モリトン君といけゴリちゃんとカバぞの君の就職活動の本音

説明会、選考…就職活動の「現場」を知るモリトン君、いけゴリちゃん、カバぞの君が感じたことをストレートに本音で伝えます。

メリットとデメリットは表裏一体である

2017-06-08 | 日記

 

こんにちは、いけゴリちゃんです

さっそく、前回の続きですが・・・
デメリットとメリットは表裏一体という話をしました。


どういう事かというと、
「その人の考え方や価値観によっては、デメリットはメリットになりうる」という事です。

具体的にみていきましょう

 

デメリット1
研修制度や業務マニュアル、福利厚生など、社内の環境が十分に整っていない


この見方を変えると・・・
⇒決まった枠組みや縛りが少ない分、自分の手で創っていけることが多い。
⇒努力次第で自分たちの働きやすい環境づくりをすることができる。

 

デメリット2
様々な業務を担当する必要があり、その分責任が重くのしかかる。


見方を変えると・・・
⇒20代から様々な経験ができ、成長スピードが早い。
⇒自分の裁量で仕事を進めることでやりがいが大きい。
(自分の成果=会社の成長を実感できる喜びがある。)
⇒実力をつける環境やチャンスがあるため、自分の力で本当の意味で安定した仕事を勝ち取っていくことができる。

 

デメリット3
人間関係が良くないと、すぐに居辛くなる


見方を変えると・・・
⇒中小企業の場合、同じメンバーと会社で働く大半の時間を過ごすため、人間関係の影響は大きくなるが
(異動や転勤が伴う中堅・大手企業は常に同じ人と働く可能性は比較的低い)
ゆえに中小企業で一緒に働きたいトップや社員のいる会社を見つけることができれば、良い環境で永く働くことができる。


 

 

つまり!大切なことは・・・
・大手企業のメリット、デメリット
・中小企業のメリット、デメリット

それぞれの「特徴」を捉え、
『その「特徴」は、「自分にとって」メリットなのかデメリットなのか』
を考えることです

 

当然、机上で考えているだけでは、

分かるものではありません。


実際に「会社訪問」や「会社説明会」に足を運び、

社員に会い、会社の雰囲気や考え方を
自分の肌で感じることが重要です。

 

だからこそ!今は行動あるのみ。

頑張りましょう

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中小企業を選ぶ「メリット」... | トップ | 中小企業に懸けた先輩1(中堅... »