箱庭ドーナッツ 2

地域ブログ かめぞうから移行したブログです。
猟奇的な映画とか小説のことをかいたりしてます

特別メニューカレーの日

2017-06-15 19:50:50 | 音楽
R.E.M. "Blue" (Official Music Video)


壊れかけた赤い夜へむかう木曜日

ぐらぐらとゆれる日常のなか、手をのばしても、そこにはなにもない。

光を求めても虚しく

どこまでも どこまでも

圧倒的な暗黒だけがある。

あちこちから、うめき声がきこえる。

憎しみやうらみが、ひそひそと聞こえる。

どんなに待っても明日はこない。

真っ暗な駅に一人取り残されたまま、絶対にこない電車を待っている。

どこかへ連れて行ってくれるはずの電車を

いつかくるかもと、思うふりをしながら。

こないことをしりながら

夜に生きるものは、やがて光を恐怖するようになる。

朝が来ることを恐れる。

人が、明るさが、希望が、普通が、平均が、当たり前が、そこにいる自分という異物が。

耐えられぬ苦しみとなるのだ。

巨大な洞窟のような口からおぞましい悲鳴をあげて、爪で顔をひっかき血まみれになり、目を見開いて発狂する。

がぼがぼ、ぐげええええええええー

だせえー

ここからだせえー

( ;∀;)

そんなぼくを救うのは。

救えるというのなら。

それは

きみだけだ。

カレー

今日は月に一度の特別メニューのカレーの日なのだ。

職場のお弁当にカレーがつくという豪華さ。

(∩´∀`)∩

ぼくは職場につくと、お弁当を頼むところに名前を書いた。

きみのこと忘れないからね。

カレーは、例えるならば。

遠くで暮らしている我が子のようなもの。

たとえどんな暮らしをしていても、真面目に、腐らず、正しいことをする人になってほしい。

つらくても笑顔でいてほしい。

たとえ会えなくても、それだけでいいの。

それがぼくにとってのカレー。

(; ・`д・´)

いや。

だいぶ違う。

まあ、いつもよりやる気がでるという、そういうものなのだ。

おいしかったです。

それでなぜかお寿司のこと話しながら食べた。

なんでだったのか覚えてない。

カッパ寿司の食べ放題のことからだったかな?

70分で大人の男は1500円くらい。

ぼくはきついけど、たくさん食べる人は20皿くらいいけるのか?
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クッキーほしい魔犬 | トップ | やけにいい天気 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL