ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

日本の伝統文化の情報を国内外に配信していくための団体です。 その活動を通じ世界の人々と繋がっていく為の広報サービスです。

「阿弥陀如来座像」の姿公開。

2017-02-12 10:55:33 | 渡邊勢山師の世界
滋賀県・比良山釈迦岳の麓にある大仏師・渡邊勢山氏の工房「勢山社」を訪ねた。
現在、造顕中の仏像から、修復しているものまで、見せていただいた。今回は、まず見て楽しんでいただこうと写真を中心に掲載。(無断転載は禁じています)

造顕中の丈六佛(一丈六尺)「阿弥陀如来坐像」
荒削が終わり、これから形・位置などの微妙な調整をし仕上げに入るところ。、そして漆を塗り、金箔を張る。

仏像に使われる木材の種類。(白檀・桐・桂・楠・欅・檜) 300年から500年かけて仏像用に育てる。
仏像造りには木選びが何よりも大事と言われている。渡邊勢山師は山に入り木を自らが選び切り出す。
勢山師がよく言われる。「祈りとともに歩んだ千年前の仏像 千年の未来を託す新生の仏像」がある。
「千年もつ仏像を造るには、やはり木が命です」と。

<2011年に取材した内容のもの>



如来座像の正面と斜めから。


如来座像の横姿。なんと肩からのラインが艶やかで色っぽい。


この背姿の美しさに魅了される。


すでに納佛された一丈八尺の千手観音像の原型


筆者が仏師風(?)に如来様に寄り添ってみた。(大きさ比較)


ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 賑わいをみせる「魚の棚」。 | トップ | 仏像を彫るというより、木の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

渡邊勢山師の世界」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。