Inu'z WeBlog 2004-19

ロード・オブ・ザ・ハート ライオンハート
教育・生活現場からの情報発信

秋が深まる丹木の風景---今日この頃

2016-11-05 19:59:09 | 研究教育活動

今回のトピックは秋季スクーリングのこと、北は北海道から南は九州熊本までの光り輝く友どちが創価のキャンパスに集いました。経営学入門という講座は、開設以まだ2年ではありますが、実学という経営学から学ぶことの大切さを、痛切に感じた内容でした。メインは現在活躍されている企業トップの講演、失敗談あり、美談ありで2日間で10コマというハードなスケジュールにもかかわらずやりきってくださいました。御年80歳という壮年の方は会社の経営者でありながら自身の成長が組織の発展に直結するとの意気込みで多くのことを学んだ2日間だったという感動を綴っていただきました 

 

上の図表はアクティブラーニングの一環としてクリッカーをつかってWebによるアンケートを実施した結果である。スクーリングに際してDVDを学習してきてくれた方は4割程度、将来経営学を生かしたいとの回答は3.5割、トップが語る現代経営を理解したい2.5割、と続く。実際の経営と経営学は違うということは、旧松下電器の松下幸之助氏の有名な言葉だが学問とのつながり、関係性は深まっていると思う。いわゆる実学と理論、アカデミックな考え方が現実化し、企業サイドの実践知がアカデミックなものに変わるという循環型の特徴を有した学問が経営学である。

 

次の図表は文字が不鮮明であると思うが、『日経ビジネス』2015.8で語られた「経営学と経済学との違い」である。著者は、[両利きの経営]で有名な入山章栄氏であるが、その内容がわかりずらくて何を言っているのかはっきりしない。企業家や経営者とインタビューはしているが、企業で働いたことがないという経験不足からの談話であろう。

 

私は学生に対して、「ドイツ経営学の方法問題」、「メタ科学からの研究構想」を経営学の設計図になぞらえ、自分の言葉で語っている。たとえ話として「船乗りと海」の話で伝えることが普通である。
経済学は主に航海のためのツールを提供する学問である。経済学は、例えば海図や潮汐表、気象情報・天気図、天文図、近年では人工衛星からの信号によるGPS、電子機器では衝突予防レーダー、船舶無線機など。これによって海洋航海のための情報や知識が提供できるのである。しかしこれだけでは船は動かない。キャプテン(船長)をはじめとする操船術、目的地へ荷物を運ぶ依頼主、受け手など、乗組員や利害関係者が一丸となって協力し、出航から到着まで安全に迅速に積み荷を運ぶことが経営学の内容であると思う。これがマネージメントであり、破天荒の時には航路を変更し、時化の荒波から船を守ること。したがって、これにより約束の日時までに目的の港につけるかどうかが勝負である。船の仕事は乗組員の能力にかかっている。

 一般に、景気が悪いことを理由に、経営悪化や収益の減少を語る経営者やマネージーが多いが、これは完全に間違いである。有能なキャプテンは台風・サイクロン・ハリケーン(発生の地域で呼び名が変わる)で時化た海を回避し、安全な航路を選択するとともに、不確実な台風の進路を経験に基づき的確に予想する。先を読む経営が不確実な時代には必要なのである。そのために学問や経験を基に自づから学ぶこと、それに失敗談を大切にチャレンジすることが求められるのである。はっきりしない世の中を覚醒させるような人材の輩出を願うものである。

 

次は創価大学のスポーツに関する話題を2つ掲載します。号外5万部が出ましたが、現在は手に入れることが困難ですのでWEBのリンクからご覧下さい。創大スポーツ“箱根駅伝予選会・プロ野球ドラフト会議合併号”について

新聞記事の説明:
 
10月26日(水)付で「創大スポーツ」“箱根駅伝予選会・プロ野球ドラフト会議合併号”が本学企画広報課より発行されました。
 今号は、10月15日に行われた第93回箱根駅伝予選会を第3位の好成績で本選出場を決めた陸上競技部駅伝部と、10月20日のプロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから1位指名受けた田中正義投手、東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受けた池田隆英投手の当日の様子などを紹介しています。

 箱根駅伝予選会の紙面では、予選会を走り抜いた12人の選手や監督、コーチのインタビューを掲載し、プロ野球ドラフト会議の紙面では、両球団の監督からのコメントや本学卒業生で東京ヤクルトスワローズの小川泰弘投手のコメント等を掲載しています。下記のURLをクリックし、PDFでご覧いただけます。

・「創大スポーツ」“箱根駅伝予選会・プロ野球ドラフト会議合併号”  

いつもご覧いただきありがとうございます。創大駅伝部、瀬上監督率いるランナーの団結力、1月2日、皆の大応援をお願いします。
 
 
 
 秋の日のキャンパスの風景 創大門付近
 
 
 
 
 
 
 
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 夏の思い出  | トップ | 第93回東京箱根間往復大学... »
最近の画像もっと見る

研究教育活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL