女を捨てず・女に甘えず・らしさを活かす

女性スタッフがビジネス社会で実際に体験したことを中心に「見たこと」「聞いたこと」「感じたこと」をありのままお伝えします。

仕事の範囲

2017-10-17 | 日記

中村です。

仕事の範囲について考える。

ある会社でのこと。
携帯電話のショップを運営しているその会社
では、社員は基本シフト制勤務。
年に一度のキックオフの日以外、一斉に休む
ことはなかった。

最近になって月に一日店休日を設けることに
なり、普段業務以外のコミュニケーションがとり
にくいことが気になっていた店長は、その日を
利用して社員間のコミュニケーションを深めよ
うとイベントを企画

ところが、出席を渋る社員がいる

それって、仕事ですか


また、別の会社では
上司と出張中、お客様から食後のお茶に誘わ
れて、

「行かなきゃダメですか?」

それって、仕事ですか


大切なお客様の会社の休日イベントに招待され、

「その日は予定が入っているので行けません」

それって、仕事ですか

このような場面で実際にあるいはセルフトーク(心
の中の声)で発せられる


それって、仕事ですか



企業に属し働く以上誰しも担当業務を持っている。
「営業」「経理」「一般事務」「販売」など自分の担当
業務を責任持って行うのは当たり前。

しかし、業務仕事必要条件であって十分条件
ではない。


組織はの集まり。お客様との関係もとの
信頼関係あってこそ。

担当業務と同じぐらい大切なのは、同じ会社で働く
上司や同僚、お客様とより良い人間関係を築くこと。


声をかけてくれた上司やお客様の気持ち、気持ち
良く参加している先輩の気持ち、自分が参加する
(あるいはしない)ことの意義・意味を考えて行動
することが大切。

仕事の範囲はグレーであることが多い。どこから
が仕事でどこからが仕事でないのかはマニュアル
には書いてない。仕事終りの飲み会は?お客様
との食事は?二次会は?社員旅行は?厳密な線
引きは難しい。

難しいからこそ、そこに配慮や気遣いが求められ
る。自らの立場や周りとの関係性を考慮して、何を
選択し何を選択しないのか?

判断が求められる

この判断こそまさに仕事・・・


ワークライフバランスや働き方改革などが叫ばれ、
労働者の時間や権利が尊重されることは良いこと
だと思う。

ただ、

それが組織人としてではなく個人の都合だけが優先
されるような方向で発揮されないようにと願う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一歩、踏みだす。~海外旅行~

2017-08-18 | 日記

はじめまして!
4月から新入社員として入社した検見崎です

先日8月3日から6日まで社員旅行で、バンコク(タイ)
に行ってきました~

 
実は

私今まで海外へ行ったことがありませんでした

というのも、行くきっかけがなかったのもありますが…

海外=異国の地、日本語が伝わらない⇒怖い
イメージがあったからです。

なので、私にとって今回の旅行は初めての海外


飛行機に乗ることさえ、修学旅行で沖縄に行った1回
しかなく、ものすごく緊張し、不安でいっぱいでした

 

そんな杞憂も現地に着いたら、


どこかへ行っちゃいました

 

初めての海外はとても楽しかったです

 

たとえばエステ

今まで気になっていましたが、日本だと料金も高く、
一緒に行こうと誘ってくれる友達もいませんでした。

しかも

高い料金を払って本当に効果があるの?と思っ
てました。


がっ・・・・・


実際に体験してみると、本当に気持ちいい


こんなに気持ちいいことを



毛嫌いしてたなんてっ


スクラブとマッサージによって、私のお肌は生まれ変わ
ったみたいに柔らかく、もちもち・つるつるになりました。

施術中は、アロマが部屋に広がり、リラックス…癒しの
空間で、身体だけでなく心もリフレッシュ

 

また服装もいつもとは違うものに挑戦

ショートパンツ(いわゆるショーパンというやつです)に
チャレンジ

いつもの私は、丈が長いスカートやパンツスタイル

正直、足が太いのを気にしていて、短い丈のものは絶対
に似合わないと思いこんでいました。


が、先輩のススメもあって思い切って履いてみました。

 

「どうせ似合わないだろうな…」

と、思っていると、

「めっちゃ似合うやん!いつもより絶対そっちの方
が似合う!」

と言ってくれました。

自分では絶対に似合わない!と思っていたので、

正直驚き~

自分の評価と周りの評価って違うんだなぁ・・・と、実感

これからは、少し短めの丈や、似合わないと決めつけていた
服も着てみよっかな

 

エステや、マッサージ、いつも着ないような服・・・などなど

今回の旅行はとにかく初めて尽くし

どれもすごく楽しく、今までやっていなかったことを後悔する
ことばかりでした。


今まで自分はこうなんだと決めつけ、自分の価値観
で行動していたことを知りました。

 

正直内向的な部分があり、何かきっかけがないとなかなか一
歩を踏み出すことができない私・・・。

 

けれども、海外に行き一歩を踏み出し、挑戦することでいい
経験をしました。

怖がり、殻に閉じこもって挑戦しないままでは、もったいない!

海外旅行に行ったことで、一歩踏み出す大切さに気づきました

 

一歩踏み出すには勇気がいりますが、これからももっと「いい女」
「しっかりした社会人」になるために、いろんなことにチャレンジし
ていきます

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成功体験

2017-07-12 | 日記

 

池田です

 

この前のブログで
今年はよく司会を任せてもらえるという記事を書いた。
 
人数は10人未満の説明会から
60人、70人規模の説明会まで様々だ。
 
10人未満の説明会は多々あるが、
大人数での説明会はそれほど多くはない。
 
 


先週、40人規模の説明会が開催された


 
営業担当に、「私が行きたいです!」と伝えた。
 

「笑顔から何が生まれるか」のアイスブレイクを
大人数での説明会でやってみたかったからだ

 


まずは隣同士でペアになり、

自己紹介プラス笑顔から何がうまれるか
を話してもらう。
 


10人未満の説明会では
参加者全員に「笑顔からなにが生まれるか」を聞いた
 


今回の説明会では
人数が多いのでランダムにあてよう!と考えていた。

とはいえ・・・

ランダムに当てるのはリスクも高い。。。

指名した学生が

的はずれな答えを言うかもしれない・・・。という不安があった。

そこで
ペアになり話をしてもらう際に
私は、全体をまわりながら、
あ、この答えいいな!と思う学生に目星をつけることにした
 

その結果

笑顔でアイスブレイクを終了することが出来た(と思う・・・。)

 


そこからの常務のお話の際に
「ありがとうございます。盛り上げてもらって!
と言ってもらうことができた!
 
 
アイスブレイクの目的は
説明会の雰囲気づくり。
 
盛り上げられた=成功!
 
とてもうれしかった!!!
 


今までは、営業からこの説明会に行ってきてと言われるだけだった
今回は自ら行きたいと言い、自分にいい意味で
プレッシャーをかけ
どうやったらうまくいくかを考えた。


いつもとは違う動き。

少しの違いだけれども成功体験を増やしていくことで
変化し、成長できればなと思う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出会いと選択

2017-07-07 | 日記

中村です。

今年も我が社の新卒採用活動を行っている。

その説明会で話をするたびに、つくづく思うの
が、自分自身の就活のこと。


私の就活と言えば、

 

◆なんとなく就職活動(みんなやってるし・・・)

◆とりあえず総合職(給料高いもん)

◆イメージだけでアパレル業界(なんか、よさそう!) 


今考えると、なんてふざけた就活生だったんだろうと
思う。

もし、当時の自分がアイプラスの選考に来たら、
「甘い」「軽い」「世間をなめてる」と現在の自分
にけちょんけちょんに言われるだろうな・・・。


振り返ってみると、社会に出てからの31年は


出会いと選択


の繰り返し。


この出会いは人との出会いはもちろんのこと、会社
や仕事、困難な課題などさまざまな対象を指す。
大きな出会いもあれば、日常的な小さな出会いもある。
そのたびに「やるか?やらないか?」「どちらを選ぶか」
自分で選択して今に至っている。


そして、つくづく思う。


人は変わる いや変われる


現に入社して2~3年働いて結婚して、出産して母と同
じように専業主婦になるんだろうな・・・と思っていた私
が、31年間もビジネス社会に居続けてる。


変わるために必要なのは
いい出会い正しい選択


双方に必要なのが勇気
どんなに身近に出会いのチャンスがあっても、それをつか
まなければ自分のものにはならない。さらに、選択にはリス
クが伴う。
選択する=選ばなかったもう一つの可能性を捨てること


当然、その選択に失敗することもある。


でも、失敗したなと思ったらやり直せばいい。


選択しなければ、失敗はない。でもどちらにも進めない。



勇気を持って一歩踏み出すためのベースは自らの意志。


「こうしたい」「こうなりたい」という意志。これが明確でない人
は、「こうはなりたくない」「これはやりたくない、いやだ」でも
構わない。

この意志があるから、一歩踏み出す勇気が持て、勇気を持っ
て一歩踏み出した人にしか出会いのチャンスはやってこない


これから社会に出てこようとする就活生の皆さんには

たくさんのいい出会いと、正しい選択を繰り返して、



私ぐらいの年齢になった時、


いろいろあったけど、この道を選んで良かったと思える社会人に
なってほしい。


来週から営業事務職の説明会を開催します。

こんな話もしようかな・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身の丈に合うものよりちょっと背伸びをしたものを身につける効果

2017-07-05 | 日記


池田です
 
 
 
学生時代の私はブランドを
少ないバイト代をためて
買うという生活をしていた
 
バック、財布、靴、化粧品・・・
 
 
無理して買って使ってるんやろうな~あの人
過去の私を
今の自分が見たら

絶対に思うだろう

 


 
見栄を張って
身の丈に合ってないものを買って
カツカツの生活をしているのが
嫌になって
大好きだった買い物をやめた
 
 
社会人5年目になった今
ありがたいことに

大学生に比べたら何倍ものお給料をもらっている


 
ちょうど1か月前に
バックとお財布を買った


 
社長や中村にも
こんなんがええんちゃうか~?
 
と意見をもらいながら
自分の身の丈より少しだけ背伸びをした買いものだ

 

背伸びをしすぎていた大学生時代は
買うことに満足していた

 

今は違う!

 

このバックとお財布を買ったからこそ
それに似合う
素敵な女性になれるようにさらに仕事を頑張ろう
そして、また別の
「イイモノ」を買えるように成長していこう!
と思う。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加