ここからみえるもの

毎日の記録です。その他回想、ひとり言等。

2017/8/9(水)

2017-08-09 14:10:21 | 日記

午前2時頃起床。
ジョギングまでの時間は本を読んだりボンヤリ過ごす。
朝食、みんな食欲ない感じ。
私は最近、納豆(ご飯なし)ばかり食べている。

今日は児童館で『整理収納講座』というのがあって、行ってきた。
整理収納アドバイザーの先生がとても話が上手で、楽しく有意義な時間を過ごせた。
内容としては、よく収納の本に書いてあるようなこととさして変わりはなかったけれど、いくつか、印象的な話があった。
・人からの頂きものは処分しにくいが、必用でなければ、処分してよい。ただし、誰から何を頂いたかはしっかり記録しておく。
・2年着てない服は処分するとよく言うけれど、気持ちが揺らぐなら、実際に着てみるとよい。
・子供の玩具は一部、手の届かないところにしまっておく。たまに今遊んでいるものと入れ替える。年齢が上がっても《卒業》することなく、新しい遊び方をすることもある。
・たとえば、押し入れを整理するとき、新聞紙を4枚敷いて、《要る》《不要》《移動》《迷うもの》に分けて、その上に置いていく。
要るものは、押し入れに収納。不要なものは処分。移動するものは本来あるべき場所へ。迷うものは無理に捨てなくてよい。
そういったものは、家族、各自の思い出ボックスをつくる。一年に一度、中を見直すこと。日付も記入。
・箱は全てにおいて、ダンボールはやめる。湿気を吸ってカビや虫の発生のもと。
・洗濯物をとりこむときは、折り畳めるメッシュのカゴに《ヒト別》に入れておく。
カゴは一人に一つ用意して、洗濯物を
畳んでしまうのも、そのまま必用なものを出して使うのも個人の各自が自由にやってもらう。
・引きだしの仕切りは牛乳パック。カットの仕方によっていろいろな使い方ができる。汚れたら替えるのも簡単。
・なんでも定位置を決めて、ラベリング。ラベリングしてあると、自然とそこへしまうようになる。
・収納用品を買う前にショッピングバッグ等を使って、仮の容れ物をつくる。袋をカットして、折り込んだりしてサイズを調整。丁度いいサイズのものを購入する。
・テーブルやキッチンカウンターにものを置きっぱなしにしないこと。
等々。
お盆休みは家族全員でお片付け大会だ!って思ったけど、誰も乗ってこないだろう。
こういった話を聞いて一週間以内に実行しない人は、ずっとやらない人だと言っていたので、一人でも地道にやっていこう。
でも、最近、長女が片付けに目覚めつつある。
散らかってると気分が悪いらしく、リビングのガラクタをどこか適当に片付けて『スッキリした状態』にしてくれる。協力してくれるかもしれない。

それにしても、しまいこんでる物を全部引っ張り出して、要るか要らないか判断して、処分の仕方も考えて、生活の動線を考えつつ、定位置を決めて‥。骨の折れる作業だとつくづく思う。
楽しく出来るようになったら、最高なんだけどね。
実際、今日の講師の先生は子供頃から整理収納が大好きだったらしい。
うらやましい限りだ。

私が児童館へ行ってる間、実家の両親が子供たちを外へ連れ出してくれた。
行き先は何故か温泉。
自分たちが行きたかっただけなんだと思うけど、いとことも遊べて、楽しんできたようだ。ありがとう。

お茶の先生に暑中見舞いが出せた。
字が下手すぎて、書き直そうとしたけど、そのまま出した。
ああ、本当に下手だったなあ、と一生忘れないかもしれない位の下手さだった。

夕飯は秋刀魚の塩焼き、ポテトグラタン、コールスロー、味噌汁。
ポテトグラタンが私以外の家族は異常に好きなんだけど、体にいい要素がほとんどないメニューなので、あまり作りたくない。

今日もお薬はちゃんと飲もう。
睡眠大事。まずは生活の土台づくり。
おやすみなさい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芋ようかん | トップ | おからとオートミールのクッキー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL