箱庭ドーナッツ 2

地域ブログ かめぞうから移行したブログです。
猟奇的な映画とか小説のことをかいたりしてます

教団X

2017-08-09 21:43:37 | 小説
借りていた小説 教団X 

読み終わりました。

性描写がはげしいというか、エロい単語ばかり連発されるので、感覚がマヒしてきました。

具体的にどういうのかというと・・

やめとこう

( ;∀;)

作者の主義主張、思いがストレートに書かれていて、重たいです。

ストーリーだけを楽しむということはできません。

はっきりした主人公もいないので、誰を中心に読むのかもわかりにくい。

楽しいもの、きれいなものだけしか許さない人は、合わない、冗長、理屈っぽい、として切り捨てるだろう。

しかし!

これはすごい小説なのです。

生きる力をもらえます。

ぼくには難しすぎる内容だけど、読み終わったときの達成感はすごかった。

でもこれほどのものはたまにでいいです。

( ;∀;)
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マッハくろちゃん | トップ | 今日の空 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
教団X/中村文則 (本と映画、ときどき日常)
謎のカルト教団。 その中の4人の男女を中心に繰り広げられる革命、性、テロ。 とりあえず長かった~。 550ページ以上。 正直ちょっと苦痛だったかな(汗 反戦や原子力、宗......