組み込まれたエンジニア

我輩は石である。名前はまだ無い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NSLCORE 20120915版

2012-09-20 21:32:16 | Weblog

久々の更新です。

新規の機能は、下記の通り

  1. SystemC生成における新オプション
    1. -sc_ext_cpp : エクステンションを.cppにします
    2. -sc_split_header : ヘッダファイルを別ファイルとして生成します
    3. -sc_bool : 1ビット端子をboolとして生成します
  2. レジスタアトリビュート新設 レジスタ個別にクロック・リセット信号などを設定できるようにしました
    reg .attribute(.clock=clockname .reset=resetname)  someregister[8];
    のように .attribute()内に記述します。スキュー保証はユーザ責任となります
  3. 入出力端子宣言における範囲指定形式導入
    output addr[15:2];
    のように、端子の添え字のスタートを指定可能にしました。上記の例の場合、addrは14ビット信号になります。

ダウンロードはオーバートーンのバイナリ配布ページより

マニュアルに記載していない拡張のため、当面experimental扱いとしますが、問題があればご連絡ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FPGAでCPUを作ろう | トップ | OSEK(ToppersATK1) on Linux/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事