まめこのサンプル日記

トライアルセット・サンプル・懸賞が大好きな、まめこの記録

NAG100スイート

2016-10-15 11:14:26 | アンケート・モニター

「NAG100スイート 

との出会いがありました(≧∇≦)♪

 

「NAG」とは「N-アセチルグルコサミン」のこと。

グルコサミンというと、よくテレビショッピングとかでやってる、

ヒザや腰が痛いおじいちゃんおばあちゃんがよく服用するというあのグルコサミン?

あの世にたくさん出回っている・・・。

というイメージ。

でも私達が知っているグルコサミンとはちょっと違うようです。

 

★一般的なグルコサミン

塩酸で抽出した成分で、自然界に存在しないもの。

体内でN-アセチルグルコサミンに変換しなければならないので効果的に吸収されない。

 

★N-アセチルグルコサミン

別名「天然型グルコサミン」。

酵素で穏やかに分解して作られ、身体の中の成分と同じ形になるので吸収が早く即効性がある。

 

実はN-アセチルグルコサミンは軟骨をサポートする効果だけではなく、

肌のハリ・ツヤ・うるおいもサポートしてくれるとのこと!

水分を保持する能力が高いヒアルロン酸をたくさん作り出すことができるです。

しかも即効性があるので、他の美容成分より最強!とのこと。

別名「飲むうるおい成分」と呼ばれているそうですよ。

 

名称の「NAG 100 Sweet」とは、一見何のことがわかりませんが、

「N-アセチルグルコサミン 100% 甘味」とそのままの意味です。

100%の天然型グルコサミンはこの「NAG100スイート」だけ。

 

1スティックにN-アセチルグルコサミンが1000mg。一箱30包入。

 

中はサラサラとした顆粒状。水ナシでなめるように飲めました。

顆粒が瞬時に口の中で溶けていきます。

天然型の特徴らしく、ほのかな甘みがあります。

グルコサミンといえば粒状のサプリメントを想像してましたが、

一般的なグルコサミンは苦味や渋味があるそうなので顆粒状にできず、

粒としての形状にせざるを得ないのでしょうね。 

 

一般的なグルコサミンは熱に弱いそう。

でもこのアセチルグルコサミンは熱に強いので、スープや味噌汁に入れても大丈夫とのこと。

 

ということで今晩の献立にと作った具沢山のスープにサラサラと入れてみました。

さっと溶けて、混ぜてもまったくスープの色も味も変わりません。

 

それからヨーグルトにも。

顆粒がうまく混ざるか心配でしたが溶け残りは全然なく、こちらも味がまったく変わりません。

ほんの少し甘みがプラスされたような感じで、むしろおいしいです。

 

 

そのまま口で溶かして飲むのと、何かに混ぜるのとでは、私は後者派。

そのままは確かに甘みがあって飲みやすいんですが、甘さの中にも例えようのない独特の風味が。

何かに混ぜたら完全に独特さは消えるので、毎日何かにインして飲んでました。

毎日ホットカフェオレを飲んでいるので、それに混ぜたりしてましたよ。

 

 

毎日1包ずつ摂取してみてふと感じたこと。

いつも夏から秋への季節の変わり目には、顔よりも先に手のカサカサ加減で乾燥を感じる私。

顔はある程度保湿をしているので、

かさつきを感じるのはもっと秋も終盤になってからなのですが、手は無防備。

油断をすると一度の洗い物で即!カッサカサ。手の甲も粉をふいてきます。

今頃はとっくに手の乾燥を感じているはずなのに、まだ感じてません♪

 

 

探せばもっと低価格のグルコサミンは確かにあります。

でもこの「NAG100スイート」は「本物」。

まさかグルコサミンに本物とそうでないものがあるとは想像がつきませんでした。

メーカーさんは割高な価格設定になるのをわかっても、あえて「本物」を選んだそうです。

女性は美肌作りに、高齢の方にはスムーズな身体作りに、

グルコサミンが必要な方々にもっともっと知ってもらいたいですね!

そういえば義父が、「グルコサミンを常用していてるけど効果を感じない」

と言っていたのを思い出しました。

早速、義父に紹介してみようかな (๑•̀ㅁ•́๑)✧キラン

 

 

★★★ただし、原料がカニ・エビから出来ているので、アレルギーがある方は注意ですよ★★★

 

有限会社中垣技術士事務所

 

中垣技術士事務所 ファンサイトファンサイト参加中

 

この度はお試しする機会をくださりありがとうございました♪ 

ジャンル:
サプリメント
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラクピュア ピュアイオンミスト | トップ | ルシード 薬用スカルプデオ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL