箱庭ドーナッツ 2

地域ブログ かめぞうから移行したブログです。
すごくふつうな映画とか小説のことをかいたりしてます

コミュニケーション能力

2017-07-12 23:43:59 | 日記
今日は戦士のお休み 水曜日

髪の毛がうっとうしくなってきたので、美容院に行った。

1000%ってとこにいっている。

近所のピアゴのなかにある。

ずっとそこに行っているのだ。

障碍者は、だいたいいつもと違うことするのは苦手なのだ。

まえにひきこもりの人は髪の毛どうしてるのかというブログをかいた。

障碍者とかひきこもりの人は、だいたい人づきあいが苦手で、うまい人に対して嫉妬とか劣等感を感じている。

そういう人になりたいと願い、自分に絶望する。

うまい人というのは、明るくぺらぺら話して面白い感じにして相手も楽しそうに話す、グループを作ったり、入ったりできる人だ。

ぼくは回避性人格障害で、対人恐怖症が病気のレベルということになっているので、人間関係はへたというか、もう無理なように思っていた。

なぜ奴らはあんなふうにうまいのかと。

だが、じつは彼らは短距離ランナーで、最初の50メートルを全力疾走するだけ。

うまくみえる人ほど、ぜんぜんうまくない。

いきなり仲良くなっていきなり喧嘩して口もきかなくなるのは、よくある風景だ。

ぼくは長距離ランナーだ。

ぱっと仲良くはなれないので、最初の50メートルは誰もいない場所で一人になる。

短距離ランナーたちがもっとも恐れる独りぼっちだ。

そういう人は人間関係がへたな人ということになっている。世間では。

ばかめ。

わかっていないのだな。

ぼくは、50メートルをすぎて、そのあとも地味に真面目に、目立たずに、進むのだ。

しかし心はじつは開いている。

みんなわかってくるのだ。何年も証明し続ければ。

ちゃんとした信用のできる人間であるということを。

あとはチャンスを待てばいいだけ。

なにもしなくても、かってに人間関係ができてくる。

人間関係のこつなど知らないし、コミュニケーション能力もない。

真面目にやって、心は開いておく。それだけ。

みんな話しかけてくるようになる。

面白い人というのは、信用できる人のことなのだ。

楽しい人が面白いわけではない。

信用できない人が何をいっても、楽しくもなんともない。

そういえば、ぼくの悪口をひとりごとみたいにいう、ふてくされ王子がいた。

ぼくはよくいじめられるのだ。やりやすいからだ。

ため口でいろんな人に話しかけるから、嫌な奴でもうまくやってるようにみえる。

そういうふてくされやチンピラどもは、群れて安心して、どうどうとしている。

でもぼくを敵に回したら終わりだ。

ぼくは長い時間をかけて攻撃をする。

ぼくは嫌がらせをうけたけど勇気をもって上の人に話し、それで何も変わらなくても怒らず我慢して真面目に仕事をする人になる。

実際はそうすることで復讐をしているのだが、誰も知らないのだ。

復讐をしないことで攻撃をされたら、そいつはぼくにはもう何もできない。

馬鹿がチャンスをくれただけなのだ。

いつもどおりにしてるだけでぼくの株はあがり、やつの株は下がり続けた。

そいつはだんだん来なくなり、いつのまにかクビになっていた。

誰もそいつのことなど話さないから、いなくなったのも気が付かなかった。

奴は今、どこを走ってるのか。

スタートラインに戻ったのだ。ゼロメートル。

家でゲームでもしてろ。

ぼくは50メートルよりもずっと先まで行ける。一人でもだ。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コメダのジェリコ | トップ | 今日の空 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (オレンジ)
2017-07-13 08:24:16
ふむふむ納得。

人間関係は、難しい。

(#^.^#)
このブログ、よく解ります。 (四代目桶屋金之助)
2017-07-13 11:06:49
>真面目にやって、心は開いておく。それだけ。
  みんな話しかけてくるようになる。

いい人の所には、いい人たちが寄り添ってきます。
悪い人たちの所にはいい人は集まってきません。
ぶるーさんは、いい人だからみんな話しかけてくるかと思います。
今日のブログ、とても共感しました。
オレンジさん (ぶるー)
2017-07-13 21:43:36
納得してもらえました?
人間関係たいへんですよね。
四代目桶屋金之助さん (ぶるー)
2017-07-13 21:52:34
このブログは、わかる人にはすごいわかるはずだと、自信がありました。

ありがとうございます

まあでも、人によっては不愉快だろうなと思います。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL