Inu'z WeBlog 2004-19

ロード・オブ・ザ・ハート ライオンハート
教育・生活現場からの情報発信

感謝 -- 同文館より発刊された『半導体企業の組織構造、知財戦略および競争力 』を高倉町珈琲店で書きました!

2017-12-11 09:45:41 | Weblog
半導体企業の経営を知識の探索と活用という観点より考察した本著が11月に発刊されました。この本の原稿を書いたところは、半分は仕事場で、あと半分は外の高倉町珈琲店です。主に夜の時間帯を活用し、あきる野店と八王子店で平均3-4時間の利用をしながら作成したのが本当に懐かしい。それぞれのお店の利用者カードは6枚づつでスタンプが1枚で20個押印できますので、本の作成にどのくらいの時間を使ったかが想像できると思います。 高倉町珈琲店内は、本当に静か、お気に入りのビートルズの音楽を聴きながら2杯目は半額といったサービスもあります。無料のWifiネットのサービスも整えられ、お店の大人びいたデザインやスタッフの品格の高さが、この店を私がたびたび訪れた理由ですね。高倉町珈琲店は創作活動や仕事をするのには本当に便利で、早く全国に展開されて顧客の人気が上がることが私の夢です。お近くに高倉町珈琲店ができましたら是非、訪れてみてください。 . . . 本文を読む
コメント

経営学入門 秋期スクーリングで活発なディスカッション

2017-10-29 17:19:53 | 研究教育活動
通信教育部の2017年度秋期スクーリングが10月21日(土)よりスタートしました。経営学入門は約40名の受講生が、約10コマの集中講義を受けました。5グループによるディスカッションや課題ビデオについての感想やコメントを共有するアクティブラーニングというスタイルで進められました。  年齢や性別に関係なくいろいろな視点から活発な議論が行えたのが今回の特徴です。一流企業の経営者の話から多くのことを学ぶことができたり、経営学で必要な知識を実学から得られたことも収穫です。 . . . 本文を読む
コメント

「経営行動研究学会全国大会」および「日本・モンゴル国際シンポジウム」

2017-09-17 23:11:31 | 研究教育活動
第16回日本・モンゴル国際シンポジウムが成功裏に終了いたしました。モンゴル交流団は15名の学者と政府関係者が参加し3日間にわたって日本とも交流を行いました。学術交流だけではなく今回は八王子を中心に活躍している企業に商品の説明をしていただいたり、オリンパスをはじめ企業の最新技術やイノベーションの現場を紹介していただ来たことは貴重な経験となりました。 . . . 本文を読む
コメント

経営学入門の夏期スクーリングが開講

2017-08-10 12:48:09 | 研究教育活動
創価大学通信教育部の第42回夏期スクーリングの開講式が8月6日(日)開講される。経営学入門には40名以上の光学の皆様が集われ、トップが語る経営の講義を鑑賞されました。暑い季節にも多くの学びを行い、ディスカッションを通じて学力を伸ばすことができました。常に価値を創造し、自他共に常勝不敗の道を開きながら、平和のスクラムを拡大していきたい。 . . . 本文を読む
コメント (1)

厚田の戸田記念墓地公園開園40周年、来園者延べ1,000万人を達成

2017-05-16 11:25:05 | Weblog
2017年、開園40周年を迎える北海道の戸田記念墓地公園(石狩市厚田区)。同園の8000本の桜が、今年も爛漫と咲き誇っている。道内でも有数の桜の名所である同園には、連日、多くの人が訪れ、このほど来園者が1000万人を超えた。厚田にゆかりのある指導や画像を集めてみました。プレイバックOne: 北の大地 さくら物語 ダイジェスト案内 BS11 2016年の桜 2016.7放映 プレイバックTwo:『名字の言』 聖教新聞 平成23年5月21日 『名字の言』から 厚田の桜を転載.プレイバックTree:2008年の池田名誉会長のスピーチから戸田先生の故郷に8,000本の桜を咲かせた功労者として佐々木忠さんを紹介され,闘いには何があっても「勝つと決めたほうが勝つ」という信念,信仰のあり方の重要性について教えていただきました. . . . 本文を読む
コメント

2017年厚田村さくら情報 北限の桜を演出する戸田記念墓地公園

2017-05-08 21:50:16 | Weblog
皆様 最新の桜情報をお知らせします。2017.5.7.16:40佐々木忠和撮影の写真のように、染井吉野桜は8分咲きとなりました。最近の温暖な気候で開花が一気に進み、5月8日の戸田墓地記念公園観桜会は満開の染井吉野桜となります。皆様の参加とよき思い出として心に残りますよう祈念申し上げます。   今年の桜(2017)は、5/5日現在、千島桜、エゾヤマザクラの見ごろとなりましたが、染井吉野桜はまだ3分咲きといったところです。5月8日が墓苑の観桜会の行事が予定されていますので、それに合わせて8000本の桜が満開になるよう見守り応援したいと思います。5月に入り暖かい日が続いていますので、5/8には8分、9分咲きまでいけるかなと思います。例年、2-3万人の観光客が花見游山に来られますの、望来付近は渋滞が予想されます、5/10-15日ごろが満開、最高の花見時期になると予想しています。皆様のご理解とご配慮をよろしくお願いします。師弟の物語が5月28日、BS11チャンネルで20:00-20:53で放映されました。旭日山、塩狩峠、厚田村、それぞれの良さはあったけれど、ソメイヨシノ桜に対する思いや生死の哲学の深さの違いが際立っていたように思います。厚田に場合は、「師弟、人生を桜で荘厳、誓いのスタートの地、平和安穏、自然と調和」という宗教哲学に裏打ちされた普遍性感じられました。素晴らしい反響で、このBlogが大学教育部門でアクセスランキングNo.3という快挙を成し遂げましたことは、皆様の閲覧のおかげだと思います。←感謝・・。  師弟桜を咲かせたいという思いが、染井吉野桜の北限の地を超え戸田城聖第2代会長の故郷を8000本の桜で荘厳した。 その師弟の物語が5月28日、BS11チャンネルで20:00-20:53で放映されました。北海道の3大桜の景勝地として紹介され、2016年5月の桜はこれまでで最高の観桜となった。 私は遅れて5月14日に見学したが、散りかけた桜の中に、生きてて良かったと思える感情がかもし出され、感動分岐点を遥かに越える味わい深い情景であった。皆様、是非とも厚田の桜を見に来てください。 . . . 本文を読む
コメント (2)

海のロマン日本郵船 女性船長誕生!

2017-04-16 21:58:39 | Weblog
海のロマンに憧れ、船乗りを目指す人たちも多い。日本は島国であり多くの若者が世界をまたにかける外国航路の船員となり物流の現場で働いて多くの体験を積んでいる。私もかつて外国航路の船長になりたいと大きな夢を抱いた青春時代があった。今回のトピックは、日本郵船が132年の歴史で初めて女性船長を起用したことである。女性の社会進出が叫ばれる中、小西さんが男の社会といわれた船乗りの世界に飛び込み、見事、外国航路の船長になられたことに満腔からの応援とエールを送りたい。 . . . 本文を読む
コメント

第93回東京箱根間往復大学駅伝 応援ありがとうございました!

2017-01-06 19:34:46 | 研究教育活動
皆様、箱根駅伝の応援、本当にありがとうございました。駅伝部は皆様とご一緒に新しい歴史を築くことができました。初出場した前々回は最下位。前回は予選会14位で敗退したが、今季はケニア人留学生ムイルの加入などで戦力アップして、予選会を3位で通過した。本選の1区の大山、2区のムイル、4区のセルナルドで流れに乗り、米満8区、彦坂10区の頑張りで創価大学は前回20位を大幅に上回る12位という結果で過去最高順位を更新することができました。もちろんすべての選手や裏方のスタッフ、沿道からの応援者などからたくさんの勇気と力をいただきましたこと、最高の歴史です。 . . . 本文を読む
コメント

秋が深まる丹木の風景---今日この頃

2016-11-05 19:59:09 | 研究教育活動
秋の深まりも早く、色とりどりの草木がにぎわうこの時期、久々のブログの更新です。今回のトピックは秋季スクーリングのこと、北は北海道から南は九州熊本までの光り輝く友どちが創価のキャンパスに集いました。経営学入門という講座は、開設以まだ2年ではありますが、実学という経営学から学ぶことの大切さを、痛切に感じた内容でした。メインは現在活躍されている企業トップの講演、失敗談あり、美談ありで2日間で10コマというハードなスケジュールにもかかわらずやりきってくださいました。御年80歳という壮年の方は会社の経営者でありながら自身の成長が組織の発展に直結するとの意気込みで多くのことを学んだ2日間だったという感動を綴っていただきました。[創立者の思想を体現する創価の俊英たちよ、出でよ]との思いでこの講座に臨んでいます。 . . . 本文を読む
コメント

2016年 夏の思い出 

2016-09-10 21:23:54 | 研究教育活動
この夏 8月から9月上旬まで 長い間アップロードせずに放置していたことをお詫びします。時間は作ってこそ初めて生かされるものと知りながら忙しさにかまけてしまいました。   8月6、7、8、9日と通教、夏のスクーリングがありました。本学恒例の「トップが語る現代経営」で数名のトップのお話を聞いた後、皆さんとのディスカッションは大いに盛り上がりました。   8月22日から27日まで、海外に研究活動としてソウルを中心に行ってまいりました。近くて遠い国というわれる韓国も行ってみれば親日的な友好国、教育文化、技術研究活動は盛んで真面目な国民性には大変驚きました。   サムソン電子を中心に技術研究と商品開発の特徴をいろいろと話し込んだり聞いてまいりました。特に水原での電子の技術博物館と研究施設の先進性は日本企業の見習うところ多しといった感じを受けました。  2ショットの女性は受付案内嬢です。緑をバックに移ってくれたのは宿泊ホテルの日本人クラークさん、航空会社勤務後ここで働いているとのこと、グローバル社会で活躍されている日本人が愛ぐるしくなってしまいました。 . . . 本文を読む
コメント