のあの日記

改名しました(^_^)

きっとうまくいく

2017-05-17 13:23:13 | 日記
映画「きっとうまくいく」より

面接官: そのけがは?事故でも・・・?

ラージュ: いいえ。ここから校舎が見えますよね。あの3階から飛び降りたんです。

(中略)

面: きみは成績がずっと悪いが、その理由は?

ラ: 弱さです。貧しかったけど、勉強はできた。だから両親は僕に期待しました。それがプレッシャーで。
さらにここでは、トップをとるための競争が激しく、それを見ていたら、もっと怖くなったんです。指という指にお守りをつけ、神に祈ってばかりいました。いいえ、すがっていました。
今回、16カ所骨を折って入院して、やっと悟ったんです。今では、神に就職を願うことはなく、生きていることをただ感謝し、祈っています。
もし今日、これで落とされたとしても、一切悔いはありません。僕には、また何かに挑戦できる命がありますから。

面: まあ・・・正直なのは良いが、その点が逆に我が社には向いていないな。欲しいのは場面に応じ、クライアントにそつなく対処できる人材だが、きみは少し正直すぎるのが・・・
ただし、もしきみが、その正直さを今後はうまくコントロールすると約束できるならば、採用を考えても良い。

ラ: 痛い思いをして学んだ生き方なんです。苦労してやっと悟ったのに、変えられません。
御社も僕も、我が道を行きましょう。生意気言ってすみません。これで失礼します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インド映画「きっとうまくいく」
日本語吹き替えのDVDがやっと出たので、先日ツタヤで借りました。コメディのジャンルにされてるけど、コメディなのかなあ?笑いの中にも、深く重いテーマがちりばめられています。あっ、笑いながらも考えさせられるというのがまたすごいところでもあるんですね。
このラージュ役の俳優さん(シャルマン・ジョシ)の顔芸・・・というか、泣く演技がめちゃかわいくて大好きなのですキュン。ちなみに主演はアーミル・カーン様。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« デモリションマン | トップ | 任侠ヘルパー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL