、

しかも修正も簡単だと思うのだが、

そこさえ見落としたとなると。。。



>さいばぱん子殿



これはこれは、もしや書き込みしていただくのは

初めてではないか。

いつもトラックバックしていただき感謝。



子供向けの作品は「昔子供だった大人」の視点だけでは

やはり見つけにくい部分も多いと思う。

今回、私も姪と一緒に遊んでいなければ

「ちょっとしたコツ」で切り抜けていたかも知れない。

しかし低年齢のユーザーには、

大人には当たり前の「ちょっとしたコツ」が見つけられないのだな。



>ポゥ殿



確かに、猿楽庁を立ち上げた当初はもっと信頼性の高い会社だったと思う。

手を広げた分だけチェック能力に粗が増えてきたのではないか。

これこそ本末転倒だ。



>琴欧州殿



ううむ、今回は猿楽庁のチューニング能力についての記事であり

任天堂はあまり関係ない。

もちろんSCEも関係ない。



>キム殿、火魔殿



確かに。



>マラオ殿



うむ、小学5年生ならそれぐらいの知恵は働くと思う。

ただ「たまごっち」は5歳前後(下手すると3歳あたり)から

プレーヤーが存在するわけで、

それらの点を踏まえるとこれではいかんと思う。

 
 
 
理想と現実の狭間 (フリーユーザー)
2005-09-26 00:04:53
 今回のDS版「たまごっち」、私はプレイしていないので何とも言えないのですが、ネット上でもちょいと問題点を指摘する声が多いようですね。



 猿学庁さんは高い理想を掲げて仕事をしているという印象が強い会社ですので、「ウチがチューニングしました!」と名を連ねるソフトが問題多数なら、不備を指摘されても致し方ないと思います。



 ただクオリティの高さを掲げるだけでは商売が回らないも確かな現実。模型店に勤める私の知人が「良かれ悪かれお客を誑かすのも商売だからさあ」なんてことを言っていましたが(内輪ネタですみません)、内容の浅さをプロモーションで無理やり埋めて販売実績を作るのもある意味正しい商売のやり方。しかし猿学庁さんはそういう姿勢とは真逆の立ち位置を示されているわけで、商売と現実との狭間で、苦闘されているんじゃないかなあなんて、勝手な妄想をしたりしています。



 我ながら壮絶に取りとめのない書き込みですが、猿学庁さんの存在にはこれからも期待したいと思うのです。形骸化の可能性がありつつも、「クオリティチェック」を謳う商業会社の存在は、業界に緊張感を与えてくれると思いますので。
 
 
 
猿楽庁なんて (rock)
2005-09-26 00:28:17
まったく知りませんでした。以上。

…でも、おそらく猿楽庁としては「~のチューニング」の部分はアクション系とかのクオリティを上げること、として考えていたんでしょうね。まさかたまごっちとかの依頼が来るとは思わずに。(あくまで推測ですが)

で、そういうアクション系ではない、子供向けのゲームを任せたバンダイはいったい何を考えているんでしょうかね。開発力のなさばかりか、判断力もない気が。

…それにしても、そもそもバンダイの開発力のなさがそもそもの問題なわけですが、バンダイも改善しようとはせずに(あ、改善しようと思って猿楽庁に出したのか)、低い開発力でキャラクターだけで売っている現状を当たり前のこととして受け止めているのはどうなんでしょうかね?

こちら側も当たり前のこととして批判しないのはどうかと。今回の問題ってバンダイを批判しまくったあとに猿楽庁をちょこっと批判するのが本当の筋でしょう。



…馴れって怖いですね。
 
 
 
理想と現実 (OK_M)
2005-09-26 00:52:27
>忍氏



>第三者の意見を聞き入れられない方が

>チューニングを外部に発注するとは思えないのだが。。。



これは中々に難しい問題です。

チューニングを外部に発注するのは、あくまでプロデューサーや

それ以上の立場の人なわけで……

開発の中には外部からの意見を快く思わない人もいます。

また、どうしても都合がつかないこともあります。



 ・映像や声の収録が終了している。

 ・担当の人間がもういない。

 ・担当の人間に強い拘りがあるので変えたくない。

 ・実力の問題で改善できない。期限に間に合わせられない。



また、チューニングする側にも開発側の思惑や都合を考えずに

自分の妄想を意見として上げてくる輩もいるわけで……



 ・簡単に作り直した方がよいなどと言う。

 ・ゲームの主旨を理解せずに自分の好みをぶつけてくる。

 ・そこを変えると、他にどういった影響がでるかを考えない。

 ・自分の意見が通らないと腹を立てる。





ゲームに限らずなんでもそうですが、理想と現実の間にある壁は

厚く高い……
 
 
 
Unknown (影武者)
2005-09-26 02:12:01
チューニング屋が、依頼者の都合を考えながら

ものを言わなきゃならないのでは、

まともな意見が言えるとは思えないのですが…



ゲームの趣旨やそこを変えるとどうなるか?

なんていう問題は、本来ならチューニングする側と

される側とで意見交換をするべきでしょう。



どっちもお互いに投げっぱなしで終わりなんじゃないか?

と、新たな疑問が浮かんでくるのですが。



担当がいなくたって後を継ぐ人間がいるでしょうに。
 
 
 
ふと思ったんだが (月見酒)
2005-09-26 10:00:21
>少なくとも今回のことで私の中の信頼度はガタ落ちだ。



遠藤さんが「ゼータガンダム ホットスクランブル」出した時みたいなカンジだろうか。



しっかし、叩かれてる対象とは違うものを持ち出して

「叩くならこっちを」

っていうのは典型的な詭弁としか言いようがないなぁ。

路上駐車取り締まられた大阪のオバチャンと変わらん。



まぁこういう手合いは



「そんな話はしとらん」



だけで切り捨てとけばいいんだろうけど(ていうか、そうしてますね)。



そういえば国会で非難されている誰かを弁護するときに

「彼にもいいところが有る、例えば毎朝歯を磨いているかもしれない」

って言った奴がいて、それを叩くためだけに物凄い時間が浪費されたという

逸話があったっけなぁ。

歯磨き持ち出した奴の目論見、大成功。
 
 
 
Unknown (琴欧州)
2005-09-26 13:00:55
別に詭弁とは思いませんが?

任天堂も「任天堂チェック」といわれる

厳しい審査をしてるんだから

任天堂にも責任はあると思ったんですが?
 
 
 
ありがとうございます (橋本)
2005-09-26 13:34:41
忍さま、みなさま





初めまして、猿楽庁の橋本と申します。



みなさまのコメント拝読させていただきました。

貴重なご意見をありがとうございます。

忍さまをはじめ、ゲームを愛する方々が

たくさんいらっしゃることを、

改めて嬉しく思いました。



本来であれば、みなさまのご意見に一つ一つ

回答させていただくべきかとは思いますが、

全ての方々にお答えすることが難しく、

大変申し訳ありませんが、この場では

控えさせていただきますことをお許しください。





私達の、ユーザーのみなさまに満足して

いただきたいという気持ちは、今も昔も、

そしてこれからも変わることはありません。



とは言え、まだまだ力不足のところもあり、

改善していく点も多々あるかと思いますので、

今回みなさまから寄せられたご意見を

真摯に受け止めまして、

今後に活かしていきたいと思います。



どうもありがとうございました。

 
 
 
メテオスですが (メテオス5時間プレイヤー)
2005-09-26 20:48:01
上の猿楽町の方、本物っぽいですが、

会社的には大丈夫ですよね?ちょっと心配・・

変な事書いてないから大丈夫か・・



私は、メテオスをつい先日買った者ですが、

初心者向き、もしくは、まったり遊べるモードを

付けて欲しかったなぁ~と思います。

多分、桜井氏の強い意向と信念で、製品版の

ような、短い時間の中で、究極のテクニックで

高得点を競う感じのゲームになったので

しょうが・・小学生、楽しめるのかなぁ~??



また、操作ミスを防ぐような工夫が足りな

かったり、説明不足な説明書(と、ゲーム中の

説明画面)も、チューニングした??と疑問に

思ってしまいます。
 
 
 
二つ上の方は (s2N5)
2005-09-26 22:01:48
もし本物(本当に本物でしたら失礼しました)なら、

猿楽庁長官、つまり一番トップの方のはず、

なので会社的には大丈夫でしょうね。

しかし、こうして長官直々の書き込みが

あった(であろう)わけですから、

ここの書かれた意見、声は確実に届いた

のでしょうね(おそらく)。
 
 
 
む、 ()
2005-09-26 22:20:27
>フリーユーザー殿



仰る通りだと思う。

しかし、良い商品が売れるとは限らない時代だからこそ、

ユーザーが「アタリ」を引くための道しるべとして

猿楽庁には居て欲しい。

バンダイ×七音社はスワンのローンチである

「ケロリカン」以来かと思うが、

「ケロリカン」もやはり操作性など基本部分に粗が多かった。

どちらにもしっかりして欲しい。



>OK_M殿



もちろん、理想と現実に関してはある程度承知しているのだが、

業界に長く居れば居るほど、ユーザーには関係ない部分の

「事情」を色々と知ってしまい、

「仕方ないよね」になってしまう気がするのだ。



>影武者殿



同意。

「直せ」「今更遅い」では議論にすらならない。

外部にチューニングを発注するなら、

企画段階からしっかり関わって欲しい。



>月見酒殿



遠藤氏は「エアーズアドベン(以下自粛)」もナニであったな。



>琴欧州殿



それでも私には詭弁にしか見えないのだが。



>橋本殿



当BLOGのような無責任な外野の言い分に

耳を傾けていただき、大変感謝しております。



猿楽庁のような存在は、

積極的に情報を収集しないユーザーにとって

天から垂らされた1本の蜘蛛の糸のような物。

全幅の信頼を寄せるユーザーもいるかも知れないわけで、

信頼の重さに適う機関で居続けられるよう、

今後の活躍に期待しております。



>メテオス5時間プレーヤー殿



先日私の知人も「メテオス」を買ったのだが、

まさか同一人物・・・ではないか。



「メテオス」はブロックの大きさと操作性、

バランスを練り直せば傑作にもなり得た惜しい作品だと思う。

ゲーマー寄りのチューニングのせいで

化けられなかったと今でも思っている。



>s2N5殿



猿楽庁の長官日記が更新されておるので、

本物の橋本氏ではないかと思う。

声が届いたようで何よりであった。
 
 
 
ん? (rock)
2005-09-27 00:04:09
>月見酒さん

詭弁?ですかね??

このソフトってバンダイのソフトでしょう。

で、このバンダイに対して一言も批判がありませんよね、この文章は。

まあ今回は猿楽庁に対して批判しているわけですから、バンダイの扱いが薄くなるのはしょうがないとしても、(このあたりは前の文章と微妙に食い違っていますね、すいません。)バンダイに対する批判が一つもないというのは・・・。(いや、コメント欄では批判のニュアンスもありますけどね。)



ただ、それにしても公式に株式会社の社長から直々の書き込みがあったのはすごいですね。これからの活躍(忍さん、橋本さん共々)に期待したいものです。
 
 
 
む、 ()
2005-09-27 00:12:20
>rock殿



あくまでも私の勘なのだが、

月見酒殿の「詭弁」というのは、

「任天堂も叩いたら」と仰る琴欧州殿のお言葉を

指しておられるのではないかと思うのだが・・・



ちなみに、今回バンダイを引き合いに出していないのは、

主題が「チューニング専門の会社が関わるということ」なので

開発に関わった七音社や発売元であるバンダイは

あえて除外したのだ。

「たまごっち」の不備の直接的な原因が

バンダイと七音社にあることは最低限分かり切っていることとして、

その上での話なのだな。



 
 
 
うーん・・・ (rock)
2005-09-27 00:24:42
時間的に、私に対する批判も含まれていたのかな、と思ったのですが…。

忍さんのおっしゃっていることはよく分かるんですけど、あの文章だけを見たら全て猿楽庁が悪い、というような感じに見えてしまうので、あえて言ってみました。
 
 
 
Unknown (aria)
2005-09-27 00:39:50
まあこの件で言えることは、



どんなに優れた家庭教師でも、

成績あげるには限度がある



ってことじゃないでしょうか。

よい生徒なら成績はあがりましょうが、

バカを東大に入れるのはやっぱり難しい。



とはいえ聞いているとたまごっちはそれ以前の単純な見落としが多いようですが。

 
 
 
今思うのは (さんご)
2005-09-27 01:06:35
>外部にチューニングを発注するなら、

>企画段階からしっかり関わって欲しい。





残念ながら私が関わったその企画では、開発終盤からの猿楽庁への依頼でした。

猿楽庁への依頼は当時のクライアントである企業が独断で行ったものです。

その時は「なんで今頃」という思いと同時に、出来れば開発当初の段階から依頼して欲しかったと心底思ったものです。



ただ結果的にはほとんどその意味を成さなかったものの、猿楽庁から提出される意見はどれも的確で、変更が難しい現状は別として「なるほど…」と思えるものばかりであった事にはいたく感心しました。



それだけに開発当初から関わりが無かったことが悔やまれました。

ですから私自身は猿楽庁の仕事は評価していますし、またの機会があればもっと活発な意見交換をしてみたいと考えています。

 
 
 
>rock さん、 (泣き虫)
2005-09-27 02:37:41
僕がこのゲームをプレイした感覚を言うと、

「猿楽庁*付き*でこんな出来なのか」というのが、

猿楽庁がチェックに関わっていると知った時点の率直な印象でした。



繰り返しになりますが、僕は最初からこのゲームのゲーム性にあんまり期待しなかったのです。

どっちかというとやっぱり可愛いたまごっち達と癒されるシナリオが目当てでした。

が、猿楽庁がこのゲームのチューニングを担当していると聞いて時点、

もう心の許しが効かなくなって書き込みました。



いや、本当は、さんごさんや OK_M さんが言った事情があるかもしれませんが、

あのエンブレムが付くだけでイキナリゲーマー視点で批評し始める自分がいました。

やっぱり、あのエンブレムは自分の中では大きな存在なんだなぁと気づきましたよぉ。



だから(まとまりになってないけど…)、猿楽庁が悪いかどうかは、

ゲームチューニング産業が形成されてから、

もっと猿楽庁が関わった作品んが出てから、

 … … …

「たまごっち」が“ただの出来事”か、“すべての始まり”なのかを、時間がすべて証明してくれるよ。



自分が言うのもアレですが、前向きに期待しましょう。ね。
 
 
 
実態はどうなのでしょうね (ひろぽん)
2005-09-27 09:30:09
チューニングである以上、猿楽庁さんが関わる前と後で向上があったのかどうかが問題で、そこを知りたいなという気持ちがあります。



ここまでのコメントの中で猿楽庁さんの提案は実現不可能なもの、例えばロープレをアドベンチャーに変えた方がおもしろくなる、みたいなのも多いといったものもありました。

これが事実だとすれば、猿楽庁マークに対するユーザの期待や信頼と、その実態との間には、乖離があるのではないかと思います。



猿楽庁さんに対するユーザの期待、あるいはチューニングと言う言葉に対する期待は、そのゲームに猿楽庁さんが関わった事によって完成度が増し、遊びやすくなっていることだと思います。

開発プロジェクトの進行や意図されていたゲーム性を考えて実現不可能な案を多数提示して「案は提示したが開発側が受けてくれなかった」というのであれば、猿楽庁さんは仕事をしていないのも同じ。

仕事でそれを請負う以上、猿楽庁さんには、総合的に状況を判断して実現可能なチューニングを提案し、その結果として満足感をユーザに提供する義務があるのだと思います。



逆にその提案はすでに不可能な段階まで開発が進行していると思われるなら仕事は受けない、というのもまたユーザに対する誠意だと思います。



てなことを、こちらを猿楽庁さんのどなたかが本当に真剣に読まれているのだとしたら意見としてお伝えしたい、と考え書いてみました。

失礼いたしました。
 
 
 
勘・・・ (月見酒)
2005-09-27 10:51:31
忍氏の推察どおりなのだが、分かりにくい書き方だったろうかと反省している。



要するに

「今は猿楽庁について話している時に、話をそれ以外に誘導しようとしている」

ために「詭弁である」と述べた。



製作会社とは別に名前を出している以上、その仕事に対していろいろ言われるのは当然。

そもゲーマー以外は、任天堂がアタリショックの教訓からサードパーティのゲームのクォリティ

をチェックしている事など知らないだろう。故に、製作サイドではなく任天堂を持ち出した事に

疑念を禁じえなかった次第である。



この書き込み自体、琴欧州氏の「猿楽庁から話をそらせる」という目的に沿ってしまっている。

どうも私も、自尊心が高すぎるようだ。



私自身は猿楽庁に対し何も思うところは無い。単に「名前を出すならもうちょっと何とかした

方が良かったのではないか」と思った程度だ。

イメージは作るのは大変だが、崩すのは一瞬。

一人も不満に思わない調整なんていうものが存在しないのは重々承知しているが、忍氏の指摘は

ゲーマー的には頷けることが多かった。
 
 
 
不出来の責任の所在 (聖ミツコ)
2005-09-27 11:23:01
忍氏もおっしゃられているように、

不出来な部分に関する責任は、

まずバンダイと七音社にあったとしたうえで、

猿楽庁がかかわった意義を議論している、

という共通認識をみな持っていると私も思ってました。



今回議題になっているモノの中に、ソフトの操作系快適性という、

ノウハウをためることによりきわめて正解に近いモノが存在する部分が

おろそかになっていたことから、

猿楽庁にスポットをあてられたのだと思っています。



ともあれ、ここまでレスが伸びることは、

やはりいままで猿楽庁に信頼をおいていた人が多い、

という一面はあるのでしょう。

しかもHNをそのまま受け取れば、会社代表の方まで登場されたことは

意見を交わした意義は十分あると思います。

今後に一層期待したいですね。
 
 
 
既出? (yan)
2005-09-27 14:48:24
正式コメント

http://www.sarugakucho.jp/diary/chokannikki/index.html



既出ですか?
 
 
 
Unknown (琴欧州)
2005-09-27 17:31:17
>「たまごっち」の不備の直接的な原因が

>バンダイと七音社にあることは最低限分かり切っていることとして



ちゃんと書いてくれないとワカリマセーン

それこそ詭弁ですよ
 
 
 
Unknown (roujin)
2005-09-27 22:40:09
今回の記事に対して声が届いたことにすこし感激しました。

忍氏はこれからもどんどんこういう批判記事を書いて欲しいと思いますw

また真摯に受け取ってくれた猿楽庁の橋本さんにはこれから期待しております。
 
 
 
えっと (rock)
2005-09-28 00:07:38
何か私の勘違いで一部の議論が変な方向へ行ってしまったのでまずお詫びします。

>月見酒さん

いえいえ、こちらこそ変な風に勘違いしてしまって申し訳ありません。



>泣き虫さん

そうですか…。私は聞いたことすらなかったので思い入れは特にないのですが…。それだけ期待されている会社っていいですね。

ところでチューニング産業って言うのは形成されるのでしょうかね?

会社が次世代に向けて少なくなってきて、開発力が(一応)ある会社ばかりになる…はずなのですが。あ、でも検査係+アナリストと考えれば成立するか。



ちなみに今回言ったことは、このブログだからこそ言いました。

もちろんここに来る人のほとんどはそんなことは分かっているはずで、そんなことは言うまでもないのですが、

確か昔忍さんが「ライトにも分かりやすく」と言っていましたし、それに私にとって(他にブログやっている人には申し訳ないのですが)このブログの文章の質(書き方や内容)はほぼ毎日見ているブログの中ではダントツの一位なわけです。

(ちょっとベクトルが違うところでは発熱地帯などもありますが。)

だからこそ言っただけであって、別に言及してないからと言って詭弁とは思えません。
 
 
 
Unknown (kaki)
2005-09-28 00:13:58
橋本さんには、「力不足」の一言ではなく、

たまごっちの件について少しは、いいわけ

して欲しかったなあ。
 
 
 
なんで出てきたの? (noa)
2005-09-28 00:44:36
確かに、わざわざ個人のブログにまで出てきたにもかかわらず、あんなメーカーの自動

返信メールみたいなレスしかしないのだったら出てこないほうがましじゃないでしょうか。



車のチューニングメーカーみたいに本体ごと預かって職人技的技術とこだわりで仕上げ

るのかと思ったら、普通のゲーム開発でも

やるモニタリング程度じゃないですか。



猿楽の出した要望を80%以上満たさないと製品にロゴ使用させないとかしないと猿楽さ

ん自体のユーザーからの信頼が得られないと思いますよ。「メーカーが言うこと聞かないこともよくあります」って書いておいたほ

うがいいですね。
 
 
 
う~んと (kenken)
2005-09-28 00:48:11
rockさん

 >ところでチューニング産業って言うのは形成されるのでしょうかね?

 SI「システムインテグレーション」と呼ばれるある意味チューニングを行うフェーズというか、

 バグ取りというか、そういう部分を請け負う会社は色々存在してますよ。

 業界事に言い方が違うかもしれませんけどね



 チューニングって言葉の意味通りの業種が育つかってのはちょっときびしいかも

 そこだけに特化しても請け負う会社が儲かるシステムにならないと思うのでね



その他のコメント

 なんと言うのか、出来上がったものに対して外から指摘できる

 内容にかなりの制限が入ってしまうのはしかたないのかも

 やっぱり企画段階とかプログラムを組み始める前・途中とかにも入っていけて

 製作者の意図と操作する側としての視点をうまく指摘して良いものが

 できることに期待はしたいですね。。

 でもかなりの無理があちこちにでてきそうな感じも(^^;



 後色んな会社(色んな感性もった人)が行わないと同じようなシステム

 ばっかできそうで怖いかも
 
 
 
てゆーか (さいばぱん子)
2005-09-28 01:43:02
最初から外部にチューニングしてもらわないと

うまくやっていけないって思われたら

まぁ、企画だったら立ち上げられないだろうし

開発チームだったら任せてもらえないだろうし

そんなこんなで、まずいと思ってから

もしくは、最後に念入れとして

…みたいな、投入の仕方になっちゃうケースも

多いんじゃないかと思いますー(汗)



なんだろうなー…もっと、こう

コンサルタント業務みたいな感じで

タイトルごとではなく年間とかの契約で

パブリッシャーの抱えるタイトル

全体を見ていく形とかだったら

変に角が立たず最初から最後まで

自然に見てもらえるのかなー…
 
 
 
む、 ()
2005-09-28 02:16:27
>aria殿



うむ、既に何度か書いているのだが、

「たまごっち」に関しての最大の不満は

土台の部分があまりにも出来ていないことなのだ。



>さんご殿



なるほど。

パッケージには「ここの部分から関わっています」とは

記載出来ぬであろうし、難しい問題だ。

大変参考になるご意見であった。感謝。



>泣き虫殿



今後に期待、か。

では私も橋本氏のお言葉を信じて今後に期待することにしよう。



>ひろぽん殿



ゲームというのは、

結局のところ技術力云々よりも優しさが

完成度を決めると私は思っているのだ。

そういう意味で、チューニングを生業とする猿楽庁のような存在は

まさに「待ってました」の存在だったのだな。

だからこそ、期待が大きいぶん、

今回の記事は少し辛辣になってしまったのだと思う。

ひろぽん殿の仰ることもよく分かる。

猿楽庁が今後に活かしてくれることを期待だ。



>月見酒殿



勘が当たっていたようで良かった。



>>イメージは作るのは大変だが、崩すのは一瞬。



同意。

特に猿楽庁のような「陰で支える」的なポジションの会社は

版権モノをバンバン発売するバンダイなどより

たった1度の手抜きでもイメージダウンに直結すると思う。



>聖ミツコ殿



>>今回議題になっているモノの中に、ソフトの操作系快適性という、

>>ノウハウをためることによりきわめて正解に近いモノが存在する部分が

>>おろそかになっていたことから、

>>猿楽庁にスポットをあてられたのだと思っています。



全くその通りだ。

橋本氏は私は本人だと信じているので、

今後に期待を繋げたい。



>yan殿



あちらでも「某」と記載してあるので、

こちらでも敢えて本文に追加はせず、そっとしておこうと思う。



>琴欧州殿



タイトルを読めばすぐに分かると思うのだが。

斜め読みする癖がついてしまっているのでは。



>roujin殿



いや、私はちゃんと褒めたりもするのだぞ。



>rock殿



もったいないお言葉をいただき、お恥ずかしい限り。



当BLOGのような更新頻度でも驚くほどの

アクセス数をいただけているのは、

書き込みしていただいている方々のご意見のやり取りが

私の拙い記事そのものよりも実りが多く、

読み物として成立している、という面も確実にあると思っている。

事実、私もここのコメント欄のファンの一人なのだ。



>kaki殿、noa殿



仰ることは分かるのだが、

橋本氏はHNで書き込みされたわけではなく、

「猿楽庁の長官」として、お名前も出して

書き込まれている以上、書けないことも多いのだと思う。

現在進行形のプロジェクトもあろうし、

これから取りかかるプロジェクトもあろう。



私としては、海の物とも山の物ともつかぬ

私のような者のBLOGのコメント欄に

名前を明かして書き込んで下さっただけで充分感謝しているのだ。



ただ、それで「たまごっち」の不満が相殺されたわけではないのが

私の嫌らしいところなのだが。

あくまでも今後に期待。



>kenken殿



「仕方ない」というのは、

業界内で慰めあう時に使えば良い言葉であろうな。

私は「お客様」はもっと図太くて良いと思う。

ユーザーがメーカーを甘やかしたところで

生まれるのは「甘え」だけだ。
 
 
 
む、 ()
2005-09-28 02:18:31
>さいばぱん子殿



>>もっと、こうコンサルタント業務みたいな感じで

>>タイトルごとではなく年間とかの契約で

>>パブリッシャーの抱えるタイトル

>>全体を見ていく形とかだったら

>>変に角が立たず最初から最後まで

>>自然に見てもらえるのかなー…



おぉ、確かに仰る通りかも知れぬ。

 
 
 
Unknown (ES)
2005-09-28 11:36:22
ゲームを根本から作り直せとか、本当にそんな非現実的な改善策の提案しか猿楽庁ができないのであれば、少したいへんでもモニター調査などをした方がよほど良いと思う。



プレイしていて少し気になる細かい点などの意見はすぐに集まると思うし、そういった小さなストレスを改善するくらいならば、限られた開発期間の中でも何とかできるはず。



逆に猿楽庁がそういった細かい点も指摘しているにもかかわらず、開発メーカーが改善しようとしないのであればどうしようもない。
 
 
 
Unknown (hon)
2005-09-28 21:45:34
RPGをアドベンチャーに、っていうのはおそらく「こういう事をしたいのであれば、むしろアドベンチャーゲームとして開発した方が良かったのではないですか?」とかいう言い方だったんじゃない?
 
 
 
なるほど (rock)
2005-09-28 21:54:28
やっぱりチューニングそのもののみは厳しいでしょうね…。

しかも現状ではそういうバグ取りに毛の生えた程度でしょうから、なかなか経営も厳しいでしょうし…。

そういうバグ取りっていくらでも会社があるだろうから、あまり言い過ぎて仕事が来なくなると困るというジレンマもあるかもしれないし。特にゲームに特化してると客が限られますからね。

色々大変でしょうが、黒子役として頑張ってもらいたいものです。
 
 
 
Unknown (たむたむ)
2005-09-29 14:42:40
忍さんがご指摘されている「全体的に急かすメッセージが早過ぎる。」なんてのは、開発最終段階でも十分チューニング可能な範囲ですよね。

同系色の問題やヘルプなんかも修正できそうな気がします。

このあたりは猿楽庁さんとしてはどうだったのかなあ、ってのは気になりますね。
 
 
 
Unknown (maro)
2005-09-30 01:53:22
少しの間にたくさんコメントついてますね。しかも猿楽庁直々のコメントも!



この間の書き込みから、気になってうちのゲームの取説をいくつかみてみたのですが、猿楽庁がかかわっていても「猿マーク」がついていないものもあるみたいですね。僕が見た限りでは「Over the monochrome rainbow featuring HAMADA SYOGO」(笑)にデバッグとの記述がありました。

よりによってあのゲームかよ!!と思いましたが、デバッグだけということなのでチューニングはしていないのでしょう。あれでチューニングされてたらそれこそ終わりだとおもいましたが一安心です(笑)
 
 
 
Unknown (kz)
2005-09-30 16:07:22
初めまして、kzと申します。

この記事を読むまで猿楽庁の存在を知りませんでしたが、猿楽庁の関与タイトルを見てみたら、所持しているタイトルが幾つかありました。



「ACNX」

「R-TYPE FINAL」

「バーチャロンマーズ」



正直、どれも詰めが甘いと感じていたソフトばかりでした。やはり開発側との意思疎通を徹底して、依頼された段階での開発状況等を

踏まえながら、「自分達は『今』何をすべきか」考えて行動しなければならないのだと思います。



とはいえ、開発終盤からの参加でその時点での出来やベクトルがおかしければどうしようもないでしょうが。

中間管理職的な『権利の効力』と『責任の重さ』のバランスという意味では大変な仕事だと思うので腐らずに頑張って欲しいです。
 
 
 
む、 ()
2005-10-01 00:42:15
>ES殿



根本から云々というご意見はあくまでも

一人の方から寄せられた意見なので

日常的にそういった事が行われているかどうかは

知る由もないのだが、

そこまで無理難題を押し付けられなければならないほど

無惨な出来だとすれば、開発したメーカーにも責任があろうな。



>hon殿



私もその程度のことではないかと思っている。



>rock殿



うむ、嫌われ役になることを恐れずに頑張って欲しい。



>たむたむ殿



そうなのだ。

私の挙げた問題点は遊べばすぐに気付くことばかりであり、

しかも土台に関わる部分の粗ではないため、

例え開発の終盤であったとしても修正は容易なはずなのだ。

その点がどうしても納得がいかなかったため、

敢えて今回は記事にしてみた。



>maro殿



なんと、アレにも関わっておられたか。



>kz殿



ようこそ、場末のBLOGへ。



確かにメーカーからすれば煙たい部分もあろうが、

ユーザーからすれば、少しでも「ハズレ」を引く確率を

減らせられるなら大歓迎の存在のはずなのだ。

猿楽庁の長官が日記で書かれているように、

あくまでも最終的には「ユーザーのため」であることを

念頭に置いて頑張っていただきたい。

 
 
 
Unknown (豆しば)
2005-10-03 16:58:36
最近の閻魔帳は「大喜利」化してますね。

忍さんのお題の立て方が絶妙なのでこれほどコメントが付くんじゃないでしょうか。



忍さんが馬面であることを期待してます。
 
 
 
忍びさんと皆さんへ (らとむーん)
2005-10-03 22:19:04


話題に関連がなくすみません。

ゲームボーイミクロで遊ぶゲームを探していると、いつぞやの記事にあったので、

僕のお勧めを紹介しておきます。

1回のゲームは短時間で終わるけれど、突き詰める楽しさがあるものを選んでみました。



 ・グローカルヘキサイト (日本産のボードゲーム。ジャンルは対戦パズル)

   詰め将棋のようなモードが、ちょこっとやるのに最適です。

   銀河鉄道777のストーリーモードは、在って無いようなものです・・・。



 ・シャーマンキング 超・占事略決3 (カードゲーム)

   一回のバトルが微妙に長いけれど、カードゲーム特有の駆け引き(デッキ構築)が

   楽しいと思います。



 ・マリオvsドンキーコング (アクション)

   たまにやると面白ですよ?



猿楽庁の件は、もともと難しいと判っていた事をビジネスにしたのだから、

もう少し踏ん張らないとね。

メーカーから一目置かれる存在になってほしいです。

 
 
 
む、 ()
2005-10-04 03:32:05
>豆しば殿



あちらこちらで名前はお見掛けしていたのだがお久しぶり。



流石というか、

いつか誰かから突っ込まれるのではないかと思っていた<大喜利

まさにご指摘の通りで、

新作紹介や速報性の高いニュースなどはここでは取り上げず、

ひとつのお題について時間をかけて意見交換してみたいと思い、

今のようなテンポにしているのだ。



>らとむーん殿



ネタでも何でもなく次のお題の予定だったのだが

トップバッターということで。



>>グローカルヘキサイト



いきなりピンポイントに私好みで驚いた。

これはスワン版もGBA版も持っているのだ。



>>シャーマンキング 超・占事略決3



これは未プレイ。

原作も未見なのだが、それでも楽しめるであろうか。



>>マリオvsドンキーコング



これは同意。

ミクロには向いていると思う。





 
 
 
返答ありがとうございます。 (らとむーん)
2005-10-04 20:12:27
>ネタでも何でもなく次のお題の予定だったのだが

これは失礼しました。



>>グローカルヘキサイト

>これはスワン版もGBA版も持っているのだ。

私はボードゲームから入りました。

ボードゲーム好きなもので。

しかし、ワンダースワンがあるとは知りませんでした。



>>シャーマンキング 超・占事略決3

>原作も未見なのだが、それでも楽しめるであろうか。



私はゲーム以外何も知りませんが、非常に楽しめました。

そもそも購入のきっかけは、たまたま電車で隣に座った高校生が

プレイしているのを見て、です。
 
 
 
ふと思って (WHITENUTTOU)
2005-10-13 00:46:10
先日、古い雑誌の整理をしていたら、鈴木みそ氏の

「おとなのしくみ」という漫画で、デバッグについて

書かれている回をたまたま見つけました。

(ただし取材先は猿楽庁さん以外の会社でしたが)



それによると、デバッグにかける時間はメーカー側が

決めるそうで、しかもメーカーによっては1日だけで

デバッグなんて無茶をいうところもあるとか。



一応ビジネスですから、ある程度そういう無茶な要求も

経営上は呑まざるを得ないのでしょうが、デバッグの

本来の目的はとても達成できてませんよね。



どなたかの意見と被るかも知れませんが、結局、

メーカーの方がデバッグの重要性をもっと理解しないと、

状況はなかなか良くならないような気がします。
 
 
 
む、 ()
2005-10-19 11:26:44
>WHITENUTTOU殿



読んだことがある。<「おとなのしくみ」

私の知り合いがカプコンで

デバッガーをしてい(「た」か「る」は敢えて伏せておくが)のだが、

やはり納期優先で「バグに気付いてはいるがGO」という場面に

何度も遭遇したと言っていた。

ただ、よほど深刻なバグでない限り表沙汰にはならないため、

意外と話題にならずに済んだ物もあるらしい。

結局、見過ごせるかどうかは程度の問題なのであろうが、

「たまごっち」は素人目にも見過ごせぬ不備が多いと思った。

 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


?