My-boomよ、永遠なれ。

熱しやすく、冷めやすいお調子者のマイブーム日記。バイクにキャンプ、星見にアート…その他いろいろ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017北海道・のんびり自由なキャンプ旅…その23サホロ湖キャンプ場にて

2017-07-26 12:32:27 | 車でツーリング&キャンプ

7月25日…時々

本日、超ピーカンの朝です。

ホント、久しぶりよね。

さっさと洗濯を。

新得町にはコインランドリーがありません。隣の町まで20kmもあるため炊事棟でゴシゴシと。

久々に富良野や美瑛の方までぶらり走ってみます。
R38の狩勝峠の展望台より。新日本八景のひとつだそうです。






R38沿いの南富良野のJR幾寅駅には、健さん主役の映画「鉄道員ぽっぽや」のロケ地で幌舞駅としてセットが残っています。


だるま食堂と向こうにキハ40系ディーゼルカーを改造して「キハ12 23」として登場。


「キハ12 23」車内には出演俳優のサインが掲げられています。


駅舎の中の展示コーナーへ。


実際ロケで使われた改札や駅長室。




あの豪雪の中、ホームにたたずむ健さんはぽっぽやとして最高の役者でしたね。

真夏だと風情が乏しいかな?

上富良野、日の出公園へ。


ラベンダー発祥の地として有名。


展望台には中国人(もしくは台湾人)ばかりです。

駐車場ではない所に堂々と止める、マナーレベルが低いインバウンド客だ。
これ見よがしにCANONデジ一に高級ズームをぶら下げて、偉そうに闊歩する連中には…。

気分を取り直すために、美瑛にある四季彩の丘へ向かう。

ここは日本か?
さっきの所の比ではありません。日本人を探すのが難しいくらいだ。

これ全部中国人(もしくは台湾人)?


これ以上、富良野や美瑛を探索するのは尋常ではありません。
雲行きもちょっと怪しくなってきたので、ここで退散です。
洗濯ものも心配ですし…

昼食も食べる場所を探す気力もなく、昨日行ったそばレストラン「玄穣」(新得そばの館内)へ。
ちょっとグレードを上げて「天ぷらせいろ」を注文。1,350円

昨日ほどの感動的な味はしませんが、許容範囲です。
食べておいて何ですけど…やはり、そばの美味しさを真に求めるならサブメニュー(特に油もの)はご法度ですね。

午後3時前にはキャンプ場に戻れそうでしたが、幸い雨の心配は無さそうなので、お風呂へ。
新得温泉ホテルの日帰り風呂へ。

年季の入ったオーソドックスな温泉です。石鹸とシャンプーあり1人400円※午後3時から受付
気さくなご主人や女将さん(車中のハルに気を利かせてお水を用意していただいた。)が印象良いです。一泊二食で6,600円だそうです。

本日の総距離214km


温泉を国道挟んだ前にセブイレで、夕食として鮭おにぎりち納豆巻き、そしてビールを購入。

今夜も至玉の星空が…惜しむべきは超お節介なオレンジ灯が方々で光っていることです。
緯度の関係で北斗七星やポラリス(北極星)、カシオペアなどの高度が低い(地平線に近い)のでビックリでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017北海道・のんびり自由な... | トップ | 2017北海道・のんびり自由な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

車でツーリング&キャンプ」カテゴリの最新記事